MENU
【エアコン以外の暖房機器】電気代を抑えた組み合わせ詳しくはこちら

X80K/X80WKの違いを比較|SONYの4Kテレビ[2022年モデル]

好きなとこだけ読む

X80K/X80WKの違いを比較|SONYの4Kテレビ[2022年モデル]

X95K/X90K/X85K/X80K/X80WKの違いを比較

2022年6月、ソニーから2022年モデルが発売されました。

2022年モデルは、前年モデル相当に該当するシリーズも多く、分かりやすいラインナップを展開しています。

Mini LEDバックライト

最上位クラスのX95Kシリーズは他のメーカーでも上位モデルに採用されているMini LEDバックライトが備わっています。

Mini LEDバックライトとは、沢山のバックライトを搭載することで、より細かい明るさの表現が可能になります。

他にも高性能エンジン、倍速機能、低反射パネルなど快適にテレビを楽しめるように様々な工夫が施されています。

2022年6月、ソニーから2022年それでは各シリーズの違いを見てみましょう。モデルが発売されました。

X95K/X90K/X85K/X80K/X80WKの違い|SONY 4Kテレビ[2022年モデル]

X95K/X90K/X85K/X80K/X80WKの違い

2022年モデルは全5シリーズありX95K、X90Kシリーズが上位モデルに位置します。

大きく3つの違いが挙げられます。

2022年モデルの違い
  • 画質の違い
  • 音質の違い
  • サイズの違い

画質の違い

上位モデル(X95K、X90K)は高画質処理をおこなう高性能エンジン(認知特性プロセッサーXR)が搭載されています。

XRの特長は、より細やかな表現が可能で目で見たようなリアルな映像が楽しめます。

他にもバックライトを部分ごとに駆動させることで、光のにじみを抑えてメリハリのあるコントラストを表現します。

テレビ選びで重要な倍速機能も備わっているので、滑らかな映像を楽しみたい方は倍速機能は付けておきましょう。

音質の違い

音質も上位モデル(X95K、X90K)は立体的なサラウンド効果が期待できる3Dサラウンドアップスケーリングという機能が備わっています。

それにより臨場感あふれるサラウンド効果が表現され、Dolby Atmos対応で包み込まれるような音響効果が体感できます。

ちなみに最上位モデル(X95K)は最大出力60Wまで対応しています。

サイズの違い

各シリーズサイズの違いがあり、43V型〜85V型まで豊富なラインナップが取り揃えられています。

スクロールできます
シリーズX95KX90KX85KX80KX80WK
サイズ85V型
75V型
65V型
85V型
75V型
65V型
55V型
50V型
55V型
50V型
43V型
75V型
65V型
55V型
50V型

43V型
75V型
65V型
55V型
50V型

43V型

X80K/X80WKの違いを比較

X80Kシリーズ
X80WKシリーズ

2022年モデルはX80K/X80WK、基本性能が同じで型番の違うモデルが発売されています。

X80K/X80WKの違いは2つ

X80K/X80WKの違い
  • ハンズフリー音声検索の有無
  • スタンドカラーの違い
スクロールできます
型番X80KX80WK
ハンズフリー
音声検索
ありなし
スタンドカラーマットブラックシルバー

この2点だけであとは同じです。

ハンズフリー音声検索とは

直接テレビに話しかけることで操作可能です。YouTubeの検索も声で操作できます。
ちなみにX80WKでもリモコンの音声操作は可能です。価格帯はハンズフリー音声検索ができるX80Kのほうが割高です。

SONY BRAVIA共通機能[2022年モデル]

高画質機能

トリルミナスプロ
トリルミナスプロ

2022年モデルは普段視聴している映像を高画質に変換してキレイな映像を映し出します。

またトリルミナスプロが搭載されているので色鮮やかな色彩を表現します。

高音質機能

Dolby Atmos
Dolby Atmos

SONYのBRAVIAはDolby Atmos対応で立体的な音響効果が期待できます。

最近のテレビでは標準機能になりつつあり、包み込まれるようなサウンドが楽しめます。

動画配信サービス

Google TV

SONYのBRAVIAはGoogle TVに対応しています。

YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスが思う存分楽しめます。
※Google TVを利用するにはインターネット環境が必要です。

SONY BRAVIA X95Kシリーズ

スクロールできます
型番XRJ-85X95KXRJ-75X95KXRJ-65X95K
発売日2022年8月27日2022年9月10日2022年9月24日
サイズ85V型75V型65V型
参考価格
(税込)
832,323円512,039円295,949円
※価格は執筆時点での金額を入力しています。

SONY BRAVIA X90Kシリーズ

スクロールできます
型番XRJ-85X90KXRJ-75X90KXRJ-65X90KXRJ-55X90KXRJ-50X90K
発売日2022年9月24日2022年9月24日2022年8月13日2022年8月6日2022年11月19日
サイズ85V型75V型65V型55V型50V型
参考価格
(税込)
430,712円346,441円219,653円171,110円164,560円
※価格は執筆時点での金額を入力しています。

SONY BRAVIA X85Kシリーズ

スクロールできます
型番KJ-55X85KKJ-50X85KKJ-43X85K
発売日2022年9月24日2022年9月24日2022年9月10日
サイズ55V型50V型43V型
参考価格
(税込)
154,464円147,800円134,645円
※価格は執筆時点での金額を入力しています。

SONY BRAVIA X80Kシリーズ

スクロールできます
型番KJ-75X80KKJ-65X80KKJ-55X80KKJ-50X80KKJ-43X80K
発売日2022年7月9日2022年7月9日2022年9月24日2022年7月9日2022年7月9日
サイズ75V型65V型55V型50V型43V型
参考価格
(税込)
239,800円163,610円144,120円144,500円99,800円
※価格は執筆時点での金額を入力しています。

SONY BRAVIA X80WKシリーズ

スクロールできます
型番KJ-75X80WKKJ-65X80WKKJ-55X80WKKJ-50X80WKKJ-43X80WK
発売日2022年8月13日2022年8月13日2022年9月24日2022年7月9日2022年7月9日
サイズ75V型65V型55V型50V型43V型
参考価格
(税込)
307,600円160,000円136,582円119,000円104,000円
※価格は執筆時点での金額を入力しています。

SONYの4Kテレビ[2022年モデル]まとめ

X95K/X90K/X85K/X80K/X80WKの違い

今回は2022年に発売されたSONY BRAVIAの違いを比較してみました。

スペックは上位2シリーズ(X95K/X90K)が高性能なハイスペックモデルで以下3シリーズ(X85K/X80K/X80WK)はスタンダードモデルに位置します。

SONYのテレビは他のメーカーと比べても発色が良くキレイな映像をお求めの方はおすすめです。

価格帯はやや高めですが、それを補うだけのコストパフォーマンスは最高です。

ぜひSONYのBRAVIA2022年モデルをお確かめください。

>壊れにくいテレビメーカーを見る

  • 本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
  • 商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
  • 本記事は作成日、または更新日現在のものになります。
  • 更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。
  • 商品・サービスの価格は更新時点での金額を入力しています。
良かったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
好きなとこだけ読む