テレビ ・オーディオ電化製品全般

WF-1000XM4とWF-1000XM3の違い SONYワイヤレスイヤホン

テレビ ・オーディオ

WF-1000XM4とWF-1000XM3の違い

音質の違い

WF-1000XM4-1
WF-1000XM4

WF-1000XM4の一番の特徴は、LDACコーデックに対応したことにより、対応した一部のAndroid端末であれば、完全ワイヤレスイヤホンのWF-1000XM4であってもハイレゾ音質を楽しむことができます。

WF-1000XM3にはDSEE HXという高音質技術が搭載されており、こちらは通常の圧縮コーデックをハイレゾ級の音質に再現をする技術であり、ハイレゾ音質相当の高音質が楽しめます。

ワイヤレス充電の違い

WF-1000XM4は、充電ケースがワイヤレス充電に対応しており、別売りのワイヤレス充電器を用いることで可能となります。

さらに、Xperia1Ⅲからおすそ分け充電という事で、Xperia1Ⅲの上に充電ケースを置くことで給電が可能です。

外出時に充電がなくなっても ワイヤレス充電で安心です。

価格の違い

型番参考価格
WF-1000XM433,000円
WF-1000XM320,900円

価格はWF-1000XM4のほうが高性能な分、値段も高くなっています。

SONYワイヤレスイヤホンのおすすめポイント

ポイント1 LDACコーデック対応による音質向上

WF-1000XM4のLDACコーデックであれば、歌声のみならず、これまで聞こえなかった、あるいは気にしなかったような楽器の音も耳によく届きます。

1万円ほどの有線イヤホンでの高音質に満足していても、完全ワイヤレスイヤホンのハイレゾに慣れてしまうと、もう戻れません。

LDACの接続には「音質優先モード」と、接続状態と音質を自動で調節してくれる「自動モード」があり、ハイレゾで音楽を流すという事は、かなり多くのデータを送るので電波が混在する駅などでは、音質優先モードでは途切れてしまう可能性があります。

音質といった面でいえば「音質優先モード」には敵いませんが、自動モードでは音が途切れるストレスがなく、ハイレゾ音質を楽しむことができます。

ポイント2 専用アプリHeadphones Connect

専用アプリHeadphones Connect

先述の「音質優先モード」と「自動モード」の接続形態の設定のほか、実際に音楽を耳の中で鳴らすことで、アプリがどのイヤーピースが耳に最適なサイズなのかを診断してくれる機能など、多様な機能で快適な音楽鑑賞のサポートをしてくれます。

ノイズキャンセリング機能の効きの調整や、ONとOFFなどもこのアプリから調節できます。

イヤホンを購入したら必ず入れておきましょう。

ポイント3 フル充電からの可動時間

WF-1000XM4

ハイレゾ級音質の再生から外音取り込み機能、ノイズキャンセリング機能など、多彩な機能が搭載されているSONYのWF-1000XM4とWF-1000XM3ですが、これだけ色々な機能が小さい完全ワイヤレスイヤホンに搭載されていると、バッテリーの減りが心配になるかもしれません。

ですが、WF-1000XM3であればノイズキャンセリング機能がONで最大6時間、WF-1000XM4であれば、ノイズキャンセリング機能がONでも最大8時間の稼働時間を有しています。

さらに、使っているスマートフォンがXperia1Ⅲであれば、おすそ分け充電外出先でもさらに使用時間が伸ばすことができます。

WF-1000XM4とWF-1000XM3の違い まとめ

Sonyの完全ワイヤレスイヤホン、WF-1000XM3とWF-1000XM4を比較しました。

この2つのイヤホンの一番の違いは、再生できる音源がハイレゾ音質が再生可能であるLDACコーデックに対応しているか、していないかの違いがあります。

ハイレゾ音質を再生するためにはiPhoneではなく、Androidの端末で、LDACコーデックに対応したものでなければなりませんが、完全ワイヤレスイヤホンでハイレゾ音質を聴くことができるという特別なイヤホンです。

WF-1000XM4が33,000円程とイヤホンとしては少し高値ではありますが、完全ワイヤレスイヤホンでハイレゾ音質を体感してみたいという方や、音質には絶対にこだわりたいという方にはWF-1000XM4はお勧めできる製品です。

WF-1000XM3は、ハイレゾ音質には一歩届かないハイレゾ級音質ではありますが、「DSEE HX」の技術による、通常のMP3などの圧縮コーデックをハイレゾ級に再現した音楽を楽しむことができます。

WF-1000XM3は値段が27,500円程とこちらもイヤホンとしては高価な買い物にはなりますが、端末を選ばずにハイレゾ級音質を楽しめることや、ノイズキャンセリング機能が搭載していることに27,500円程のお金を払う価値を見出せるかが、お勧めできる一つの指標になります。

どちらの製品も、SONYが開発した最高級イヤホンであり、機能も音質もイヤホンの中で最高クラスです。

完全ワイヤレスイヤホンで最高級モデルを手に入れたい方はぜひお確かめください。

 WF-1000XM4WF-1000XM3
充電時間約1.5時間約1.5時間
電池持続時間最大8時間(NCオン)
最大12時間(NCオフ)
最大6時間(NC ON)
最大8時間(NC OFF)
電池持続時間
(通話)
最大5.5時間(NCオン)
最大6.0時間(NCオフ)
最大4時間(NC ON)
最大4.5時間(NC OFF)
対応コーデックSBC, AAC, LDACSBC, AAC

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました