まとめ・ランキング生活家電電化製品全般

ドラム式洗濯機の選び方 おすすめ人気ランキング【2021年最新】

ドラム式洗濯機の選び方 おすすめランキング 2021年最新版まとめ・ランキング

ドラム式洗濯機の選び方 おすすめ人気ランキング 2021年最新版

ドラム式洗濯機の選び方 おすすめランキング 2021年最新版
Panasonic

かんたん操作で洗濯から乾燥まで行えるドラム式洗濯機。メーカーごとに独自の技術で洗浄力、機能、節水効果など工夫の施されたモデルが発売されています。

しかし「どれが良いのかわからない」こんな方も多いのではないでしょうか。
そこで今回はドラム式洗濯機の選び方、おすすめ洗濯機を紹介したいと思います。

洗濯機の買い替えでお悩みの方はぜひ参考にご覧ください。

ドラム式洗濯機の特徴

ドラム式洗濯機の特徴
Panasonic

ドラム式洗濯機は洗濯と乾燥を兼ね備えたモデルが多く販売されています。
洗濯後に乾燥を行えば衣類やタオルを干す手間が省けます。
また節水効果も期待できますので、水道水が気になる方はおすすめです。

縦型洗濯機とドラム式洗濯機の違い

洗浄力の違い

縦型洗濯機は衣類同士を擦り合わせて洗濯を行います。
それに対してドラム式洗濯機は洗濯槽を縦に回転をする仕組みです。それにより衣類を叩いて洗い上げます。
一般的に洗浄力は縦型洗濯機>ドラム式洗濯機になります。
※ドラム式洗濯機は温水洗浄の機種もあるためその限りではありません。

節水効果の違い

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べて約2倍の節水効果があります。
水を溜める縦型洗濯機と違いドラム式洗濯機は半分の水で洗い上げます。
水道代が気になる方はドラム式洗濯機がおすすめです。

乾燥機能の違い

主にドラム式洗濯機の機能ですが、縦型洗濯機にも乾燥機能が備わっている機種があります。
ですが、あまりおすすめしません。
縦型洗濯機は横回転のため、乾燥機をかけても十分に衣類がほぐれません。
そのため、生乾きや乾燥時間もかかります。

乾燥機能付きを選ぶならドラム式洗濯機がおすすめです。

ドラム式洗濯機の選び方

ドラム式洗濯機の選び方
Panasonic

容量、サイズで選ぶ

1人当たりの洗濯量の目安は1日1,5kg前後と言われています。
1〜2人暮らしで毎日洗う場合はサイズ容量6〜7kgの洗濯機。
ファミリーで使う場合では8kg以上のものが1つの目安になります。

毛布やシーツなどの大きな洗濯物を洗いたい方は8kg以上がおすすめです。
ただし、ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べるとサイズが大きいため、せっかく購入したのに入りきらない、、、なんてことも考えられます。

容量だけではなく本体サイズも必ず確認するようにしましょう。

洗浄力で選ぶ

洗浄力で選ぶ
Panasonicの泡洗浄

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機と比べると「洗浄力が弱い」なんて言われていますが、最近のドラム式洗濯機は年々性能が向上しています。

高圧洗浄で洗浄力UP、温水洗浄で洗浄力UPなど様々な工夫が施されています。特に温水洗浄は除菌効果も期待できるため洗濯機選びのポイントになります。

機能で選ぶ

機能で選ぶ
Panasonicの自動投入

各メーカー機能は様々です。一般的なタイマー機能、チャイルドロック機能、黒カビ抑制効果などおおむね標準装備です。

最近は「自動洗剤投入」が人気です。
あらかじめ洗剤を投入することで、自動計測し投入してくれます。
これにより洗剤をこぼしたり手についてベタつくこともありません。
洗剤を置くスペースも無くなりますのでスッキリします。

他にもAI機能が搭載されているものや、スマートフォンと連携して外出先からでも操作でき、洗濯状況のチェックや洗剤の補充時期を教えてくれるモデルもあります。

「自動洗剤投入、温水洗浄、黒カビ抑制効果」この3点は押さえておきましょう。

乾燥機能で選ぶ

乾燥機能で選ぶ
Panasonicのはやふわ乾燥

多くのドラム式洗濯機はヒートポンプ式を採用しています。
ヒートポンプ式は空気中のエネルギーを取り込み、そのエネルギーで熱を発生させます。
エアコンやエコキュート、床暖房にも使われているECOな乾燥機能です。

ヒートポンプ式は乾燥温度が低いため衣類の痛みが少なく、電気代も下がります。
他にもヒートリサイクル式は、運転時に発生する熱を乾燥時に利用する方式で、ヒートポンプ式と同じように省エネ効果が期待できます。
※ヒートリサイクル式も乾燥温度が低いため衣類の痛みが少なくなります。

電気代で選ぶ

乾燥機の電気代は平均して数十円ほどかかります。
中でもヒートポンプ式、ヒートリサイクル式は省エネ効果があるため従来の乾燥機能と比べると大幅に電気代が抑えられます。
電気代の計算は以下の計算式に当てはめます。

※電気代の算出方法(1時間あたりの電気代)
消費電力(W)×1時間×27円÷1000
27円は全国家庭電気製品公正取引協議会の「新電気料金目安単価」を使用。

価格で選ぶ

ドラム式洗濯機は縦型洗濯機に比べて価格が高くなります。
安いメーカーでも10万円以上はしますので、ドラム式洗濯機は「高価な電化製品」というイメージがあると思います。
もちろん高いだけではなく、節水効果や省エネ効果も期待できるため、長期間使用することを考えると多少高くても良いものを購入したほうが良いかもしれませんね。

おすすめドラム式洗濯機

おすすめドラム式洗濯機
Panasonic

おすすめドラム式洗濯機は以下の通りです。

Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機

Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機

Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機
NA-VX800BL-W(洗濯11.0kg/乾燥6.0kg)
参考価格 278,000円

温水泡洗浄Wは直接洗剤を温め、さらに泡にすることで洗浄力を高めます。
※温度調節も可能です。(60℃では除菌も可能です。)
シャツについた皮脂汚れも温水洗浄でキレイに洗い上げます。
スタイリッシュなデザインもおすすめです。

SHARP ドラム式洗濯乾燥機

SHARP ドラム式洗濯乾燥機

SHARP ドラム式洗濯乾燥機
ES-WS14(洗濯11.0kg/乾燥6.0kg)
参考価格 289,800円

業界初のマイクロ高圧洗浄により、微細な水滴を作り、繊維の奥深くまで浸透して汚れを落とします。
※衣類の傷みも抑えられます。

洗剤や柔軟剤の自動投入機能も備わっていますので、毎日のお洗濯がラクになります。
洗濯洗剤の置き場所も無くなるので洗濯機周りもスッキリします。
また、プラズマクラスター搭載で乾燥しながら除菌・消臭が行なえます。

東芝 ZABOON

東芝  ZABOON

東芝 ZABOON
TW-127XP1L(洗濯12.0kg/乾燥7.0kg)
参考価格 398,107円

東芝の最新ドラム式洗濯機は「抗菌ウルトラファインバブル洗浄EX」で選択しながら抗菌も行える安心設計。
スマートフォンアプリに対応していますので、外出先からも操作可能です。

その他にも自動投入(洗濯洗剤・柔軟剤)低振動・低騒音設計で快適に使えます。
いつもの洗濯をさらに手軽に、おすすめ機能満載です。

日立 ビッグドラム

日立 ビッグドラム

日立 ビッグドラム
BD-SV110GL(洗濯11.0kg/乾燥6.0kg)
参考価格 298,000円

AI機能搭載の「AIお洗濯」で洗い方や洗濯時間を調節して洗い上げます。
ヒートリサイクル乾燥で運転時に発生する熱を利用して、省エネ効果も期待できます。

また自動おそうじ機能により、すすぎ後にキレイな水を流し、洗濯槽のカビや菌を抑え、自動おそうじの継続使用で槽洗浄の必要回数が減り、より楽にメンテナンス可能です。

アイリスオーヤマ 乾燥機能付きドラム式洗濯機

アイリスオーヤマ 乾燥機能付きドラム式洗濯機

アイリスオーヤマ 乾燥機能付きドラム式洗濯機
FLK832(洗濯8.0kg/乾燥3.0kg)
参考価格 128,000円

乾燥機能付きとなしの2タイプがあります。
どちらも温水洗浄可能ですので、皮脂汚れにも強くニオイの繁殖も抑えます。
また、Ag+除菌モデルは、ニオイの元になるニオイ菌の発生を抑えてくれます。

乾燥機能付きのタイプは、80%乾燥機能(ふんわりシワ取りコース)で部屋干しにかかる時間を短縮し、シワの抑制できる機能が搭載しています。
乾燥機をかけるとどうしてもシワが気になりますが、80%乾燥は考えつくされたアイデア商品です。
価格も10万円前後で購入可能ですので手軽にドラム式洗濯機を購入したい方にはおすすめの一台です。
アイリスオーヤマの全ドラム式洗濯機のラインナップはこちら

AQUA ドラム式全自動洗濯機

AQUA ドラム式全自動洗濯機

AQUA ドラム式全自動洗濯機
AQW-FV800E(洗濯8.0kg)
参考価格 75,000円

60℃までの温水洗浄可能で皮脂汚れ、黄ばみ、除菌もできる洗浄力に優れたドラム式洗濯機です。
※乾燥機能なし
おいそぎ 念入りすすぎ 予約タイマー チャイルドロックなどの標準機能が備わっており、サイズもコンパクト。

外形寸法 幅595mm×奥行625mm×高さ860mm
質量   約70kg

手軽にドラム式洗濯機を使いたい方はおすすめです。

ドラム式洗濯機のよくある質問

ドラム式洗濯機のよくある質問
Q
縦型洗濯機と比較すると洗浄力は?
A

縦型洗濯機はもみ洗い、ドラム式洗濯機はたたき洗いです。
洗浄力は縦型洗濯機>ドラム式洗濯機ですが、温水洗浄や圧力洗浄は、縦型洗濯機に負けない洗浄力を兼ね備えています。

Q
乾燥にかけられない衣類、かけてはいけない衣類はありますか?
A

タンブラー乾燥禁止と書かれている物(ウールやシルクなどの熱に弱い物)やおしゃれ着などは乾燥はかけられません。
必ず取扱説明書を確認してから使用するようにしましょう。

Q
ドラム式洗濯機の電気代は?
A

各メーカー洗濯時、温水洗浄時、乾燥時など消費電力の記載は異なります。
以下の計算式に当てはめて確認してみてください。

※電気代の算出方法
消費電力(W)×時間÷1000×27円
27円は全国家庭電気製品公正取引協議会の「新電気料金目安単価」を使用。

Q
ドラム式洗濯機を購入する際の注意点は?
A

洗濯機自体が大きいため設置スペースがあるか、ドアを開く余裕があるか、設置までのルートが確保できるかを事前に確認しましょう。

まとめ ドラム式洗濯機の選び方 おすすめ人気ランキング

まとめ ドラム式洗濯機の選び方 おすすめランキング

ドラム式洗濯機は洗濯から乾燥まで一通り行える便利な電化製品です。
雨が続いて天日干しができない、花粉の時期に外に干せないなどの悩みも解決してくれます。

各メーカー、洗浄力やお手入れのしやすさ、価格や大きさなど様々な特徴があります。

この機会に自分に合ったピッタリなドラム式洗濯機を探してみてください。

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました