テレビ ・オーディオ電化製品全般

【口コミレビュー】ハイセンス有機ELテレビの評判《X8Fシリーズの性能は?》

テレビ ・オーディオ

ハイセンスの有機ELテレビX8Fシリーズについて

今回は口コミでも評判のハイセンス有機ELテレビX8Fシリーズについてまとめてみました。

ハイセンスの有機ELテレビX8Fシリーズは、有機ELテレビならではの鮮やかな映像が表現できて、液晶ディスプレイと比較しても黒色の表現が優れています。

せっかくテレビを購入するなら「良いテレビを安く買いたい。」こんな方にはおすすめの一台です。

この記事では以下の内容をまとめています。

  • X8Fシリーズの口コミレビュー
  • X8Fシリーズの性能
  • 有機ELテレビと液晶テレビの違い

ハイセンス最高峰の有機ELテレビの性能をぜひお確かめください。

【口コミレビューや評判】ハイセンスの有機ELテレビX8Fシリーズ

Amazonの口コミレビュー

※Amazonから要約して抜粋

とても素晴らしいテレビです。
地デジ、YouTube、Amazonプライム・ビデオも綺麗に映ります。
私も妻も耳が遠くなってきましたが、よく聞こえると喜んでいます。

プラズマテレビから有機ELテレビに買い替えました。
どの角度から見ても綺麗で値段以上の価値があります。
あとは耐久性が気になるくらいです。

20万円以下の有機ELテレビとしては十分な性能です。
以前使っていたテレビと比べても画質・音質共に良く気に入ってきます。

楽天市場の口コミレビュー

※楽天市場から要約して抜粋

プラズマテレビからの買い替えで画質の良さはちょっと良くなったくらいかなと思いましたが、4K画質の動画を見たときは綺麗だと思います。

近くの電気屋さんにハイセンスの有機ELテレビは置いていなかったので実機を見ずに購入しました。
同じスペックのレグザより安く、3年保証が付いていたので購入しました。

画質がキレイで特に問題ありません。
起動が少し遅いような気がしますが、満足です。

黒の奥行きがあり映画を大迫力で楽しめます。
満足です。

ヤフーショッピングの口コミレビュー

※ヤフーショッピングより要約して抜粋

かなり前に購入したテレビの買い替えで購入しました。
東芝REGZAと比較しましたが、同じ画質に感じたためハイセンスの有機ELテレビにしました。
有機ELテレビというだけあり、黒の表現は素晴らしいです。
しかし、CMで残像が残る感じが気になります。

地上デジタル放送しか観ていませんが黒色の表現が深く、髪の毛一本一本見える感じです。
前のテレビは見えにくいかったのですが見やすくなりました。

とても綺麗で見やすいです。
設置や説明も丁寧で良かったです。

綺麗な画質でこの値段は満足です。
気になる点は起動時リモコンの反応が遅いことです。

口コミレビューまとめ

ハイセンスの有機ELテレビX8Fは口コミレビューでも評判で有機ELならではの映像美で、奥行きのあるキレイな映像が楽しめます。

特に黒色の表現は高コントラストで深みのある映像が表現できます。

従来の液晶画面のように蛍光灯や外の光の映り込みを抑えてはっきりと映し出します。

その反面、リモコンの反応が遅いという口コミレビューがありました。

他のメーカーでも起きる現象ですが、大画面テレビになると起動時に画面が映るまで数秒かかることがあります。

しかし、起動後はリモコン操作もスムーズになりストレスも軽減されると思います。

※VIDAA起動時はインターネットに接続するので少し遅く感じるかもしれません。

ハイセンス有機ELテレビX8Fシリーズの性能

ハイセンス有機ELテレビX8Fシリーズは高画質な映像が楽しめて、臨場感あふれる立体的なサウンドが楽しめるテレビになります。

おすすめポイントは3つ
  • おすすめポイント① 色鮮やかな映像技術
  • おすすめポイント② 大迫力なサウンド
  • おすすめポイント③ Wi-Fi機能搭載で動画も楽しめる

