【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリット

【ドラム式洗濯機比較】アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違い

大型家電

アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機について

アイリスオーヤマ公式サイトより

憧れのドラム式洗濯機
欲しいけど数十万円と高いですよね。
しかしドラム式洗濯機は見た目のカッコよさだけではなく節水効果もあるので水道代の節約になります。
それでも「洗濯機に何十万円も出したくない!」
そんな方におすすめするのは、アイリスオーヤマ、AQUAのドラム式洗濯機です。
どちらも8.0kgと大容量で洗濯物の多いご家庭まとめ洗いをする方にはぴったりなドラム式洗濯機です。

そしてなんといっても価格が安いのです。
アイリスオーヤマ(FL81R-W):69,800円 ※公式サイトより
AQUA(AQW-FV800E):76,930円 ※Amazonより

そこで今回はアイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違いを比較してみたいと思います。
この機会にぜひアイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違いを比べてみてください。

アイリスオーヤマ公式サイトより

延長保証 送料無料
ドラム式洗濯機 8.0kg ホワイト FL81R-W
販売価格:¥69,800


【徹底比較】アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違い

アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違いを比較するとどちらもほとんど変わりません。

各機能を見てみましょう。

  • 温水洗浄
  • 予約タイマー
  • 洗濯コース
  • すすぎ回数

温水洗浄の違い

アイリスオーヤマの温水洗浄は20℃、40℃、50℃、60℃。
AQUAのドラム式洗濯機も20℃、40℃、50℃、60℃と全く同じです。

温水洗浄のメリット

水から温水になると、「水の粘度」が変わりサラサラになります。
サラサラになった温水は、衣類の繊維にまでしっかりと入り込みます。
また、洗濯洗剤を温水で温めることで酵素の力を高めて洗浄効果を最大限に引き出してくれます。

ですので温水洗浄は、衣類やタオルもキレイに洗い上げることができるのです。
それから、温水で洗うと衣類やタオルの絡まりも抑えられます。
洗濯物が取り出しにくいということも無くなります。

予約タイマー

予約タイマーもアイリスオーヤマとAQUAそれぞれ予約機能が付いているので同じです。

洗濯コース

洗濯コースは多少違いはありますが標準的なお急ぎ、念入り、脱水はどちらも付いています。
またアイリスオーヤマ、AQUA共に好みに合わせて洗濯時間、すすぎ回数、脱水時間を設定できます。

すすぎ回数

すすぎ回数はアイリスオーヤマが3回までなのに対してAQUAのドラム式洗濯機は4回まで可能です。
頑固な黄ばみや汚れは何度かすすぎを行うと思いますが2回すすげば十分ですよね。


【どちらが良いのか?】アイリスオーヤマとAQUAのドラム式洗濯機

ではアイリスオーヤマと実際にどちらが良いのか?

どちらが良いのか?
  • 価格帯 アイリスオーヤマに軍配
  • デザイン どちらもあまり変わりなし
  • 機能性 どちらもあまり変わりなし

上記3点を比較するとアイリスオーヤマの方が良いような気がしますが、もう少し細かく見てみると、アイリスオーヤマのドラム式洗濯機はチャイルドロックが付いています。

子供は何かとボタンを押したがるので、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭はチャイルドロックは必要ですよね。

アイリスオーヤマは公式サイトで会員登録をすると通常1年のメーカー保証が2年に延長されます。

またアイリスオーヤマのドラム式洗濯機は3種類あります。
どれも温水洗浄で機能は変わりませんが、HD81AR-Wについては銀イオンのチカラニオイの原因菌を抑えて衣類の繊維の奥から除菌します。
衣類のニオイが気になる方はおすすめの一台です。

アイリスオーヤマ公式サイトより

延長保証 送料無料
ドラム式洗濯機 8.0kg ホワイト HD81AR-W
セール価格:¥99,800

【関連記事】
アイリスオーヤマのドラム式洗濯機口コミや評判は?(8.0kg洗濯機 FL81R-W)
アイリスオーヤマのドラム式洗濯機 HD81AR-W その洗浄力は?
【2020最新版】アイリスオーヤマ ドラム式洗濯機の違いは?


アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の安い理由

アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機はなぜ安いのか?
他のメーカーだと何十万円もするドラム式洗濯機がアイリスオーヤマとAQUAのドラム式洗濯機の場合10万円以下で購入できます。
大きな違いは2社とも乾燥機能が付いていません。

ドラム式洗濯機といえば洗濯機能と乾燥機能がセットになっているメーカーがほとんどです。
しかしアイリスオーヤマとAQUAのドラム式洗濯機は乾燥機能が付いていません。
その分低価格で販売できるというわけです。

またアイリスオーヤマに関してはOEM製品といって自社で開発製造するのではなく、有名メーカーに外注して開発製造を行っています。
製造コストを抑えて生産されているのでその分価格に反映できるというわけです。
ですのでアイリスオーヤマとAQUAのドラム式洗濯機が安い理由は「乾燥機能の有無」「販売されるまでのコスト削減」が挙げられます。


【乾燥機能のメリット・デメリット】アイリスオーヤマとAQUAのドラム式洗濯機

乾燥機能の有無でどのようなメリット・デメリットがあるのか見てみましょう。

乾燥機能のメリット

乾燥機能は自動で洗濯から乾燥まで行えるので便利です。
乾かすのが面倒という方はおすすめの機能です。

乾燥機能のデメリット

乾燥機能のデメリットは意外にも多く

  • 電気代がかかる。
  • ワイシャツやTシャツなどシワになっては困る衣類と分ける必要がある。
  • 洗濯乾燥を繰り返すことで菌が衣類に付着する場合が考えられる。

電気代がかかる。

洗濯乾燥機の場合、洗濯時の電気代と乾燥時の電気代が両方かかります。
乾燥もすぐに終われば良いのですが、最低でも1時間以上は時間がかかります。

一般的にドラム式洗濯機で洗濯のみで使う場合(70Wh)の電気代は、約2円ほどです。
ドラム式洗濯機の乾燥機能(1880Wh)を洗濯と乾燥で使用した場合の電気代は一回につき50円ほどかかります。
1カ月(30日間)で計算すると1,500円も電気代がかかってしまいます。
あくまで一例ですので乾燥時間や洗濯回数によっては上記の金額以上になってしまいます。

ドラム式洗濯乾燥機は本体価格も高く、電気代も高くなってしまいます。
その点を考慮した上で選びましょう。

ワイシャツやブラウスなどシワになっては困る衣類と分ける必要がある。

ドラム式洗濯乾燥機は全ての洗濯物で乾燥機能が使えるというわけではありません。
シワになっては困る衣類は分けて選択しないといけません。
お仕事されている方であれば、ワイシャツやブラウス、また作業着など乾燥機を掛けてしまうとシワくちゃになってしまいます。
一度シワになった衣類をアイロン掛けするのは大変です。
特に厚手のワイシャツや作業着などはシワが取れません。
便利そうに見えるドラム式洗濯乾燥機も意外に不便なこともあるので、浴室乾燥機が付いているお宅の場合は乾燥機能は必要無いかもしれませんね。

洗濯乾燥を繰り返すことで菌が衣類に付着する場合が考えられる。

菌が付着?

洗濯をすると洗濯物がキレイになります。
そして乾燥を行います。
これを繰り返すことで洗濯槽や洗濯機内部の菌が乾いて洗濯衣類に付着することが考えられます。
毎回乾燥で洗濯内部の水分が無くなれば問題無いのですが、菌は濡れて乾いてを繰り返すことで繁殖します。

やはり洗濯物は天日干しが1番ですね。

その他にも乾燥機能は洗濯槽を温めるのでステンレス独特のニオイが洗濯物についてしまいます。
コインランドリーでも経験ある方もいらっしゃると思いますが、乾燥機を掛けた衣類のニオイが苦手という方は意外に多いかもしれません。


さいごに アイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違い

今回はアイリスオーヤマとAQUAドラム式洗濯機の違いについて記事をまとめてみました。
どちらもデザイン、機能性、価格はそこまで変わりません。

比較すると価格面、保証などトータルで見るとアイリスオーヤマの方が良いかもしれませんね。

この機会にアイリスオーヤマ、AQUAのドラム式洗濯機をお確かめください。

アイリスオーヤマ公式サイトより

延長保証 送料無料
ドラム式洗濯機 8.0kg ホワイト FL81R-W
販売価格:¥69,800

【関連記事】
アイリスオーヤマのドラム式洗濯機口コミや評判は?(8.0kg洗濯機 FL81R-W)
アイリスオーヤマのドラム式洗濯機 HD81AR-W その洗浄力は?
【2020最新版】アイリスオーヤマ ドラム式洗濯機の違いは?


コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました