MENU
【エアコン以外の暖房機器】電気代を抑えた組み合わせ詳しくはこちら

ソニーのテレビ ブラビアは最悪?口コミや評判を調査【2022年・2023年モデル】

ソニーのテレビ ブラビアは最悪?口コミや評判
KJ-43X80L
出典元:amazon.co.jp

本記事ではソニーのテレビの口コミや評判をまとめています。

2023年4月ソニーの液晶テレビBRAVIA(ブラビア)2023年モデルが発表されました。

昨年に続き2023年モデルも高性能で豊富なラインナップからテレビが選べます。

そこで今回はソニーのテレビ ブラビアの口コミや評判をまとめています。
※スタンダードモデルKJ-43X80WKから抜粋しています。

ぜひソニーのテレビ選びの参考にしてみてください。

BRAVIA(ブラビア)の4K液晶テレビ 2023年モデル

好きなとこだけ読む

ソニーのテレビBRAVIAの特徴

ソニーのテレビBRAVIAの特徴は大きく2つ

BRAVIAの特徴
  • 認知特性プロセッサー「XR」
  • 動画コンテンツが楽しめるBRAVIA CORE

BRAVIA XRとは

人の脳のように、
映像を認識するテレビ

究極の没入体験を実現するために、認知特性プロセッサー「XR」は開発されました。人がどのように世界を見ているのか、どのように音を聴いているのか - これら、人の認知特性をプロセッサーに取り入れることで、これまでにない没入体験をあなたにもたらします。

ソニー公式サイトより抜粋

BRAVIA XRは人工的な色彩表現ではなく目で見た自然な色彩を表現することが可能です。

それにより違和感なく映像に没頭できるという特徴があります。

また人が注視するポイントを見つけて、その部分を際立たせて映像を映し出せます。

音質に関しても立体的な音を作り出し映像から音が出ているようなサウンドを表現します。

BRAVIA COREとは

対象のテレビを購入するとソニー・ピクチャーズの映画作品が見放題になります。

対象モデルは以下の通りです。

2023年モデル

A95K、A80L、A90K、X95L、X90L、X90K、X95J、X90Jシリーズ
アカウント登録から24ヶ月見放題
X85L、X80Lシリーズ
※アカウント登録から12ヶ月見放題

普段から動画コンテンツを利用している人にはおすすめの購入特典です。
※エントリーモデルX75WLシリーズにはブラビア購入特典はありません。

2022年モデル・2023年モデル 4K液晶テレビの性能

以下ハイスペックモデル、スタンダードモデルの5シリーズを紹介しています。

ハイスペックモデル X95K・X95Lシリーズ

XRJ-65X95L
出典元:amazon.co.jp

最上位クラスのX95Lシリーズは画質・音質ともに最高級で、なめらかに映像を映し出す倍速機能や高音域から低音域まで表現する高性能スピーカーを6つ搭載しています。

高画質・高音質で大画面テレビをお探しの方にはぴったりな液晶テレビです。

スクロールできます
シリーズ2022年モデル
ハイスペックモデル
X95Kシリーズ
2023年モデル
ハイスペックモデル
X95Lシリーズ
型番XRJ-65X95K
XRJ-65X95K
XRJ-65X95L
XRJ-65X95L
取り扱いサイズ85V
75V
65V
85V
75V
65V
発売日2022年9月24日2023年5月20日
参考価格286,500円(税込)347,779円(税込)
画質
認知特性プロセッサー「XR」

XR 4K アップスケーリング
低反射
HDR対応
倍速機能
倍速駆動パネル

倍速駆動パネル
音質
スピーカー

フルレンジ x 2
トゥイーター x 2
サブウーファー x 2

フルレンジ x 2
トゥイーター x 2
サブウーファー x 2
スピーカー数66
Dolby Atmos対応
Google TV
無線LAN機能

ハイスペックモデル X90K・X90Lシリーズ

XRJ-65X90L
出典元:amazon.co.jp

ハイスペックモデルのX90Lシリーズは認知特性プロセッサー「XR」搭載で目で見たような自然な色彩を表現します。

また倍速機能搭載で映像のカクつきを抑えてなめらかに映し出します。

スクロールできます
シリーズ2022年モデル
ハイスペックモデル
X90Kシリーズ
2023年モデル
ハイスペックモデル
X90Lシリーズ
型番XRJ-50X90K
XRJ-50X90K
XRJ-65X90L
XRJ-65X90L
取り扱いサイズ85V
75V
65V
55V
50V
85V
75V
65V
発売日2022年11月19日2023年5月20日
参考価格164,158円(税込)235,679円(税込)
画質
認知特性プロセッサー「XR」

認知特性プロセッサー「XR」
低反射
HDR対応
倍速機能
倍速駆動パネル

倍速駆動パネル
音質
スピーカー

フルレンジ x 2
トゥイーター x 2

フルレンジ x 2
トゥイーター x 2
スピーカー数44
Dolby Atmos対応
Google TV
無線LAN機能

スタンダードモデル X85K・X85Lシリーズ

KJ-55X85L
出典元:rakuten.co.jp

スタンダードモデルのX85Lシリーズは高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載。

奥行きのあるキレイな映像を映し出し、バランスの取れたシリーズです。

スクロールできます
シリーズ2022年モデル
スタンダードモデル
X85Kシリーズ
2023年モデル
スタンダードモデル
X85Lシリーズ
型番KJ-43X85K
KJ-43X85K
KJ-55X85L
KJ-43X80L
取り扱いサイズ55V
50V
43V
65V
55V
発売日2022年9月10日2023年6月10日
参考価格134,000円(税込)192,157円(税込)
画質
高画質プロセッサー「HDR X1」

高画質プロセッサー「HDR X1」
低反射
HDR対応
倍速機能
倍速駆動パネル

倍速駆動パネル
音質
スピーカー

フルレンジ x 2

フルレンジ x 2
スピーカー数22
Dolby Atmos対応
Google TV
無線LAN機能

スタンダードモデル X80K・X80Lシリーズ

KJ-43X80L
出典元:amazon.co.jp

スタンダードモデルのX80Lシリーズはお部屋の広さに合わせて豊富なサイズから選べます。

こちらのモデルも高画質プロセッサー「HDR X1」搭載で奥行きのあるキレイな映像を映し出します。

動画コンテンツもGoogle TV搭載でYou TubeやAmazonプライム・ビデオなどお好きな動画配信サービスが利用可能です。

スクロールできます
シリーズ2022年モデル
スタンダードモデル
X80Kシリーズ
2023年モデル
スタンダードモデル
X80Lシリーズ
型番KJ-43X80K
KJ-43X80K
KJ-43X80L
KJ-43X80L
取り扱いサイズ75V
65V
55V
50V
43V
85V
75V
65V
55V
50V
43V
発売日2022年7月9日2023年4月22日
参考価格113,685円(税込)103,136円(税込)
画質
高画質プロセッサー「HDR X1」

高画質プロセッサー「HDR X1」
低反射
HDR対応
倍速機能
音質
スピーカー

フルレンジ x 2

フルレンジ x 2
スピーカー数22
Dolby Atmos対応
Google TV
無線LAN機能

スタンダードモデル X75WLシリーズ

KJ-43X75WL
出典元:rakuten.co.jp

価格を抑えたスタンダードモデル X75WLシリーズはバランスの取れたシリーズで、高画質プロセッサー「X1」を搭載しています。

無線LAN機能搭載でお好きな動画配信サービスが利用できます。

シリーズ2023年モデル
スタンダードモデル
X75WLシリーズ
型番KJ-43X75WL
KJ-43X75WL
取り扱いサイズ75V
65V
55V
50V
43V
発売日2023年7月15日
参考価格126,500円(税込)
画質
高画質プロセッサー「X1」
低反射
HDR対応
倍速機能
音質
スピーカー

フルレンジ x 2
スピーカー数2
Dolby Atmos対応
Google TV
無線LAN機能

ソニーのテレビ ブラビアは最悪?口コミや評判を調査

ソニーの液晶テレビはハイスペックモデルに関しては文句なしの高評価ですが、スタンダードモデルに関しては評価が分かれます。

では2022年のスタンダードモデルのKJ-43X80WKを例に挙げて口コミや評判を見てみたいと思います。

シリーズ2022年モデル
スタンダードモデル
X80WKシリーズ
型番KJ-43X80WK
取り扱いサイズ43V
発売日2022年7月9日
参考価格85,000円(税込)
画質
高画質プロセッサー「HDR X1」
低反射
HDR対応
倍速機能
音質
スピーカー

フルレンジ x 2
スピーカー数2
Dolby Atmos対応
Google TV
無線LAN機能
レビュー評価 4.3

2022年モデルを購入
5.0
アマプラ、ディズニープラスを契約してるので、全て内蔵されていて有り難いです。YouTubeも大画面で見られるのでずっと見てます。初期設定も難しいこと特になくスムーズに開通できました。

Amazonより抜粋

2022年モデルを購入
5.0
十五年ぶりにテレビを購入。
今まで使っていた40型ブラビアが故障したのでまたブラビアを購入。
最近のテレビは地上波に限らず
サブスクまで見られるんですね、
映像の綺麗さには驚きました。
前に使っていたブラビアでも綺麗だと思っていたのですが、今回のブラビアの映像を見てしまうと年代を感じてしまいました。
映像の繊細さが段違いです。
これじゃ前のテレビには戻れません。(省略)

Amazonより抜粋

2022年モデルを購入
5.0

画質がよく見易い。
リモコンの電源ボタンではなくても目的のボタンを押せば電源が入るのは便利で使い易い。

Amazonより抜粋

口コミを一部抜粋してみましたがソニーの液晶テレビは他のメーカーと比べても発色がよくキレイな映像を映し出します。

また長年テレビを買い替えていない人からすると映像のキレイさには驚かれると思います。

他にも最近のテレビでは標準装備されている動画コンテンツもGoogle TV搭載なのでYouTubeやAmazonプライム・ビデオなど豊富な動画配信サービスが利用できます。

テレビの国内シェア 2022年版
メーカー別販売数シェア BCN Ranking

ソニーの国内の販売シェアはTVS REGZA、シャープに次ぐ3番目に位置づけています。

ハイセンスやTCLなどの海外メーカーも人気ですがソニーのテレビは高品質で人気が高く口コミでも評判です。

ではKJ-43X80WKの悪い口コミも見てみましょう。

悪い口コミレビュー

2022年モデルを購入
3.0

スピーカーが下側についているが、やはり前面の方が良いのではないか。調節が悪いのかも知れませんが、クリアな音になりません。

Amazonより抜粋

2022年モデルを購入
1.0

画質が悪すぎ!以前はレグザを見ていたが画質の綺麗さでは天地の差がある。画面の流れが不自然で目が疲れる、画質を重視される方は、ソニー製品は一考した方がよいと思います

Amazonより抜粋

KJ-43X80WKはX-Balanced Speakerというスピーカーを採用しておりクリアな音が楽しめます。

ただ、上位モデルのテレビと比べて高音域や低音域の表現は少し物足りなさを感じるかもしれません。

音はお部屋の広さや家具の位置によっても変化するので、もう少し臨場感が欲しいときはサウンドバーやホームシアタースピーカーの購入を検討しましょう。

またKJ-43X80WKは最近のテレビに搭載されていることが多いドルビーアトモスに対応しています。

ドルビーアトモスは前後左右の音に加えて高さを表現することで立体的なサラウンド効果が期待できます。

ただし、ドルビーアトモスはあくまでバーチャル的なサラウンド効果を表現するものなので、本格的なサラウンド効果を求める場合はホームシアタースピーカーを検討してみてください。

まとめ バランスの取れた液晶テレビをお探しの方はソニーのBRAVIAがおすすめ!

今回はソニーの液晶テレビBRAVIA(ブラビア)の口コミや評判をまとめてみました。

ソニーのテレビは最悪ということはなくバランスの取れた製品を扱っています。

ソニーと言えば昔は「ソニータイマー」といわれ保証期間が切れるタイミングで故障してしまうなどの噂もありましたが、ソニーは昔から技術力の高さはトップクラスです。

液晶テレビも年々進化し、お部屋の環境や好みに合わせて豊富なラインナップから最適なテレビが選べます。

昨年に続き2023年モデルも素晴らしいテレビに仕上がりました。

この機会にぜひソニーの最新テレビをお確かめください。

BRAVIA(ブラビア)の4K液晶テレビ 2022年モデル

BRAVIA(ブラビア)の4K液晶テレビ 2023年モデル

>壊れにくいテレビメーカーを見る

  • 本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
  • 商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
  • 本記事は作成日、または更新日現在のものになります。
  • 更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。
  • 商品・サービスの価格は更新時点での金額を入力しています。
良かったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
好きなとこだけ読む