では順番に見てみたいと思います。

おすすめポイント①色鮮やかな映像技術

東芝映像ソリューションとの共同開発で作られた「NEOエンジンplus 2020」はAI技術搭載で洗練された映像が楽しめます。

映画・ドラマ・ライブ映像・スポーツなどあらゆるシーンに合わせて最適な映像を調節します。

また白飛びや黒つぶれといわれる現象も軽減され、眩しすぎたり暗いシーンでは真っ暗で見えにくいということもなくなります。

そして被写体の質感も肌や花びらなど目の前にあるかのように繊細な表現が可能です。

他にも残像感を抑えたSMR(スムースモーションレート)技術でブレを抑えたなめらかな映像が楽しめます。

スポーツや早い映像などスムーズな映像表現が可能です。

おすすめポイント②大迫力なサウンド

ハイセンスの有機ELテレビX8Fシリーズは高音質なサウンドを表現する「Eilex PRISM」が備わっています。

Eilex PRISMはデジタルサウンドに圧縮された音質を改善します。

また映画やドラマなどのセリフを強調して、はっきりと聞こえます。

そしてダイレクトサウンド技術で映像とサウンドが一体になったサウンドが楽しめます。

【関連記事】
サブウーファー搭載、ハイセンスのシアターサウンドバー《口コミや評判》

おすすめポイント③Wi-Fi機能搭載で動画も楽しめる

ハイセンスの有機ELテレビX8FシリーズはWi-Fi機能が内蔵されています。

ご自宅にWi-Fi環境があれば設置したその日からお好きな動画コンテンツが楽しめます。

またリモコンボタンにYou TubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスのボタンが配置されていますので、ダイレクトで見たい番組に接続可能です。

ハイセンスのリモコンは配置や質感にこだわった作りになっていて、ボタンが押しやすく見たい動画コンテンツがダイレクトに操作できるのが特徴です。

有機ELテレビと液晶テレビの違い

【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4K対応液晶テレビはどれ?全10種類

テレビの買い換えで悩むポイントの一つに「有機ELテレビにするか?液晶テレビにするか?」

家電量販店のテレビ売り場を見ても有機ELテレビと液晶テレビが展示されています。

展示割合は7:3で液晶テレビのほうが多くなっています。

有機ELテレビのメリット

有機ELテレビのメリットは、高画質で黒の表現が豊かで奥行きのある映像が楽しめます。

他にも鮮やかな色彩で液晶テレビ特有の「白っぽさ」は無くなります。

映像の綺麗さで比較すると圧倒的に有機ELテレビのほうが有利です。

しかし、有機ELテレビもデメリットはあります。

有機ELテレビのデメリット

まずは液晶テレビと比較すると価格が高くなります。

同じ2020年モデルで比較すると

型番Amazon価格
液晶テレビ55U7F¥77,500
液晶テレビ55U8F¥104,500
有機ELテレビ55X8F¥150,000

これだけ値段が違います。

※ハイセンスの有機ELテレビは48V型と55V型が販売されています。

他にもテレビ寿命の違いが挙げられます。

液晶テレビは約6万時間なのに対して、有機ELテレビは3万時間と約半分ほどになります。

とはいえ、一日3時間テレビを見たとしても27年は見れる計算なので寿命は特に問題ないですね。

有機ELテレビと液晶テレビの違い

有機ELテレビ液晶テレビ
価格
価格は高い

比較的安い
画質
とてもキレイ
寿命
約3万時間

約6万時間
画面の厚さ
とても薄い
消費電力
電気代が高い

まとめ 【口コミレビュー】ハイセンス有機ELテレビの評判《X8Fシリーズの性能は?》

今回はハイセンスの有機ELテレビX8Fの口コミレビューや評判をまとめてみました。

ハイセンスの有機ELテレビX8Fは、とにかく高画質な映像を求める方にはおすすめのテレビで、地上デジタル放送だけではなく、BS/CS放送、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画コンテンツも楽しみたい方にはぜひお確かめいただきたいテレビになっています。

SONYやPanasonicなどの国内メーカーの場合、高額になってしまう有機ELテレビもハイセンスなら価格を抑えて購入可能です。

また3年間のメーカー保証も付いていますので故障が気になる方はおすすめです。

この機会にぜひハイセンスの有機ELテレビX8Fシリーズをお確かめください。

【関連記事】
2021年最新モデル ハイセンスのテレビ【A6GとE6Gの違い】
YouTube対応おすすめテレビ 格安メーカー5選

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました