MENU
【エアコン以外の暖房機器】電気代を抑えた組み合わせ詳しくはこちら

ハイセンスのサウンドバースピーカー 口コミや評判[HS214の評価は?]

ハイセンスのサウンドバースピーカー 口コミや評判[HS214の評価は?]
出典元:https://www.amazon.co.jp/

この記事では格安家電で人気のハイセンス サウンドバースピーカーについて記事をまとめています。

ハイセンスのサウンドバースピーカーをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

メーカーハイセンス
型番HS214
参考価格13,455円(税込)
スピーカー2.1ch
最大出力フロント 27W+27W
サブウーファー 54W
Bluetooth
IRリピーター
ARC対応
サイズ横幅65.0cm
奥行9.5cm
高さ6.15cm
レビュー評価 4.0
好きなとこだけ読む

ハイセンス サウンドバーHS214は音質が悪い?[口コミや評判]

ハイセンス サウンドバーHS214は音質が悪い?[口コミや評判]

ハイセンスのサウンドバーHS214はテレビのスピーカーと比べて最大出力が大きく2.1chスピーカーで臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

型番HS214
スピーカー2.1ch
最大出力フロント 27W+27W
サブウーファー 54W

テレビの音質を良くしたいという方にはおすすめの一台です。

しかし口コミの評判を見るとあまり良いとは言えません。

音がイマイチ
もう少し迫力がほしいですねー
あと、低音も…
安価なので、これくらいかな⁉️

Amazonより抜粋

音がそんなに良くないです
低音は殆ど出ません。
リモコンの反応は良いです。
bluetooth接続も問題ないですが、音楽を聞いたりするのは音がオモチャみたいです。

Amazonより抜粋

サウンドバーを初めて購入しました
他の方も書かれているように、音量調整が細かくできないのはストレスに感じます。値段相応の商品です。

Amazonより抜粋

このように口コミを見るとレビューの評判はあまり良いとは言えません。

その理由は以下の通りです。

評判が悪い理由
  • 低価格サウンドバーのため
  • コンパクトタイプのため
  • 一体型スピーカーのため
  • 細かい音質調整ができない

低価格サウンドバーのため

サウンドバーは立体的な音響効果を作り出すホームシアターシステムと比べて一つのスピーカーでサラウンド効果を出すので、複数スピーカーを設置するホームシアターシステムと比べて音響効果は弱まります。

ホームシアターシステムは本格的な音響機器を揃えたい方には最適ですが、テレビ台の省スペースに設置したい方には不向きです。

その点、サウンドバーならコンパクトかつ低価格で購入可能です。

ですのでハイセンスのサウンドバースピーカーHS214はコンパクトで低価格なスピーカーをお探しの方にはピッタリな商品になっています。

コンパクトタイプのため

ハイセンスのサウンドバースピーカーHS214は横幅65.0cm 奥行9.5cm 高さ6.15cmのコンパクトスピーカーです。

そのためスピーカー性能もサイズに見合う音質になります。

ウーファー効果もありますが、テレビのスピーカーより少し良くなる程度で考えておくのがいいと思います。

一体型スピーカーのため

サウンドバーは大きく2種類に分かれます。

一つのスピーカーでサブウーファーが搭載されている「ワンボディ型」とサブウーファーが別になっている「2ユニット型」に分かれます。

2ユニット型はワンボディ型と比べて臨場感あふれる音響効果があるのに対してワンボディ型は音響効果が弱まります。

最近はワンボディ型でも高品質なモデルも販売されていますがコスパの良さで考えるなら2ユニット型のほうがお得に購入できます。

ハイセンスのサウンドバーHS214はワンボディ型かつ低価格モデルなので音質は価格相応になります。

細かい音質調整ができない

ハイセンスのサウンドバーHS214はシンプルな機能のため細かい音質調整はできません。

サウンドモードは以下のとおりです。

型番HS214
サウンドモードMOVIE
MUSIC
NEWS
重低音11段階調整

このようにハイセンスのサウンドバーHS214は音質にこだわりたい方には不向きなスピーカーと言えます。

細かい音質調整はできないので「テレビのスピーカーより少し良い音で聞きたい」「スマホからBluetoothに繋いで使いたい」という方にはおすすめの一台です。

そのため多少性能にこだわるようならYAMAHAやSONYなどの2万円くらいのモデルを購入したほうが音質は良くなります。

ではハイセンスと同価格帯のYAMAHAとSONYのサウンドバーと性能を比べてみましょう。

ハイセンスと他のメーカーの違いを比較

ハイセンスと他のメーカーの違いを比較
  • ハイセンス 2.1ch サウンドバースピーカー HS214
  • YAMAHA コンパクトサウンドバー SR-C20A
  • SONY サウンドバー HT-S100F

ハイセンス 2.1ch サウンドバースピーカー HS214

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーハイセンス
型番HS214
参考価格13,455円(税込)
スピーカー2.1ch
最大出力フロント 27W+27W
サブウーファー 54W
Bluetooth
IRリピーター
ARC対応
サイズ横幅65.0cm
奥行9.5cm
高さ6.15cm
レビュー評価 4.0
IRリピーターとは

テレビのリモコン信号をサウンドバーで受信して背面からテレビに送信します。それによりリモコンの操作性を損なわず操作できます。

ARCとは

テレビの音声をサウンドバーを通して送る機能です。

YAMAHA コンパクトサウンドバー SR-C20A

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーYAMAHA
型番SR-C20A
参考価格15,900円(税込)
スピーカー2.1ch
最大出力フロント 20W+20W
サブウーファー 30W
Bluetooth
IRリピーター
ARC対応
サイズ横幅60.0cm
奥行9.4cm
高さ6.4cm
レビュー評価

SONY サウンドバー HT-S100F

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーSONY
型番HT-S100F
参考価格10,980円(税込)
スピーカー2.0ch
最大出力フロント 25W+25W
トゥイーター 25W+25W
Bluetooth
IRリピーター
ARC対応
サイズ横幅96.0cm
奥行16.4cm
高さ15.0cm
レビュー評価 4.0

このように性能を見るとハイセンスは優れていますが、音質で比較するとバーチャルサラウンド技術(Surround Sound)を活用しているYAMAHAのほうが総合的に音質は良くなります。

とはいえ、低価格帯のサウンドバーは音質をこだわるには限度があります。

ですので手軽に音質を上げるならサウンドバーはコンパクトで使い勝手も抜群です。

ぜひお好みのサウンドバーでテレビをより快適に活用してみてください。

>サウンドバーはどうやって選ぶのか?

  • 本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
  • 商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
  • 本記事は作成日、または更新日現在のものになります。
  • 更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。
  • 商品・サービスの価格は更新時点での金額を入力しています。
良かったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
好きなとこだけ読む