テレビ ・オーディオ電化製品全般

【SR-B20AとSR-C20Aの違い】YAMAHAサウンドバー/ホームシアターシステム

テレビ ・オーディオ

【SR-B20AとSR-C20Aの違い】YAMAHA(ヤマハ)サウンドバー/ホームシアターシステム

2021年YAMAHA(ヤマハ)から新しくサウンドバー/ホームシアターシステム「SR-B20AとSR-C20A」が発売されました。

SR-B20AとSR-C20Aはサブウーファー一体型のサウンドバーで、テレビ周りをスッキリ、それでいて低音を響かせ映画や音楽など思う存分楽しめる仕様になっています。

Bluetooth対応でスマートフォンやタブレットの音楽をダイナミックに表現できます。

そんなSR-B20AとSR-C20Aですがそれぞれの違いは以下の通りです。

型番SR-B20ASR-C20A
Amazon価格¥18,788(ブラック)¥16,318(ブラック)
¥26,006(ホワイト)
¥16,318(レッド)
3Dサラウンドモード
DTS Virtual:X
内蔵サブウーファー7.5cmコーンサブウーファー2基7.5cmコーンサブウーファー1基
パッシブラジエーター2つ
最大出力フロントL/R:30W×2
サブウーファー:60W 
フロントL/R:20W×2
サブウーファー:30W
サイズ(mm)W910×H53×D131W600×H64×D94
重量3.2kg1.8kg

中でもSR-B20Aの3Dサラウンドモード「DTS Virtual:X」は、DTS社が開発した3Dサラウンドで前後左右のサウンドに加えて上方からも音を感じることのできる技術になります。

それにより音に包まれる仮想空間を演出します。

SR-B20AとSR-C20Aの価格の違いは数千円です。

より臨場感あふれるサウンドをお求めの方はSR-B20Aがおすすめです。

この記事を書いた人はこちら
家電愛好家 ふじおか ひでき
電化製品をこよなく愛する家電愛好家。年間5,000点以上の電化製品を独自に調査を行い執筆しています。
「もし自分が購入するとしたら」という観点を大切に安くて良いものを紹介しています。

SR-B20AとSR-C20Aおすすめポイント

それぞれのおすすめポイントはこちら

SR-B20Aのおすすめポイント

  • 3Dサラウンドモード搭載で臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

SR-C20Aのおすすめポイント

  • 横幅60cmのコンパクトなサウンドバーです。
  • ブラック・ホワイト・レッドの3色でおしゃれな空間を演出します。

SR-B20AとSR-C20A共通のおすすめポイント

  • クリアボイス機能搭載で映画やニュースなど人の音声がはっきりと聞こえます。
  • 専用アプリでスマートフォン操作可能。
  • Bluetooth接続でスマートフォンやタブレットの音声をダイナミックに再生できます。
  • 4つのサウンドモード搭載でシーンに合わせた音声が楽しめます。(ステレオ・スタンダード・映画・ゲーム)

4つのサウンドモード
STEREO(ステレオ):音楽を聴くのにぴったりなモードで、元の音源のサウンドを損なわずにリアルに表現します。
STANDARD(スタンダード):様々なテレビ番組に対応したスタンダードな音声モードです。
MOVIE(映画):音の広がりや立体的なサウンドを表現します。
GAME(ゲーム):ゲームの音声をしっかり表現できるゲームモードです。

型番SR-B20ASR-C20A
Amazon価格¥18,788(ブラック)¥16,318(ブラック)
¥26,006(ホワイト)
¥16,318(レッド)
3Dサラウンドモード
DTS Virtual:X
内蔵サブウーファー7.5cmコーンサブウーファー2基7.5cmコーンサブウーファー1基
パッシブラジエーター2つ
最大出力フロントL/R:30W×2
サブウーファー:60W 
フロントL/R:20W×2
サブウーファー:30W
サイズ(mm)W910×H53×D131W600×H64×D94
重量3.2kg1.8kg

さいごに【SR-B20AとSR-C20Aの違い】YAMAHA(ヤマハ)サウンドバー/ホームシアターシステム

今回はYAMAHA(ヤマハ)サウンドバー/ホームシアターシステムSR-B20AとSR-C20Aの違いをまとめてみました。

SR-B20AとSR-C20Aそれぞれ違いはありますが、より立体的なサウンドを楽しみたい方はSR-B20A、コンパクトでカラーにこだわる方はSR-C20Aがおすすめです。

YAMAHA(ヤマハ)サウンドバー/ホームシアターシステムはSR-B20AとSR-C20A以外にもYASシリーズも定評があり臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

この機会にぜひ比較してみてください。

【関連記事】
SONY(ソニー)サウンドバーHT-X8500【口コミや評価】気になる音質は?
ハイセンスのスピーカー【口コミや評判】シアターサウンドシステム

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました