テレビ ・オーディオ電化製品全般

SONYワイヤレスイヤホン 口コミや評判 WF-1000XM4

テレビ ・オーディオ

SONYワイヤレスイヤホンWF-1000XM4口コミや評判

Sonyから発売されている、完全ワイヤレスイヤホンでありながらもハイレゾ音質に対応した「WF-1000XM4」について、口コミや評判をまとめました。

WF-1000XM4の特徴

おすすめ機能① Xperiaからのおすそわけ充電

WF-1000XM4は、ワイヤレス充電に対応しており、ケーブルの煩わしさから解放されるほか、Xperia 1 IIIの上に置くことによって、Xperia側から給電することができます。

外出時もイヤホンのバッテリーの心配をすることが減ります。
イヤホンとスマートフォンの両方を出しているSonyならではの機能です。

おすすめ機能② スピーク・トゥ・チャット機能

「スピークトゥチャット機能」とは、イヤホンを装着したまま会話ができる機能であり、音楽を聴いている最中に声を発するだけで音楽を一時停止し、外音を取り込んで、手による操作も必要なく会話を行えます。

おすすめ機能③ 24時間動作可能バッテリー

ノイズキャンセリング機能がONでも本体バッテリーは8時間続く大容量バッテリーです。しかも、充電ケースでは2回充電が可能で最長で24時間、バッテリーが持続します。

ノイズキャンセリング機能がOFFであれば本体が12時間、充電ケースも合わせれば最大36時間の大容量バッテリーで、外出時も安心です。

SONYワイヤレスイヤホン WF-1000XM4の口コミや評判

1000XM3からの買い替えです。音質、ノイキャンともに格段に進化してます。イヤーピースのおかげか歩行ノイズも減り、小型化、軽量化としっかり進化してます。

ノイズキャンセリングかなり優秀です。音質も非常に良い。気に入った。気に入らなかったらオークションサイトで売るつもりでしたが、これはずっと使い続けると思います‼︎

音を追求するなら、iPhoneは最適解ではありませんWALKMAN A100シリーズとの組み合わせが最強でしょうそしてAmazon music HDが気軽に聴けるようになり、真のハイレゾが手軽に味わえるようになりました。オススメです。

iPhone勢でAppleMusicの曲が綺麗になるのか気になる人多いと思うので書いときます。正直な所、iPhoneはLDACは現状対応してないので 特に恩恵は無いと思いますむしろ、それならAirPodsProを買った方が使いやすさ、接続の楽さは上回ります。Androidとか、WALKMAN持ってる人はこっちを買えばいいんじゃないですかね

WF-1000XM4の口コミや評判まとめ

評判としては、LDACコーデックに対応したことにより、完全ワイヤレスイヤホンでもハイレゾの音質で聞けることが好評でした。

ですが、一部のAndroid端末などのみに対応したコーデックであるため、iPhoneユーザーへの恩恵としては薄いといった評判も散見されました。

Androidユーザーの方でLDACに対応した端末を持っている方で、ハイレゾの音質を完全ワイヤレスイヤホンで楽しみたい方にはピッタリの製品です。

Sonyワイヤレスイヤホンの選び方

音質で選ぶ

Sonyから発売されているハイレゾ級相当以上の音質が楽しめる製品は3つほどありますが、その中でも「ハイレゾ音質」「ハイレゾ音質」に分けられます。

WF-1000XM3

「ハイレゾ級音質」に対応している完全ワイヤレスイヤホンは「WF-1000XM3」と「WF-H800」になりますが、これはCDやMP3の圧縮された音源をハイレゾ級の音質に再現をするといった、DSEE HXという技術が搭載されています。

これはスマートフォンなどの端末がDSEE HXに対応しているなどの条件が必要ないため、LDACに対応していないiPhoneのユーザーやAndroid端末のユーザーがハイレゾ級の音質を楽しみたい場合はこれらがおすすめです。

WF-1000XM4

一方「ハイレゾ音質」に対応している「WF-1000XM4」はLDACコーデックにより、完全ワイヤレスイヤホンでもハイレゾ音質を楽しめるイヤホンです。

しかしこれにはスマートフォン端末など再生機器がLDACに対応している必要があるため、真に性能を発揮できるユーザーが限られます。

LDACは現在一部のAndroidにのみ対応しているため、iPhoneユーザーや対応していない端末のAndroidユーザーはハイレゾ音質は楽しむことができません。

デザインで選ぶ

「WF-1000XM3」は「WF-1000XM4」と「WF-H800」より一回り大きく、コンパクトさでいえば、「WF-H800」に軍配が上がります。

「WF-1000XM4」は高級感と重厚感があるため、おしゃれにも支障はありません。

価格で選ぶ

発売年型番参考価格
2021年WF-1000XM433,000円
2020年WF-H80016,110円
2019年WF-1000XM320,900円

「WF-1000XM4」はソニーストアでは33,000円、「WF-1000XM3」は27,500円、「WF-H800」は18,700円となっています。

「WF-1000XM4」と「WF-1000XM3」は6,000円ほどの違いですので、使用している端末や予算と相談して決めるのが良いでしょう。

「WF-1000XM3」と「WF-H800」は9,000円ほどの違いですが、この2機種ではノイズキャンセリング機能が搭載されているかそうでないかが大きな違いとなります。

まとめ SONYワイヤレスイヤホン 口コミや評判 WF-1000XM4

Sonyの「WF-1000XM4」は完全ワイヤレスイヤホンでありながらもハイレゾ音質を再生でき、ノイズキャンセリング機能も搭載し、優れた完全ワイヤレスイヤホンです。

フルに性能を発揮するには、端末の対応条件など細かい条件はありますが、対応した端末を持っているのであれば「WF-1000XM4」でハイレゾ音質を楽しむことも良いのではないのでしょうか。

また新旧モデル、WF-1000XM4とWF-1000XM3の違いをこちらの記事でまとめています。

気になる方は参考にご覧ください。

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました