電化製品全般季節家電

Hisense(ハイセンス)のエアコン【口コミや評判】故障や気になる電気代は?

電化製品全般

Hisense(ハイセンス)のエアコンについて

ハイセンスのエアコンはご存知ですか?

ハイセンスのエアコンは口コミでも評判で、エアコンの臭いやカビを抑えて、いつでもキレイな空気が出せるように、W Clean system(ダブルクリーンシステム)を搭載しています。

W Clean system(ダブルクリーンシステム)を搭載
W Clean system(ダブルクリーンシステム)を搭載

W Clean system(ダブルクリーンシステム)

W Clean system(ダブルクリーンシステム)

W Clean system(ダブルクリーンシステム)とは、室内機の熱交換器をマイナス19℃に冷やして凍らせた後に解凍して汚れを外に洗い流します。

エアコンの気になる臭いやカビなどもしっかり洗浄しますので、いつでも清潔を保ちます。

また冷房や除湿運転を行うとエアコン内部に湿気が溜まりカビや臭いの原因になります。

ハイセンスのエアコンなら暖房乾燥により内部をキレイにする運転機能が備わっています。

でもハイセンスは中国製でしょ?故障は大丈夫なの?

ハイセンス公式サイトより

中国製と聞くと警戒する方もいらっしゃると思いますが、ハイセンスは中国で唯一2度、品質大賞に選ばれた優良企業です。

日本で販売されているエアコンの多くは、中国などの海外で製造されています。

ですので「中国製だから心配」ということはありません。

ハイセンスというメーカーは、少しずつ浸透してきていると思いますが、やはり海外メーカーということで、故障を心配される方もいらっしゃるようです。

そこで今回はハイセンスエアコンの口コミや評判、万一故障したときのアフターサービスなどを記事にまとめてみました。

ハイセンスのエアコンをご検討中の方は参考にお確かめください。

それではハイセンスエアコンの口コミや評判を見てみましょう。

【関連記事】
格安エアコンといえば「アイリスオーヤマ」スマホで簡単操作できるのでいつでも快適温度。

送料無料 工事費込み
ハイセンスエアコンの電気代 HA-S22C-W 6畳(2.2kw)
Amazon価格:¥59,799 (税込)
※工事費込み

Hisense(ハイセンス)のエアコン【口コミや評判】

Hisense(ハイセンス)のエアコンHA-S22C-W
Hisense(ハイセンス)のエアコン【口コミや評判】
  • エアコンのニオイが苦手でしたのでハイセンスのエアコンにしました。内部クリーン運転のおかげでニオイが気になりません。
  • リモコンや液晶画面が見やすく、真っ暗でも見やすいので気に入ってます。
  • 値段が安かったのでハイセンスのエアコンにしました。特に不具合もなく普通に使えるので満足です。
  • 何かの記事で品質管理が徹底されてるとあったのでハイセンスにしました。冷暖房どちらもちゃんと使えるので満足です。
  • 省エネ効果があるということでハイセンスのエアコンにしました。しかし、電気代はそれなりに高いです。
  • 口コミレビューを見てハイセンスにしました。値段が安く普通に使えてるので満足です。
  • 突然エアコンが壊れてしまい、修理やエアコンクリーニングで4万円ほどかかるということでしたので買い替えました。ハイセンスのエアコンは値段も安く、新しいからなのか冷房がよく効きます。

ハイセンスのエアコンは口コミでも評判で、値段が安く、省エネ効果や冷暖房機能など価格を抑えてエアコンを購入したい方はおすすめの一台です。

故障や初期不良の口コミレビューは、ほとんどなく品質も評判です。

しかし、メーカー保証は1年ですので、故障が心配な方は、Amazonの5年保証や楽天市場の5年延長保証、10年保証を付けたほうが良いかもしれません。

ハイセンスは高い品質を保つため社内の取り組みで徹底した品質管理を行なっています。

ですので故障の心配はあまりないかもしれません。

万一、故障してもサポートがしっかりしています。

ハイセンスのエアコン故障・壊れやすくないの?

中国製ですが日本のご家庭に合わせて日本仕様で製造販売されています。

ハイセンスの販売実績は約20年と長く、品質管理部門で製品のチェックはしっかり行われています。

またハイセンスはアフターサービスもしっかりしていますので万一の故障に関してもコールセンターで対応していますので安心してお使いいただけます。

送料無料 工事費込み
ハイセンスエアコンの電気代 HA-S22D-W 6畳(2.2kw)
Amazon価格:¥59,799 (税込)
※工事費込み

ハイセンスエアコンの電気代は?

ハイセンスエアコンの電気代は高いの?安いの?

ハイセンスのエアコンは全モデル省エネ設計になっていますので、比較的電気代を抑えた設計になります。

実際にどのくらい電気代が掛かるのか見てみましょう。

電気代の算出方法

1kWhあたりの電気代の目安
1kWhあたりの電気代の目安は、約27円。
※全国家庭電気製品公正取引協議会「新電気料金目安単価」参照

期間消費電力量とは

外気温度:東京を基準。
設定室内温度:冷房時27℃/暖房時20℃
期間:冷房期間:5月23日~10月4日
暖房期間:11月8日~4月16日
使用時間:6:00~24:00の18時間
住宅:JIS C 9612による平均的な木造住宅(南向)
部屋の広さ:機種に見合った広さの部屋(下記参照)
冷房能力(kW)~2.22.52.8~3.6~4.55.06.37.18.09.0
畳数(畳)681012141620232932

期間消費電力量は東京の外気温度をモデルに電気代を算出することができます。
エアコンを使わない時期を考慮して、以下の温度設定/使用期間/使用時間で計算します。
※JIS規格に基づいた算出方法ですので、お住まいの利用環境や設定により異なります。

ハイセンスエアコンの電気代 HA-S22C-W 6畳(2.2kw)

HA-S22C-W 6畳(2.2kw)
HA-S22C-W 6畳(2.2kw)

期間消費電力
冷房時206kWh
暖房時506kWh
年間712kWh

電気代:19,224円

※Amazonは取扱なし

ハイセンスエアコンの電気代 HA-S25C-W 8畳(2.5kw)

HA-S25C-W  8畳(2.5kw)
HA-S25C-W 8畳(2.5kw)

期間消費電力
冷房時246kWh
暖房時569kWh
年間815kWh

電気代:22,005円

※Amazonは取扱なし

ハイセンスエアコンの電気代 HA-S28C-W 10畳(2.8kw)

HA-S28C-W 10畳(2.8kw)
HA-S28C-W 10畳(2.8kw)

期間消費電力
冷房時281kWh
暖房時632kWh
年間913kWh

電気代:24,651円

※Amazonは取扱なし

ハイセンスエアコンの電気代 HA-S40C2-W 14畳(4.0kw)

HA-S40C2-W 14畳(4.0kw)
HA-S40C2-W 14畳(4.0kw)

期間消費電力
冷房時456kWh
暖房時1088kWh
年間1544kWh

電気代:41,688円

※Amazonは取扱なし

※あくまで目安ですので、お部屋の畳数や電力会社によって違いはあります。

省エネ設計でも14畳タイプは電気代が掛かりますね。じゃあ広い部屋でも6畳タイプのほうがいいのかな?

それはやめておきましょう。

エアコンは、設定温度に到達するまで自動で運転を行います。

例えば14畳のお部屋に6畳用エアコンを設置してしまうと、設定温度に到達するまで自動で運転を行いますので、かえって電気代が高くなる。ということも考えられます。

ですので、エアコンの畳数を選ぶときは、お部屋の広さに合わせて選びましょう。

まとめ ハイセンスのエアコン【口コミや評判】故障や気になる電気代は?

今回はハイセンスエアコンの口コミや評判など記事にまとめてみました。

ハイセンスエアコンの口コミや評判まとめ
  • 内部クリーン運転や解凍洗浄でカビや臭いを抑える。
  • リモコンが使いやすく真っ暗でも発光する。
  • 値段が安く品質管理が徹底されている。
  • 冷暖房ともに快適に過ごせる。

ハイセンスのエアコンは口コミでも評判で、値段を抑えてエアコンを購入したい方にはおすすめです。

また、エアコン特有のニオイやカビの発生を抑える「解凍洗浄」「内部クリーン運転」など安心機能が備わっていますので、エアコンのカビやニオイが苦手な方はおすすめ機能です。

ハイセンスのエアコンは口コミレビューでもあるように、品質管理が徹底されています。

「中国製だから故障しやすい。」ということもありませんので、この機会にハイセンスの高品質エアコンをお確かめください。

送料無料 工事費込み
ハイセンスエアコンの電気代 HA-S22D-W 6畳(2.2kw)
Amazon価格:¥59,799 (税込)
※工事費込み

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました