家電製品全般季節家電

トヨトミのスポットクーラーTAD-2222【口コミや評判】気になる電気代は?

家電製品全般

トヨトミのスポットクーラーTAD-2222【口コミや評判】気になる電気代は?

新型コロナウイルス以降注目されているスポット冷風機

スポットクーラーやスポットエアコンとも言われており、エアコンが設置できない場所でも使える小型のエアコンです。

テレワークや新型コロナウイルスの影響で自宅にいることが多くなり暑い夏を乗り越えるためにエアコン+スポット冷風機、エアコンが設置できないお部屋やキッチン、トイレや脱衣所などお部屋のあらゆるところで使えて口コミでも評判です。

その他にもガレージやキャンプのときに熱中症対策で使用することも可能です。

アイリスオーヤマのスポット冷風機(ポータブルクーラー)も人気で昨年はテレビで紹介されるや否や即完売するほどの大人気商品になりました。

しかし、スポット冷風機ってご存じですか?

初めて聞きました。使いやすいの?

そこで今回はスポット冷風機をご存じない方にトヨトミ スポット冷風機の口コミや評判を記事にまとめてみました。

スポット冷風機のメリット・デメリットもまとめていますので、この機会にトヨトミのスポット冷風機をお確かめください。

【口コミや評判】トヨトミのスポット冷風機

トヨトミスポット冷風機の口コミや評判を見てみましょう。

トヨトミスポット冷風機《口コミや評判
  • めちゃくちゃ便利です。転勤が多く引越しのたびにエアコンを取り外していましたがスポットクーラーは工事不要なので便利です。
  • 新型コロナウイルスで急遽テレワークになりスポット冷風機を購入しました。私の部屋はエアコンが無いので助かりました。
  • 主にキッチンで使ってます。冷風よりドライの方が除湿もできて冷えるような気がします。
  • エアコンの電気代が高いのでスポットクーラーをリビングで使いましたが、10畳ほどの部屋だとパワー不足です。5畳の部屋ならちゃんと冷えるので寝室用に使ってます。
  • エアコンが壊れてしまい急遽購入しました。6畳部屋ですがしっかり冷えます。エアコンを使うより少し電気代が安くなりました。
  • アイリスオーヤマと迷いましたが売り切れのためトヨトミ製を買いました。おやすみ運転モードやチャイルドロックが付いてるので機能面では満足です。

※旧モデルTAD-2220の口コミレビューから抜粋

トヨトミのスポット冷風機は口コミでも評判で、エアコンが設置できないお部屋やキッチンなどで活躍します。

キャスター付きですのでトイレや脱衣所などでも使えるので夏場はお部屋のあらゆるところで大活躍です。

また口コミレビューを見るとアイリスオーヤマのポータブルクーラーと比較している方も多く、トヨトミとアイリスオーヤマの違いを比べて機能面でトヨトミのスポット冷風機を選ばれる方も多いようです。

アイリスオーヤマのポータブルクーラーと比較するとトヨトミ製の方が多機能で便利な機能が満載です。
※アイリスオーヤマの2021年モデルは機能が増えました。

そんな便利なスポット冷風機ですが、メリットだけでは無くデメリットもあります。

スポット冷風機のメリット・デメリット

スポット冷風機のメリット

  • エアコンが設置できない場所も工場不要ですぐに使える。
  • キャスター付きで自由に移動できるので便利。
  • 熱のこもるガレージや夏場のキャンプ場など屋外でも使用可能。
  • おやすみ運転モードは徐々に温度を上げて切れるので急激な温度の変化を抑えて快眠できる。
  • 小さなお子さんがいてもチャイルドロック機能で安心。
  • 排気ダクトを付属の窓パネルで熱気を屋外に流せる。
  • エアコンと比べると省エネ効果があるため電気代の節約になる。
  • ノンドレインですのでスポット冷風機内部で水を蒸発させるために排水の必要はありません。

スポット冷風機のデメリット

  • 本体重量が24kgと重いので階段の登り下りは力がいる。
  • 自由に移動できますが、排気ダクトの熱風を通路に流すと通路が暑くなる。
  • スポット冷風機はエアコンと違い室内機と室外機が一体型になっているためエアコンと比較すると音が気になる方もいらっしゃるかもしれません。

スポット冷風機のメリット・デメリットまとめ

スポット冷風機はメリット・デメリットありますが、エアコンと違い気軽に使用できるのでとても便利です。

また気になる電気代も抑えられるので夏場の電気代が気になる方はおすすめの電化製品です。

では実際にスポット冷風機の電気代を見てみましょう。

トヨトミスポット冷風機TAD-2222の電気代

1時間あたりの電気代
50Hz:490W
490W×1時間÷1000×単価27円=13.23円

60Hz:600W
600W×1時間÷1000×単価27円=16.2円

※上記の電気代はあくまで概算値です。
※風量や運転モードによって電気代は前後します。

スポット冷風機はエアコンと違い一部分を冷やす電化製品ですので、比較的消費電力も低く電気代も抑えられます。

旧モデルTAD-2220と2022年モデルTAD-2222の違い

トヨトミのスポット冷風機は、

  • 2020年モデルのTAD-2220
  • 2022年モデルのTAD-2222

上記の2種類が販売されています。

違いは3つで、サイズや機能面は変わりありません。

TAD-2220とTAD-2222の違い

2022年モデルTAD-2222は新たな機能や改善された箇所があります。

  • パワフルモード搭載
  • パネルボタン配置の違い
  • 電源コードの長さの違い

パワフルモード搭載

2022年モデルTAD-2222は旧モデルになかった「パワフルモード」が加わりました。

パワフルモードは冷風効果が上がりますので暑い日もしっかり冷やします。

パネルボタン配置の違い

パワフルモードボタンとおやすみ運転モードボタンの位置が変わり、

  • TAD-2220はおやすみ運転モードボタン
  • TAD-2222はパワフルモードボタン

電源コードの長さの違い

  • TAD-2222は2.5m
  • TAD-2220は1.8m

TAD-2220とTAD-2222は電源コードの長さが変わりました。

70cmの違いですが、従来機TAD-2220の場合「ちょっと短い」こんな口コミレビューもあり改善されたと思います。

特に脱衣所やキッチンは、洗面台のコンセント、キッチン棚など高い位置にコンセントが設置されていることもあります。

電源コードが届かない、、、

なんてことも。

この場合延長コードを購入して繋げないといけないのですが、新モデルTAD-2222は2.5mと電源コードが延長されたので「電源コードが短い」ということもなくなりました。

2020年モデルと2021年モデルの違いはこちらにまとめています。

トヨトミのスポットクーラー【口コミや評判】まとめ

今回はトヨトミ スポット冷風機の口コミや評判を記事にまとめてみました。

スポット冷風機は使い勝手が良く、最新モデルはパワフルモード搭載、電源コードが延長などマイナーチェンジされました。

ただ性能や機能面はほとんど変わりありません。

この機会にトヨトミのスポット冷風機をお確かめください。

タイトルとURLをコピーしました