《2021年最新版》光脱毛器 口コミ評判ランキング

【RNS-P10-WとRNS-300の違い】アイリスオーヤマのリンサークリーナー

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-W【口コミや評判】RSN-300の違いは?くらしのお役立ちアイテム

新発売アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-Wについて

リンサークリーナーRNS-P10-W

アイリスオーヤマのリンサークリーナーがパワーアップして新登場しました。

リンサークリーナーとはソファやカーペットに水を吹きかけて吸い取る布製品専用の掃除機です。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは口コミでも評判で、汚れてしまった布製品やペットを飼っているご家庭など普段洗うことのできないソファやカーペットをキレイに洗うことができます。

リンサークリーナーRNS-P10-W

そんな口コミでも評判のアイリスオーヤマのリンサークリーナーですが、この度パワーアップして新登場しました。

そこで今回はアイリスオーヤマリンサークリーナーの口コミや評判、新モデルRNS-P10-Wと旧モデルRNS-300の違いについて記事をまとめてみました。

《新モデル リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト》

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-W【口コミや評判】RSN-300の違いは?
リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト

送料無料
リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト
公式参考価格:¥16,280(税抜¥14,800)

【RNS-P10-WとRNS-300の違い】アイリスオーヤマのリンサークリーナー

新モデルRNS-P10-W/旧モデルRNS-300
新モデルRNS-P10-W/旧モデルRNS-300

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは、新モデルRNS-P10-W旧モデルRNS-300の2種類です。

RNS-P10-WとRNS-300の違いは大きく4つ。

RNS-P10-WとRNS-300の違い
  • 水の噴射方法の違い
  • クリーナーヘッドの違い
  • 清水タンクと回収タンクの違い
  • 駆動音の違い

それでは順番に見てみましょう。

RNS-P10-WとRNS-300の違い

RNS-P10-WとRNS-300の違い
RNS-P10-WとRNS-300の違い

水の噴射方法の違い

RNS-P10-WとRNS-300の違いは噴射方法が変わりました。

旧モデルRNS-300

RNS-300

RNS-300の噴射方法はハンドルに付いているレバーを握り、洗浄箇所に吹きかける仕様になります。

毎回レバーを操作して洗浄箇所に吹きかけないといけないので、広範囲になると疲れるという欠点がありました。

新モデルRNS-P10-W

RNS-P10-W

RNS-P10-Wは旧モデルRNS-300の欠点でもあったハンドルレバーが改良されました。

RNS-P10-Wはハンドルを握ると自動で散水できるので広範囲の洗浄も疲れることなく使用可能になりました。

・RNS-P10-W:自動で散水
・RNS-300:手動で散水

ちょっとした違いですが、自動散水になったことで利便性が向上しました。

クリーナーヘッドの違い

旧モデルRNS-300

RNS-300はクリーナーヘッドが1種類のみでした。

1種類でもヘッド自体はコンパクトですので、そこまで使い勝手が悪いわけではありません。

しかし、角などの細かいところは届きにくく、吸い取りきれずにドライヤーで乾かさないといけないデメリットもありました。

新モデルRNS-P10-W

RNS-P10-Wは従来のブラシ付きヘッドに加えてT型ヘッドが付属します。

T型ヘッドはソファや車のシートの角までクリーナーヘッドが届くので、今まで洗浄しきれなかった細かい洗浄が可能になりました。

せっかくなら隅っこまで完璧に洗いたいですよね。

清水タンクと回収タンクの違い

RNS-P10-WとRNS-300の違いで1番のおすすめポイントは清水タンクと回収タンクの容量が変わりました。

旧モデルRNS-300

  • 回収タンク0.5L
  • 清水タンク0.3L

RNS-300の場合、清水タンクの容量が0.3Lと少なく広範囲や頑固な汚れの場合、水を入れ直さないといけないという欠点がありました。

またRNS-300の回収タンクはドレインキャップを外して排水をします。

そして回収タンクの中を洗う際はタンクに水を入れて振りながら洗わないといけない仕様になっています。

ですので、タンク内に汚れが残ってしまうという欠点がありました。

新モデルRNS-P10-W

  • 清水タンク約1.1L
  • 回収タンク約0.4L

RNS-P10-Wは清水タンクの容量が約1.1Lまで入るようになりました。

ですので、広範囲の洗浄も一度で済むので給水する手間が減りました。

それからRNS-P10-Wは清水タンクと回収タンクを本体に取り付けられるように改良されました。

それぞれタンクを外せて回収タンクは給水、洗浄がしやすく改良されて、回収タンクの開口部は14cm×7cmと広くなったので水も捨てやすくなりました。

タンク内の洗浄も手を入れてしっかり洗えるようになりました。

駆動音の違い

新モデルRNS-P10-Wは旧モデルRNS-300と比べると駆動音が10dB静かになりました。

10dBってどのくらいの違いなの?

掃除機の音がだいたい60dB~76dBほどですので、10dBの差は実際にはあまり分からないと思います。
※暗騒音工法研究会によると10dBは「蝶の羽ばたき」くらいの音量です。

RNS-P10-WとRNS-300おすすめはどっち?

新モデルRNS-P10-Wのほうが旧モデルRNS-300の欠点を補って改良されているので性能自体は新モデルRNS-P10-Wがおすすめです。

しかし、価格に関しては

  • 新モデルRNS-P10-W:¥16,280(税抜¥14,800)
  • 旧モデルRNS-300:¥11,880(税抜¥10,800)

¥4,400の違いがあります。

ですので、

  • 最新モデルが良い方はRNS-P10-W
  • 旧モデルでも安いほうが良い方はRNS-300

使用用途や予算に合わせて選びましょう。

【関連記事】
アイリスオーヤマのリンサークリーナー旧モデルRNS-300【口コミや評判】

《旧モデル リンサークリーナー RNS-300》

リンサークリーナー RNS-300
リンサークリーナー RNS-300

延長保証 送料無料
リンサークリーナー RNS-300
公式参考価格:¥11,880(税抜¥10,800)

【口コミや評判】アイリスオーヤマのリンサークリーナー

アイリスオーヤマリンサークリーナーの口コミや評判

リンサークリーナーの口コミや評判
  • RNS-P10-WとRNS-300迷いましたが、自動で水を撒いてくれる新モデルのRNS-P10-Wにしました。主にキャットタワーや車のシートで使いましたが、タンクが真っ黒になり驚きました。今後はこまめに使おうと思います。
  • 興味本位で買ってみました。ソファや車のシートの汚れが気になり使いましたが、みるみる汚れが落ちました。
  • 水を吹きかけるので生乾きのニオイやカビが心配でしたがすぐに乾いたので安心しました。
  • ペットを飼っているのでソファやカーペットの汚れが気になり購入しました。タンクの水が真っ黒になり汚れが落ちて良かったです。
  • ペットが粗相した部分に使ってます。汚れもニオイも取れて満足です。

口コミや評判まとめ

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは口コミでも評判で今まで洗うことのできなかったソファや車のシート、ペット用品など汚れの気になる布製品で大活躍です。

口コミレビューを見ていると水を吹きかけるので心配という方も吸い込み口からしっかり吸い取るので安心してお使いいただけます。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは消費電力310Wですので掃除機と比べるとパワーは弱いのですが、吸い込み口が狭いので消費電力が弱くてもしっかり吸い取ってくれます。
※掃除機の消費電力は紙パック式は約1000W〜、サイクロン式は約800W〜。

次にリンサークリーナーRNS-P10-Wの電気代を見てみましょう。

《新モデル リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト》

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-W【口コミや評判】RSN-300の違いは?
リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト

送料無料
リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト
公式参考価格:¥16,280(税抜¥14,800)

【気になる電気代は?】アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-W

消費電力310Wですので、1時間あたり8.37円と経済的。

おそらく1時間も使用しないと思いますので、30分使用しても約4円と省エネ設計になっています。
※旧モデルRNS-300の消費電力は330W

電気代の計算式
消費電力(W)×時間(h)÷1000×27(円)
※全国家庭電気製品公正取引協議会で定めた1kWhあたり単価27円で計算。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは電気代が安いので、こまめに使っても電気代の心配はありませんね。

まとめ アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-W【口コミや評判】RNS-300の違いは?

リンサークリーナーRNS-P10-W 付属品

今回は口コミでも評判アイリスオーヤマのリンサークリーナーについて記事をまとめてみました。

アイリスオーヤマのリンサークリーナーは旧モデルRNS-300からとても人気で今回バージョンアップして登場しました。

リンサークリーナーは普段洗えないソファやカーペット、車のシートやペット用品など様々な箇所で活躍します。

温水洗浄も可能

またアイリスオーヤマのリンサークリーナーは温水洗浄も可能です。

スチームクリーナーと組み合わせると汚れだけではなく除菌もできてさらにすっきりキレイにお掃除できます。

【関連記事】
アイリスオーヤマ【スチームクリーナーの口コミや評判】洗浄力や除菌力は?

この機会にアイリスオーヤマのリンサークリーナーをお確かめください。

《新モデル リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト》

アイリスオーヤマのリンサークリーナーRNS-P10-W【口コミや評判】RSN-300の違いは?
リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト

送料無料
リンサークリーナー RNS-P10-W ホワイト
公式参考価格:¥16,280(税抜¥14,800)

《旧モデル リンサークリーナー RNS-300》

リンサークリーナー RNS-300
リンサークリーナー RNS-300

延長保証 送料無料
リンサークリーナー RNS-300
公式参考価格:¥11,880(税抜¥10,800)

【関連記事】
【2021最新版】アイリスオーヤマの掃除機「人気ランキング ベスト5」

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました