テレビ ・オーディオ電化製品全般

YAMAHAワイヤレスイヤホンTW-E3B【口コミや評判】ノイズキャンセリングの性能は?

YAMAHAワイヤレスイヤホンTW-E3Bテレビ ・オーディオ

YAMAHAワイヤレスイヤホンTW-E3Bについて

YAMAHAワイヤレスイヤホンTW-E3B

TW-E3Bは、2020年11月にYAMAHAから発売されたワイヤレスイヤホンです。
※2019年12月に発売されたTW-E3Aの後継機モデル

TW-E3Aと同じく、耳への負担を抑える、YAMAHA独自のリスニングケアが搭載されていることが話題となりました。

さらに、TW-E3Aよりもフィット性を高めたデザインと、グレードアップした充電ケースが人気を集めています。外音取り込みやノイズキャンセリングの機能がない分、音質を極めたイヤホンです。

この記事ではTW-E3Bのおすすめの機能や評価について紹介します。

YAMAHAのワイヤレスイヤホンをご検討中の方はぜひ参考にご覧ください。

おすすめ機能1:音のバランスを自動で調整し、耳への負担を軽減するリスニングケア

TW-E3Bの魅力の一つは、YAMAHA独自のリスニングケアを搭載している点です。

人間の聴覚による音の聴こえ方を研究し、音のボリュームに合わせて最適なバランスになるよう自動で調整してくれます。

人間の耳は、小さな音では低音と高音を聴き分けることが難しいのですが、リスニングケアはそうした点も克服しました。

自然で聴きやすい音にしてくれるため、ボリュームの上げすぎによって耳を痛めてしまうことも防いでくれます。

また、大音声による音漏れを防ぐこともできます。

おすすめ機能2:どっぷり音にハマれるTrue Sound

TW-E3Bはフィット感が強く、密閉性が高いという特徴があります。

そのため、音が漏れ出してしまう音質の劣化を防いでいます。

また、音楽メーカーのYAMAHAだからこそ可能なチューニング技術によって低域再生と高域再生の両立を実現しています。

低音も高音も、1音ずつしっかりとクリアに届きます。

アーティストをリスペクトしているからこそ、アーティストの創り出した本当に届けたい音楽を正確に表現し、最高の音を生み出しています。

おすすめ機能3:最長24時間再生のロングバッテリー

充電ケースを使うことによって最長24時間再生が可能であることもTW-E3Bの人気の理由の一つです。

1回の充電で約6時間使用できるので、遠出するときも安心です。

バッテリー残量をより正確に確認できる4連LEDインジケーターを搭載した充電ケースは、電池残量を一目で把握することができます。

音楽を聴くだけではなく、スマートフォンやタブレットの動画も長時間快適に聴くことが可能です。

YAMAHAワイヤレスイヤホンTW-E3Bの口コミや評判

接続性や充電において圧倒的な安定感があります。接続には5秒掛かり、少々遅めですが、間違いなく接続できます。ケースの磁石もかなり強いので、確実に充電されます。充電したつもりができていなかった…ということはなさそうです。

デザインは地味ですが、ヤマハのロゴが刻印されていていい感じです。価格帯に対して音質が素晴らしく、音楽が楽しめる仕上がりになっています。

ノイズキャンセリング機能は付いていませんが、音へのこだわりに全フリしたような印象です。とにかく高音から低音まで非常にバランスよく調整されていて臨場感が素晴らしいイヤホンです。

使い始めは低音が弱いかなと感じましたが、使用していくうちに、心地よく感じるようになりました。楽器の音をクリアに聴くことができ、ボーカルの聞き取りやすさも素晴らしいです。ただこのイヤホンは響いてくる音がフラットな音質なので、人によっては物足りなく感じるかもしれません。

音質はもちろん、マイク機能も良好です。WEB会議やLINE電話で、ハンズフリー通話することができます。外音遮断性能が強いので、職場のデスクなどでWEB会議をする際は、片方だけ付けて使用しています。

初期設定が少し面倒です。梱包箱だけ見て設定したら、よく分からず片側だけしか音が出なくなりました。失敗すると初期化が必要になります。ちゃんと設定が終われば、再接続は問題ありません。動作安定性は高く、接続失敗もまず無いので、最初だけ気を付ければ問題なさそうです。

リスニングケアはアプリでオン/オフを選べて、オン/オフを比較して聴いてみると違いは明らかです。小音量でもクリアな音を聴けるのは魅力的だと思います。音量を上げても音漏れがないので、電車でも安心して使用できます。

口コミ・評判まとめ

総じてコストパフォーマンスが良いという意見が多く見られます。

初期設定が面倒、接続に時間が掛かる等のマイナス面の意見もありますが、それらのデメリットを差し引いても満足しているという人が多いようです。

リスニングケア搭載によって音のバランスを重視している分、全体の音の印象がフラットになる傾向があります。

完全ワイヤレスイヤホンの選び方(YAMAHA/TW-E3B)

選び方1:コストパフォーマンス

全方位に満足できる製品を、ほどほどの価格で購入したいという人にはピッタリだと言えます。製品価格に対して機能面が充実しているため、コストパフォーマンス重視でも満足できる製品と言えるでしょう。

選び方2:長時間音楽を聴くかどうか

TW-E3Bは、充電ケースを使用することで最長24時間の再生が可能です。一度の充電でも6時間の再生が可能なので、長時間音楽を聴くことが多かったり、充電するタイミングが少なかったりという人でも安心して使用することができます。

選び方3:充電ケースの実用性

TW-E3Bは、前モデルTW-E3Aよりも充電ケースの実用性が高いという特徴があります。インジケーターが4つあるため、電池の残量を簡単に確認することができます。持ち運ぶこともできるので、出先で充電することが多い人にとっては特に便利な仕様です。

まとめ YAMAHAワイヤレスイヤホンTW-E3B【口コミや評判】

TW-E3Bは総合的に評価が高く、コストパフォーマンスを重視する人にも満足してもらえる可能性が高いと言えます。

長時間音楽を聴きたいという人や、小音量でクリアな音楽を楽しみたいという人には特におすすめの製品です。

YAMAHA独自のリスニングケア搭載のTW-E3Bを、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました