まとめ・ランキングテレビ4Kテレビ

買って後悔しない4Kテレビの選び方!おすすめメーカーは?

まとめ・ランキング

買って後悔しない4Kテレビの選び方!おすすめメーカーは?

メーカーSHARP
ブランドAQUOS
型番4T-C50AJ1
サイズ50V型
発売日2018年03月24日
購入価格76,389円(税込)

こちらは2018年製のSHARPの4Kテレビ4T-C50AJ1です。
購入して4年目になりますが、まだまだ現役で頑張っています。

お洒落なテレビスタンドです。

斜めから見ても映り込みは少ないです。(低反射パネル採用)

ダイナミックモードはかなりキレイに映ります。

倍速120スピード搭載で映像のブレを抑えて滑らかに映し出します。

オンキョー製のスピーカー

前面にONKYO製のスピーカーを搭載しているので音声が聞き取りやすいです。

Android TV搭載

Android TV搭載で好きな動画配信サービスが利用できます。

このように2018年製のテレビでも十分にキレイに映ります。

現行モデルも低反射パネル倍速モードが搭載されています。

2021年モデル 4T-C50DN2

4T-C43DN2
メーカーSHARP
ブランド名AQUOS
型番4T-C43DN2
サイズ43V型
発売日2021年 5月29日
参考価格96,767円(税込)
特長低反射パネル
倍速モード
2.1chスピーカー
Android TV

2022年モデル 4T-C50EN2

4T-C43EN2
メーカーSHARP
ブランド名AQUOS
型番4T-C43EN2
サイズ43V型
発売日2022年7月9日
参考価格124,000円(税込)
特長低反射パネル
倍速モード
2.1chスピーカー
Android TV

最近は様々なメーカーからさらに高性能な4Kテレビが発売されています。

でもどんなテレビが買って後悔しないのかわかりませんよね。

  • どのメーカーにすれば良いのか?
  • どのくらいのサイズが最適なのか?
  • どんな機能があるのか?

そこで今回は買って後悔しない4Kテレビの選び方をまとめてみました。
テレビ選びで迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

買って後悔しない4Kテレビ|メーカー選び

買って後悔しない4Kテレビ|メーカー選び

買って後悔しないためにはメーカー選びはとても重要です。

  • 画質が荒い・あまり良くない。
  • 動画配信サービスが利用できない。
  • せっかく購入したのにすぐ壊れてしまった。

こんなことが無いように以下のメーカーは押さえておきましょう!

おすすめメーカー一覧
  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • SHARP(シャープ)
  • TOSHIBA(東芝)
  • LG(エルジー)
  • Hisense(ハイセンス)

やはり国内メーカーは高品質で耐久性も高く買って後悔したくない方には最適だと思います。
またLGやハイセンスなどの海外メーカーも品質は高いので、値段を抑えたい場合はおすすめです。

買って後悔しない4Kテレビ|サイズ選び

大きなテレビを購入したけど大き過ぎて部屋が圧迫される、目が疲れてしまう。こんなことがないようにサイズ選びも重要です。

テレビの視聴距離|50V型の場合
テレビの視聴距離|50V型の場合

一般的にテレビのサイズは画面の高さ×約1.5倍の視聴距離があれば最適とされています。
例えば高さが70cm(50V型テレビ)の場合、1m前後の視聴距離があれば問題ありません。

そんなに近くで見て大丈夫なの?

疑問に思われるかもしれませんが、ハイビジョンテレビと比べて4Kテレビは画質が細かくなっています。
そのため、近くで見ても疲れにくくキレイな映像が楽しめます。

買って後悔しないためにもサイズ選びは重要です。

買って後悔しない4Kテレビ|必要な機能

先程紹介したおすすめメーカーであればある程度必要な機能は備わっています。

画質補正

古いドラマや映画など画面が大きいと「画質が荒い」と感じることもあります。
最近のテレビは画質補正機能が備わっています。

シーンごとに最適な画質補正をしてくれるので快適にテレビが楽しめます。

倍速モード

映像のブレを抑えて滑らかに映し出す技術です。
例えば早い動きのシーンやスポーツなど倍速モードがあれば違和感なくキレイに映し出せます。

動画配信サービス

YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画コンテンツは多くのユーザーが利用しています。
もちろん動画配信サービスを見ない方もいらっしゃるかもしれませんが、標準装備されている機種も多いので、自宅にインターネット・Wi-Fi環境があるようでしたら動画コンテンツも楽しんでみてください。

裏番組録画機能
テレビを見ながら裏番組を録画できる機能です。
裏番組録画機能はハイビジョンテレビでも標準装備されている機種がほとんどですので、4Kテレビでは特に気にしなくても大丈夫だと思います。

外付けHDD対応
裏番組録画機能と同じく標準装備されている機能です。
今回ご紹介したメーカーであればどの4Kテレビでも備わっています。

買ってはいけないテレビの注意点はこちらの記事でもまとめています。

このように4Kテレビはメーカー・サイズ・必須機能この3点を押さえておけば、買って後悔することはないと思います。

ぜひお好きな4Kテレビを選んでみてください。

買って後悔しないおすすめテレビ

SONY BRAVIA KJ-43X80J

出典元:https://rakuten.co.jp/
メーカーSONY
型番KJ-43X80J
サイズ43V型
発売日2021年5月22日
参考価格124,012円
型番KJ-43X80K
サイズ43V型
発売日2022年7月9日
参考価格115,000円(税込)

Panasonic VIERA TH-50JX750

Panasonic VIERA TH-40JX750
出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーPanasonic
型番TH-40JX750
サイズ40V型
発売日2021年6月18日
参考価格70,404円
※JX750シリーズは43V型の取り扱いはありません。
型番TH-43LX800
サイズ43V型
発売日2022年7月8日
参考価格97,764円(税込)
ヤマダ電機 楽天市場店
¥129,800 (2022/09/24 01:08時点 | 楽天市場調べ)

REGZA 50Z570K

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーTOSHIBA
型番43Z570K
サイズ43V型
発売日2021年10月22日
参考価格97,800円
型番43Z570L
サイズ43V型
発売日2022年7月1日
参考価格113,000円(税込)

LG(エルジー)50NANO75JPA

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーLG
型番43NANO75JPA
サイズ43V型
発売日2021年5月31日
参考価格54,800円
型番43UQ8000PJC
サイズ43V型
発売日2022年5月25日
参考価格64,800円(税込)

Hisense(ハイセンス)50U7FG

出典元:https://www.amazon.co.jp/
メーカーHisense
型番43U7FG
サイズ43V型
発売日2021年11月上旬
参考価格54,800円
型番43A6H
サイズ43V型
発売日2022年7月29日
参考価格63,455円(税込)

買って後悔しない4Kテレビ|まとめ

買って後悔しない4Kテレビ|まとめ

今回は買って後悔しない4Kテレビについてまとめてみました。

記事のまとめ。

おすすめメーカー

  • SONY(ソニー)
  • Panasonic(パナソニック)
  • SHARP(シャープ)
  • TOSHIBA(東芝)
  • LG(エルジー)
  • Hisense(ハイセンス)

サイズ選び

テレビの視聴距離|50V型の場合
テレビの視聴距離|50V型の場合

画面高さ×約1.5倍の視聴距離があれば問題ありません。

必要な機能

  • 画質補正
  • 倍速モード
  • 動画配信サービス
  • 裏番組録画機能
  • 外付けHDD対応

ぜひ気に入った1台を探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました