テレビ ・オーディオまとめ・ランキング電化製品全般

コスパの高いおすすめワイヤレスイヤホン 2021年最新ランキング

テレビ ・オーディオ

注目のワイヤレスイヤホン《2021年最新版》

「コード付きイヤホンは過去のモノ」最近は街中や電車内でもほとんどの方がワイヤレスイヤホンを使用しています。

そんなワイヤレスイヤホンですが色々な種類があります。

正直「どれを選べばいいか分からない」

そこで今回は、今おすすめのワイヤレスイヤホンを厳選して選んでみました。

ワイヤレスイヤホンの選び方やメリット・デメリットなど初めて購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

ワイヤレスイヤホンの選び方

一般的に販売されている機種は「Bluetooth」を使い無線でスマートフォンやタブレット端末に接続します。

そしてWi-Fi接続よりも安定していますので、Bluetoothはマウス、キーボード、ゲームのコントローラーでも採用されています。

そしてなんと言っても従来のコード付きイヤホンのようにコードが絡まる心配がありません。

接続スピードも早く快適に音楽や映像が楽しめることが広く浸透した理由の一つだと思います。

ワイヤレスイヤホンの種類

そんなワイヤレスイヤホンもいくつか種類があります。

では、一般的によく見かける「完全ワイヤレスイヤホン」「左右一体型ワイヤレスイヤホン」のメリットデメリットを見てみましょう。

どれが良いのか迷った方は、2021年に発売されたばかりのSONY WF-1000XM4がおすすめ。

旧モデルWF-1000XM3の機能、音質、使いやすさをしっかり引継ぎ「さすがSONY」と思えるハイスペックなモデルです。

ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリット

完全ワイヤレスイヤホン

左右のイヤホンが独立した仕様で、今もっとも浸透している機種です。

そんな完全ワイヤレスイヤホンもメリット・デメリットがあります。

《メリット》完全ワイヤレスイヤホン

  • コードが絡まないので使いやすい。
  • 充電器から取り出してすぐにペアリングできるので便利。
  • Bluetoothで安定したサウンドが楽しめる。

《デメリット》完全ワイヤレスイヤホン

  • イヤホンの形状によっては落としてしまうリスクがある。
  • 満員電車など周囲に人が多いとノイズが入ることがある。

最近はイヤホンが落ちないようにフィット感が向上した形状のものが多く、以前と比べてもイヤホンが落ちにくいようにはなっています。

それでも衝撃で落ちてしまうことがあるので注意しましょう。

また、接続も安定してきており人混みでもノイズを抑えたモデルも数多く販売されています。

左右一体型ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンが発売される前後に出回ったタイプでスポーツのときにコードが付いているので落ちにくい形状になっています。

《メリット》左右一体型ワイヤレスイヤホン

  • 片耳が外れても落下の心配がない。
  • 完全ワイヤレスイヤホン同様に接続が安定する。
  • 比較的値段が安い。

《デメリット》左右一体型ワイヤレスイヤホン

  • コードが引っ掛かり外れてしまう場合がある。
  • コードに触れるとノイズが入ることがある。
  • 左右一体型ワイヤレスイヤホンは俗に言うガサゴソ音が気になることがあります。

左右一体型の場合、首回りにコードが付いているので引っ掛けて外れてしまう場合もあります。

今となっては完全ワイヤレスイヤホンの独壇場になっており左右一体型は用途に合わせて選ぶようにしましょう。

今注目のおすすめワイヤレスイヤホン《2021年最新版》

YAMAHA 完全ワイヤレスイヤホン TW-E3B

スモーキーブルー(TW-E3B)

耳への負担を抑えたYAMAHA独自の技術でクリアなサウンドが楽しめます。

重低音を抑えた設計で防水機能(IPX5)も付いています。

また、他にはないカラーバリエーションでお洒落なカラー6色、デザイン性も優れています。

値段もローコストで6,000円ほどから購入可能です。

初めてワイヤレスイヤホンを購入する方にはおすすめの1台です。

SONY 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700 : 重低音モデル

ブルー(WF-XB700 LZ)

WF-XB700は重低音重視の迫力あるサウンドが楽しめるワイヤレスイヤホンです。

防水機能(IPX4)もあり、性別関係なく耳にフィットする設計になっています。

重低音モデルということもあり、耳に心地良い弾むような低音が楽しめます。

低音を響かせたい方にはおすすめです。

もちろん中高音域もバランス良くクリアなサウンドが楽しめます。

JVCケンウッド HA-XC91T 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ 

ブラック(HA-XC91T)

JVC ケンウッド最上位クラスのワイヤレスイヤホンです。

JVC ケンウッドは音作りのセンスが良く、全体のバランスが崩れることはありません。

心地良い響きの低音とマイルドな高音で買って良かったと思えるワイヤレスイヤホンです。

重低音、ノイズキャンセリング、通話、防水機能(IPX5)イヤーピース(S/M/L)など豊富な機能、付属品でハイスペックなイヤホンをお求めの方はおすすめモデルです。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro

アンカーを初めて聞く方もいらっしゃるかもしれませんが、アンカーは世界100ヵ国以上の国や地域で販売されている大手電子機器メーカーです。

主にモバイル端末の周辺機器やモバイルバッテリーの開発販売を行なっています。

ワイヤレスイヤホンも様々なモデルを販売しており、口コミレビューも他のメーカーと比べ群を抜いています。

Anker Soundcore Liberty Air 2 Proは音質機能どちらも優れており、低音域から高音域まで素晴らしいサウンドを奏でます。

素晴らしいの一言です。

Bose QuietComfort Earbuds

スピーカーといえばBose。

ワイヤレスイヤホンも優秀で、高音/低音のBoseらしいサウンドが楽しめます。

また、無音に近いノイズキャンセリング機能で音楽の世界に没頭できます。

イヤホンを外すのが惜しくなる気持ちにさせられるワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリングは周囲の音が聞こえなくなりますので注意しましょう。

YOBYBO(ヨービーボ)ZIP20 ワイヤレスイヤホン

マットな質感で今話題のワイヤレスイヤホンです。

デザイン性に優れクリアなサウンドが楽しめます。

他のモデルもデザイン性に優れ、お洒落なワイヤレスイヤホンをお求めの方はおすすめです。

※ヤフーショッピングは取扱いなし

HUAWEI FreeBuds 4 完全ワイヤレスイヤホン

周囲の音も聞き取ることができる、ハイブリッドノイズキャンセリングで快適な装着感が味わえます。

耳が塞がれるのが苦手な方はオープンイヤー型のおすすめイヤホンです。

Jabra 完全ワイヤレスイヤホン Elite 85t

ジャブラはデンマークの企業で、企業で使うヘッドセットの最大手メーカーです。

ノイズを抑えたクリアなサウンド迫力のある低音を響かせることができます。

音質、軽さ、フィット感どれを取っても抜群のワイヤレスイヤホンです。

カラーも豊富でゴールドベージュは高級感あふれるカラーになっています。

SONY ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 

SONY渾身の最高級ワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリングはもちろんハイレゾ音源も楽しめます。

また置くだけで充電できるワイヤレス充電が可能です。

品質、性能、使いやすさ全てにおいてパーフェクトなワイヤレスイヤホンです。

前モデルよりも完成度は高くケースの小型化、防水対応、フィット感や遮音性の向上など素晴らしいの一言です。

迷ったらSONYのWF-1000XM4がおすすめです。

Victor HA-FX100T 完全ワイヤレスイヤホン

ビクターの犬のマークが特徴のレトロな雰囲気なワイヤレスイヤホンです。

昔からVictorを知っている人には懐かしいマークだと思います。

性能に関しても、心地良い低音を響かせ、透き通る高音で幅広いサウンドが楽しめます。

音作りのプロフェッショナル監修のおすすめモデルです。

クラシックやジャズを聴く方は、立体的なツヤのある音が楽しめます。

耳元で鳴る感じではなく包み込まれるような体験で、使う人を選ぶワイヤレスイヤホンです。

オーディオテクニカ ATH-CKR70TW 完全ワイヤレスイヤホン

徹底した音へのこだわりで高音質なサウンドが楽しめるワイヤレスイヤホンです。

耳にフィットするシンプルなデザインで専用アプリを使い音質、音量など好みに合わせて調整できます。

かなりコストパフォーマンスの良いモデルで、文句なしのワイヤレスイヤホンです。

Apple AirPods Pro

ワイヤレスイヤホンの人気に火をつけたApple AirPods Pro

根強い人気でノイズキャンセリング、耐水性能などの機能はもちろん、快適に装着できるイヤーチップを3サイズ付属。

好みに合わせてお選びいただけます。

パナソニック テクニクス 完全ワイヤレスイヤホン EAH-AZ70W-S

パナソニック&テクニクスから発売された3シリーズは、独自の技術でノイズを抑えたクリアなサウンドが楽しめます。

イヤホンを紛失してしまったときも専用アプリで捜索できるので、イヤホンを落としやすい方は嬉しい機能付きです。

テクニクスはパナソニックのハイクラス音響機器を扱うブランドで音質にこだわるならテクニクス1択です。

フィット感もイヤーピースがサラサラしているのでベタつきがなくイヤホンの密着が苦手な方も程よいフィット感で気にせず音楽が楽しめます。

《まとめ》ワイヤレスイヤホンの選び方

今回は今注目のワイヤレスイヤホンについてまとめてみました。

選ぶポイントは大きく3つ
  • デザインで選ぶ
  • 音質で選ぶ
  • 使いやすさで選ぶ

デザインで選ぶ

イヤホンをファッションとして購入する方も増えてきており、各社お洒落なデザインのモデルが数多く販売されています。

カラーも豊富でお好みのデザイン、カラーで音楽や映像が楽しめます。

また、耳の形によっては「痛くなる」「すぐイヤホンが落ちてしまう」このような不安を抱えている方は、フィット感重視にするのか、イヤホンと耳の間に多少スペースを作りたいのかで選ぶデザインが変わってきます。

「フィットし過ぎて耳が荒れてしまう」ということがないように、今までのイヤホンと照らし合わせて選ぶようにしましょう。

音質で選ぶ

イヤホンを選ぶときの「音質」は非常に大切です。

好きな音楽をどのように楽しみたいのかで選ぶイヤホンも変わってきます。

「低音を響かせたいのか?」「クリアな音を楽しみたいのか?」人によって好みが違ってきます。

また音楽のジャンルでも音質の違いがありますので、幅広いサウンドが楽しめるイヤホンを選ぶようにしましょう。

使いやすさで選ぶ

使いやすさで選ぶと完全ワイヤレスイヤホンタイプが1番です。

また、コードで充電するタイプもあればワイヤレスで充電できるタイプもあります。

ワイヤレス充電は便利ですがイヤホンのためだけにコンセントを一枠使うことになるので好みが分かれると思います。

このようにワイヤレスイヤホン一つ選ぶにしてもデザイン、音質、使いやすさと選び方は様々です。

もちろん値段の高いイヤホンを選べば間違いないと思いますが、どれを選ぶのかは人それぞれ。

この機会にお気に入りのワイヤレスイヤホンをお試しください。

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました