MENU
【エアコン以外の暖房機器】電気代を抑えた組み合わせ詳しくはこちら

コンプレッサー式とデシカントの違い【メリット・デメリット】アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機

DCE-6515
好きなとこだけ読む

アイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機の違い

コンプレッサー式 衣類乾燥除湿機 DCE-6515

アイリスオーヤマでは様々な衣類乾燥除湿機が販売されています。

その機能によって性能や価格も違います。

商品名の違い
  • コンプレッサー式 衣類乾燥除湿機
  • デシカント式 衣類乾燥除湿機

コンプレッサー式?デシカント式?

あまり馴染みのない言葉だと思いますが、アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿機はコンプレッサー式デシカント式が販売されています。

そこで今回はコンプレッサー式/デシカント式の違い、そのメリット・デメリットを記事にまとめてみました。

使用方法や季節によって使い分ける必要がありますので、ぜひ参考にご覧になってみてください。

コンプレッサー式とデシカント式の違い

それぞれの特徴を見てみましょう。

コンプレッサー式の特徴

コンプレッサー式はお部屋の湿った空気を冷やすことで発生する結露を取り除き除湿します。

特に梅雨や夏場などジメジメした季節に効果的です。

デシカント式の特徴

デシカント式はゼオライトという「乾燥剤」に空気中の水分を吸わせます。

コンプレッサー式との違いはヒーターの熱を利用して熱風を出します。

乾燥した空気を送り出しますので、洗濯物の乾きにくい冬場に効果的です。

コンプレッサー式とデシカント式の違い まとめ

それぞれ利用方法・季節によって使い分けます。

まとめ
  • コンプレッサー式:梅雨〜夏にかけて効果的
  • デシカント式 :冬場の部屋干しに効果的

では次にそれぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

コンプレッサー式のメリット・デメリット

コンプレッサー式のメリット

コンプレッサー式のメリット
  • 室温の高い季節に有効で梅雨〜夏にかけてジメジメした季節に効果を発揮します。
  • デシカント式のようにヒーターの熱を使わないので、消費電力を抑えられて電気代が安い。
  • 広い範囲で除湿可能、特に高温時の除湿機能が優れている。

コンプレッサー式のデメリット

コンプレッサー式のデメリット
  • 冬場の除湿は不向きで除湿能力が落ちる。
  • デシカント式と比べると運転音が大きい。
  • 本体にコンプレッサーが内蔵されているため製品重量が重い。

アイリスオーヤマのコンプレッサー式衣類乾燥除湿機 DCE-6515

DCE-6515
出典元:amazon.co.jp

衣類乾燥除湿機 コンプレッサー式 DCE-6515
参考価格 16,263円(税込)

DCE-6515はアイリスオーヤマで人気の衣類乾燥除湿機で強力除湿でお部屋の湿気を取り除きます

雑菌の繁殖しやすいジメジメした季節に有効で、タオルや衣類など短時間で乾燥させるのでニオイ対策にも有効です。

1時間あたりの電気代は約4.8~5.4円と経済的。

省エネ設計なのは嬉しいポイントですね。

\ コンプレッサー式衣類乾燥除湿機 /

種類衣類乾燥除湿機
型番DCE-6515
DCE-6515
参考価格16,263円(税込)
除湿方式コンプレッサー式
適応畳数7畳~16畳
消費電力50Hz:155W
60Hz:175W
電気代
※1時間あたりの電気代
50Hz:4.8円
60Hz:5.4円
サイズ横幅29.0cm
奥行19.0cm
高さ47.7cm
重さ約9.3kg
レビュー評価 4.2
通販サイト Amazon 楽天 Yahoo

デシカント式のメリット・デメリット

デシカント式のメリット

デシカント式のメリット
  • 寒い季節でも除湿機能が落ちない。
  • ヒーターの熱を利用して熱風を出すので衣類乾燥に効果を発揮します。
  • コンプレッサー式と比べるとコンパクト、軽量、運転音が静か。

デシカント式のデメリット

デシカント式のデメリット
  • 熱風を放出するため室温の上昇が大きい。(梅雨から夏場は不向き)
  • ヒーターを使用するため消費電力が大きくコンプレッサー式と比べると電気代が掛かる。
  • 機種によりますが広範囲の除湿は不向き。

アイリスオーヤマのデシカント式衣類乾燥除湿機

IJD-I50
出典元:amazon.co.jp

サーキュレーター衣類乾燥除湿機 IJD-I50
参考価格 21,987円(税込)

IJD-I50は一年中使える衣類乾燥除湿機で大ヒット商品です。

室温によって除湿機能が落ちないので春、梅雨、秋、冬など一年を通して、部屋干し、カビ対策、衣類乾燥、結論対策など様々な使い方が可能です。

サーキュレーター機能で冷房・暖房の効率もアップ

デシカント式の特徴は軽量、コンパクト設計ですので、IJD-I50は横幅28.7cm×奥行23.4cm×高さ64cmと置き場にも困りません。

\ デシカント式衣類乾燥除湿機 /

種類衣類乾燥除湿機
型番IJD-I50
IJD-I50
参考価格21,987円(税込)
除湿方式デシカント式
適応畳数6畳~13畳
消費電力590W
電気代
※1時間あたりの電気代
18.3円
サイズ横幅28.7cm
奥行23.4cm
高さ64.0cm
重さ約7.8kg
レビュー評価 4.2
通販サイト Amazon 楽天 Yahoo

まとめ コンプレッサー式・デシカント式は用途に合わせて選びましょう!

今回はアイリスオーヤマ衣類乾燥除湿機の違いやメリット・デメリットをまとめてみました。

コンプレッサー式/デシカント式それぞれ用途は違いますが、アイリスオーヤマの衣類乾燥除湿のように季節を選ばす一年中使えるモデルも販売されています。

比較的どの機種も低価格で高性能な商品が多いので梅雨が始まる前にぜひお確かめください。

また、アイリスオーヤマでは公式サイトで会員登録すると通常1年間のメーカー保証が2年に延長されます。

その他ポイント還元お得な会員特典もありますので、ぜひチェックしてみてください。

\ アイリスオーヤマ公式サイト /

スクロールできます
種類衣類乾燥除湿機衣類乾燥除湿機
型番DCE-6515
DCE-6515
IJD-I50
IJD-I50
参考価格16,263円(税込)21,987円(税込)
除湿方式コンプレッサー式デシカント式
適応畳数7畳~16畳6畳~13畳
消費電力50Hz:155W
60Hz:175W
590W
電気代
※1時間あたりの電気代
50Hz:4.8円
60Hz:5.4円
18.3円
サイズ横幅29.0cm
奥行19.0cm
高さ47.7cm
横幅28.7cm
奥行23.4cm
高さ64.0cm
重さ約9.3kg約7.8kg
レビュー評価 4.2 4.2
通販サイト Amazon 楽天 Yahoo Amazon 楽天 Yahoo

>アイリスオーヤマの除湿機 口コミや評判

  • 本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
  • 商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
  • 本記事は作成日、または更新日現在のものになります。
  • 更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。
  • 商品・サービスの価格は更新時点での金額を入力しています。
良かったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
好きなとこだけ読む