電化製品全般キッチン家電

【シロカ電気圧力鍋の違い】スロー調理のメリット・デメリットは?

【シロカ電気圧力鍋の違い】メリット・デメリットは?電化製品全般

かんたん調理!シロカの電気圧力鍋について

かんたん調理!シロカの電気圧力鍋について

シロカの電気圧力鍋はご存じでしょうか?

電気屋さんで見たことあるけど、違いがよく分からない。

今回は火を使わずに簡単に圧力調理ができるシロカ電気圧力鍋の違いについて記事をまとめてみました。

シロカの電気圧力鍋シリーズは4種類あり、パッと見た感じでは同じようなデザインで区別が付きません。

【シロカ電気圧力鍋の違い】メリット・デメリットは?
SP-4D151/SP-D131/SP-4D131/SP-D121

では初めにシロカ電気圧力鍋の特長を見てみましょう。

シロカ電気圧力鍋の特長

簡単調理

初めてでも使い方は簡単

食材を切り、圧力鍋に入れるだけ

あとはメニューに合わせてスイッチを押すだけです。

かんたん操作で簡単に圧力調理ができます。

時短調理

時短調理で忙しい日も手間をかけずに楽々調理可能です。

しっかり煮込まないといけない料理もシロカの電気圧力鍋ならすばやく調理可能です。

時間のかかる煮込み料理も時短調理で美味しくできあがります

豊富なメニュー

圧力調理だけではなく、無水調理、スロー調理など様々なレシピに対応

温め直しも可能ですので、いつでも好きな時に熱々料理が食べられるので人気です。
※ SP-4D131/SP-D121はスロー調理に対応していません。

そんなシロカの電気圧力鍋ですが同じようなデザインで4機種あります。

それでは実際にシロカ電気圧力鍋の違いについて見てみましょう。

【シロカ電気圧力鍋の違い】SP-4D151/SP-4D131/SP-D131/SP-D121

シロカの電気圧力鍋は大きく「4つの違い」があります。

  • カラーの違い
  • 容量の違い
  • メニューの違い
  • スロー調理の有無

【カラーの違い】シロカの電気圧力鍋

SP-4D151/SP-4D131

SP-4D151
レッド/ホワイト/ブラウン

SP-4D131
ホワイト

SP-D131/SP-D121

SP-D131
レッド/ホワイト/ブラウン/ブラック

SP-D121
レッド/ホワイト

※カラーによっては品切れの場合もあります。

【容量の違い】シロカの電気圧力鍋

SP-4D151/SP-4D131
調理容量2.6L/呼び容量4.0L

SP-D131/SP-D121
調理容量1.3L/呼び容量2.0L

※呼び容量とは、内釜の最大容量です。調理する際は調理容量以下になるように食材を入れましょう。

品番SP-4D151SP-4D131SP-D131SP-D121
容量調理容量:2.6L/呼び容量:4L調理容量:2.6L/呼び容量:4L調理容量:1.3L/呼び容量:2L調理容量:1.3L/呼び容量:2L

【メニューの違い】シロカ電気圧力鍋

SP-4D151

SP-4D131

SP-D131

SP-D121

※圧力調理、お米の炊飯、保温機能などの基本性能はどのモデルも備わっています。

【スロー調理の有無】シロカ電気圧力鍋

SP-4D151/SP-4D131
あり

SP-D131/SP-D121
なし

スロー調理(スロークッカー)とは?

シロカの電気圧力鍋の機能に「スロー調理」があります。

スロー調理?

スロー調理とは沸騰する手前の温度を保ちながら、煮崩れしないように調理することができる機能です。※弱火やとろ火のような機能です。

スロー調理のメリット・デメリット

スロー調理はおでんなどの食材が煮崩れしない、吹きこぼれや、焦付きがないなどがメリットですが、デメリットもあります。

ではメリット・デメリットを見てみましょう。

スロー調理のメリット

  • ガスコンロのように火を扱わないため安全。
  • 吹きこぼれや、鍋が焦げ付いたりしない。
  • 火加減は調整してくれるので手間がかからない。(他の家事に専念できる)
  • 沸騰しないので煮崩れしない。
  • ガスコンロを使わないので、別の料理が作れる。

スロー調理のデメリット

  • ガスコンロでいう「弱火」「とろ火」のため時間がかかる。
  • 調理時間が長くなるため電気代がかかる。

スロー調理は上記のようなメリット・デメリットがあります。

低温調理とは違うの?

スロー調理と低温調理の違い

低温調理はローストビーフが作れます。

スロー調理約85℃の温度で加熱するのに対して、低温調理はもう少し低い温度(約50℃〜70℃)で調理をします。

低温調理で作ったチャーシュー

スロー調理、低温調理どちらも時間がかかる点は共通していますが、低温調理では細かい温度調節が必要になります。
※低温調理はローストビーフや鶏ハムなどの調理に最適です。

またスロー調理調理に時間がかかります。

その分電気代もかかってしまいます。

実際に電気代を見てみましょう。

シロカ電気圧力鍋の電気代

各モデルの消費電力を見てみましょう。

SP-4D151/SP-4D131:800W
SP-D131/SP-D121:700W

1時間あたりの電気代
800W×1時間÷1000×料金単価27円=21.6円
700W ×1時間÷1000×料金単価27円=18.9円

《例》
おでんでスロー調理4時間+保温4時間使用した場合の電気代

大根もこんなに染み込みます。

大根もこんなに染み込みます。価格.comマガジンより

気になる電気代は、、、

SP-4D151:172.8円
SP-D131:151.2円

毎日スロー調理機能を使うことはないかもしれませんが、それなりに電気代は掛かります。

【シロカ電気圧力鍋の違い】メリット・デメリットは?

スロー調理のメリット・デメリットを踏まえた上でシロカ電気圧力鍋のメリット・デメリットを見てみましょう。

シロカ電気圧力鍋のメリット

  • 圧力調理で料理の時短になる。
  • 圧力鍋のように火加減の調節が必要ない。
  • 全機能ガスコンロのように火を使わないので安全。
  • 電気圧力鍋で調理しながら他の調理や家事ができる。
  • 圧力調理だけではなく、無水調理やスロー調理、保温機能など幅広い使い方ができる。

シロカ電気圧力鍋のデメリット

  • 途中で味見ができない。(味の調整ができない)
  • 白米・玄米以外のタイマー機能がない。
  • 大人数には不向き。

メリット・デメリットは他の電気圧力鍋にも共通するところがありますが、気になるデメリットを詳しく見てみたいと思います。

シロカ電気圧力鍋の気になるデメリット

途中で味見ができない。(味の調整ができない)

シロカに限らず電気圧力鍋は途中で蓋を開けることができません。

「ちょっと味見してみよう」ということができないので、味付けは目分量ではなく慣れるまではレシピ通り作るようにしましょう。

白米・玄米以外のタイマー機能がない。

調理の時短と考えればタイマー機能はそこまで必要ないかもしれませんが、スロー調理など時間がかかる料理の場合は「外出先から帰ったら料理ができている。」ということができません。

大人数には不向き

シロカの電気圧力鍋は2.0Lと4.0Lのため大人数には不向きです。

  • 2.0L一人暮らし/二人暮らし用
  • 4.0L4人家族くらいまでの容量になると思います。

また、食べ盛りのお子さんがいらっしゃるご家庭では4.0Lでは足りないかもしれませんね。

【関連記事】
新登場!アイリスオーヤマの大容量6.0L電気圧力鍋

まとめ【シロカ電気圧力鍋の違い】メリット・デメリットは?

【シロカ電気圧力鍋の違い】メリット・デメリットは?

今回は口コミでも評判のシロカ電気圧力鍋について違いやメリット・デメリットを記事にまとめてみました。

電気圧力鍋は短時間で肉や魚、野菜など火を使わずに圧力調理できるので料理の時短だけではなく料理の幅も広がります。

シロカの電気圧力鍋は色んな料理に対応しています。

無水調理、スロー調理、温め直しなどこれ一台で様々な調理方法が可能になるので、きっと毎日のお料理が楽しくなります。

この機会にぜひシロカの電気圧力鍋をお試しください。

【関連記事】
アイリスオーヤマの電気圧力鍋「その違いは?」

製品名SP-4D151SP-4D151ホワイトSP-D131SP-D131ホワイトSP-4D131SP-4D131ホワイトSP-D121SP-D121ホワイト
カラーレッド/ホワイト/ブラウン
レッド/ホワイト/ブラウン/ブラックホワイトレッド/ホワイト
タイマー最大12時間(白米・玄米のみ)最大12時間(白米・玄米のみ)最大12時間(白米・玄米のみ)最大12時間(白米・玄米のみ)
電圧AC100VAC100VAC100VAC100V
周波数50/60Hz50/60Hz50/60Hz50/60Hz
消費電力800W700W800W700W
メニュー数10885
容量調理容量:2.6L/呼び容量:4L調理容量:1.3L/呼び容量:2L調理容量:2.6L/呼び容量:4L調理容量:1.3L/呼び容量:2L
最高圧力90kPa ゲージ圧70kPa ゲージ圧90kPa ゲージ圧70kPa ゲージ圧
重量4.4kg2.7kg4.4kg2.7kg
コード1.2m1.2m1.2m1.2m
スロー調理ありありなしなし
サイズ幅26.5cm ×奥行28.2cm ×高さ28.3cm幅22×奥行23.8×高さ24.9cm幅26.5cm ×奥行28.2cm ×高さ28.3cm幅22×奥行23.8×高さ24.9cm

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました