【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリット

ORION(オリオン)のテレビ【口コミや評判は?】性能は良いの?

液晶テレビ

【口コミでも評判】ORION(オリオン)のテレビについて

今回は、格安テレビORION(オリオン)の口コミや評判など記事にまとめてみました。

ORION(オリオン)をご存じない方も多いかもしれませんが、ORION(オリオン)の歴史は古く30年ほど前の格安ブラウン管テレビといえば、aiwa(アイワ)、SAMSUNG(サムスン)、ORION(オリオン)FUNAI(フナイ)が人気でした。

※その他ビデオデッキの販売も行っていました。

オリオン株式会社について

オリオン株式会社は、福井県越前市に本社を構える電気製品の設計や販売を行う企業です。

主にOEM製品を扱っており、自社で製造を行うのではなく有名メーカーの技術を活用して商品の製造を行い自社製品として販売しています。

2018年からは一部上場企業の株式会社ドウシシャの子会社としてテレビの販売を行なっています。

格安テレビで有名なアイリスオーヤマもOEM製品ですので安いのです。

それではORION(オリオン)テレビの口コミや評判を見てみましょう。

【関連記事】
【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4K対応液晶テレビはどれ?

ORION(オリオン)テレビの口コミや評判

ORION(オリオン)のテレビは、口コミでも評判で大画面テレビを低価格で購入したい方にはぴったりな液晶テレビになっています。

しかし、格安テレビならではの気になる点もありますので合わせて見てみましょう。

【口コミや評判】ORION(オリオン)のテレビ
  • 初めての4Kテレビでしたが、とてもキレイに映り満足です。
  • 色んな格安テレビがあるので迷いましたが、ブルーライトが軽減できるのでオリオンにしました。
  • あまり聞いたことないメーカーなので不安でしたが満足です。
  • YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスを希望される方は専用キャストの購入が必要です。
  • 画質に関しては問題ありませんが、横から見ると見にくいので正面からの視聴をおすすめします。
  • 以前はLGのテレビを使っていましたが画質調整が難しく大変でしたが、オリオンのテレビは簡単に設定できるので気に入っています。
  • 音はイマイチなので別途スピーカーを購入しました。

ORION(オリオン)のテレビは、40V型以上のモデルは4Kチューナー内蔵ですので、別途4Kチューナーを取り付ける必要はありません。

テレビを設置するだけですぐにキレイな映像が見れるのでおすすめです。

その反面、スピーカーは普通ですので、より臨場感あふれるサウンドをお求めの方はスピーカーの購入をおすすめします。

(おすすめは、2.1ch、5.1chなどのサブウーファー付き。)

また、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスを視聴する場合は、ChromecastやFire TV Stickなどの専用キャストの購入が必要になります。

テレビで動画配信サービスを希望される方は、専用キャストの購入もお忘れなく。

次にORION(オリオン)テレビの性能を見てみましょう。

※Amazonは、Chromecast with Google TVの取扱なし

ORION(オリオン)テレビの性能

【4Kチューナー内蔵】ORION(オリオン)テレビの性能

ORION(オリオン)のテレビは4Kチューナーが内蔵されています。

ですので、設置したその日から高画質な映像を楽しめます。

ORION(オリオン)テレビのメインボードは、国内でオリジナル開発された映像エンジンを搭載。
それにより日本独自の放送品質に合わせた映像美を実現しました。

【HDR対応】ORION(オリオン)テレビの性能

ORION(オリオン)のテレビは、HDR(High DynamicRange)対応で、鮮やかでキレイな映像を映し出します。

HDR対応とは、映像の「輝度」の範囲を拡大する技術のことです。

たとえば暗いシーンで「見にくい。」という経験はありませんか?

ORION(オリオン)のテレビならHDR対応ですので、鮮やかな色彩と立体感のある映像を楽しめます。

【4K美・彩・細エンジン】ORION(オリオン)テレビの性能

表現したい映像を忠実に再現するように設計された4K美・彩・細エンジン。

細部に渡るまでリアルに表現します。

美 Contrast Remaster
リアルタイムに映像を分析して、シーンに合わせて美しい映像に調整します。

彩 Vivid Chroma Adjuster
色彩の補正機能で、特定の色に対して適正な補正を行います。

それにより、空の色は鮮やかに、肌の色は自然に表現されます。

細 4K High-Detail Converter
ORION(オリオン)独自の映像解析技術で、映像のノイズ除去を行います。

デジタル画像をより滑らかにスムーズに映像処理してもらえますので滑らかな映像が楽しめます。

【直下型LEDバックライト】ORION(オリオン)テレビの性能

LEDランプをパネル全体に配置することで、ムラのない鮮やかな映像を映し出します。

【ブルーライトカット】ORION(オリオン)テレビの性能

長時間テレビを見ていてもブルーライトガード機能を搭載しているので、目の負担を軽減してくれます。

リモコンボタン1つでブルーライト(可視域青色光)を軽減できます。

【Wチューナー搭載】ORION(オリオン)テレビの性能

ORION(オリオン)のテレビは、全モデルWチューナー搭載で見たい番組が重なっても録画可能です。

映画やドラマ、スポーツやバラエティなど気になる番組を見逃しません。

※番組を録画する際は外付けHDDが必要です。

【HDMI端子】ORION(オリオン)テレビの性能

モデルごとにHDMI端子に数は違います。

19V型、24V型、32V型はHDMI端子は2つ
40V型、50V型、55V型、65V型はHDMI端子は4つ

HDMI端子は外付けHDDに接続したり、YouTubeやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスを利用する際の専用キャストに接続したり外部端子に接続する際に使用します。

その他、ゲームなどにも使用します。

【関連記事】
【口コミや評判】TCLの液晶テレビは大丈夫なの?生産国やその性能は?

ORION(オリオン)のテレビ 全ラインナップ

ORION(オリオン)のテレビは、ハイビジョン液晶テレビ、フルハイビジョン液晶テレビ、4Kチューナー内蔵テレビと大きく3種類になります。

テレビのサイズは19V型〜65V型まで幅広くお部屋の広さやご希望に合わせてお選びいただけます。
どのモデルもWチューナー機能、ブルーライトカット機能を搭載しています。

YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスも専用キャストを取り付けるとすぐにご利用いただけます。

ハイビジョン/フルハイビジョン液晶テレビ

型番 OL40WD200 OL32WD100 OL24WD100 OL19WD100
画面サイズ 40V型 32V型 24V型 19V型
画素数 1920 ×1080(FHD) 1366 ×768(HD)
音声出力
(スピーカー)
スピーカー×2(フルレンジ)
8W+8W 5W+5W 3W+3W 3W+3W
消費電力 (動作)80W (動作)50W (動作)38W (動作)31W
(待機)0.4W (待機)0.4W (待機)0.4W (待機)0.4W
年間消費電力量 89kWh/年 49kWh/年 43kWh/年 32kWh/年
チューナー 地上デジタル放送(CATV パススルー対応)×2、BS・110度CSデジタル放送×2※1
入出力端子 HDMI入力端子2系統(1080/60p、ARC)※2、ビデオ入力端子×1、光デジタル音声出力、 ヘッドホン出力、USB端子(録画用・JPEG再生用)※3、LAN端子
映像 スーパーレゾリューション※4
主な機能 USBハードディスク録画(裏番組録画対応)※5、ブルーライトガード、 JPEG再生(スライドショー機能)、イコライザー
本体寸法(約)
スタンド有
幅90.5×高さ56.9×
奥行23.0cm
幅73.2×高さ48.5×
奥行22.0cm
幅55.3×高さ37.0×
奥行14.5cm
幅44.0×高さ30.1×
奥行13.9cm
本体寸法(約)
スタンド無
幅90.5×高さ51.5×
奥行8.5cm
幅73.2×高さ43.9×
奥行9.9cm
幅55.3×高さ34.5×
奥行8.7cm
幅44.0×高さ27.1×
奥行5.1cm
本体質量(約)
スタンド有
6.1kg 5.0kg 2.9kg 2.3kg
壁掛け:VESA 200×200mm 200×200mm 200×100mm 100×100mm
付属品 リモコン、単4形乾電池(お試し用)、miniB-CASカード、B-CASカードカバー、
B-CAS カードカバー固定ネジ、スタンド、スタンドネック(OL19WD100)、
本体スタンド固定ネジ、スタンドネック固定用ネジ(OL19WD100)、
スタンド組み立て用ネジ(OL40WD200)、電源コード(OL40WD200)、取扱説明書、保証書
JAN 4550283880043 4550283146057 4550283109281 4550283109212

ORION(オリオン) 19V型ハイビジョン液晶テレビOL19WD100A

ORION(オリオン) 24V型ハイビジョン液晶テレビOL24WD100A

ORION(オリオン) 32V型ハイビジョン液晶テレビOL32WD100A

ORION(オリオン) 40V型フルハイビジョン液晶テレビOL40WD100A

4Kチューナー内蔵テレビ

型番 OL65XD100 OL55XD100 OL50XD100 OL40XD100
画面サイズ 65V型 55V型 50V型 40V型
画素数 3,840 × 2,160(4K)
音声出力
(スピーカー)
スピーカー×2(フルレンジ)
10W+10W 10W+10W 10W+10W 8W+8W
消費電力 (動作)188W (動作)140W (動作)117W (動作)90W
(待機)0.5W (待機)0.5W (待機)0.5W (待機)0.4W
年間消費電力量 199kWh/年 167kWh/年 141kWh/年 103kWh/年
チューナー BS4K110度CS4K放送×2、地上デジタル放送(CATV パススルー対応)×2、
BS・110度CSデジタル放送×2
入出力端子 HDMI入力端子4系統(3840×2160/60P、ARC)※1、ビデオ入力端子×1、光デジタル音声出力、
ヘッドホン出力、USB端子(録画用)、LAN端子
映像 4K美・彩・細エンジン、超解像処理、HDR信号対応(HDR10/HLG)
主な機能 USBハードディスク録画(裏番組録画対応)※2、ブルーライトガード、消画、高速起動、
HDMI機器連動
本体寸法(約)
スタンド有
幅144.9×高さ89.5×
奥行24.4cm
幅123.1×高さ76.9×
奥行21.3cm
幅111.7×高さ70.1×
奥行21.3cm
幅91.7×高さ58.4×
奥行20.4cm
本体寸法(約)
スタンド無
幅144.9×高さ83.1×
奥行8.2cm
幅123.1×高さ71.4×
奥行8.9cm
幅111.7×高さ65.4×
奥行8.9cm
幅91.7×高さ53.6×
奥行8.0cm
本体質量(約)
スタンド有
18.9kg 13.3kg 10.3kg 7.2kg
壁掛け:VESA 400×200mm 200×200mm 200×200mm 200×300mm
付属品 リモコン、単4形乾電池(お試し用)、スタンド、スタンド固定ネジ、ビデオ入力用変換ケーブル、
取扱説明書、保証書
<OL50XD100、OL55XD100、OL65XD100のみ>
電源コード、転倒防止用フック、ネジ(本体取付済み)
JAN 4550283423066 4550283306055 4550283304518 4550283304501

ORION(オリオン)40V型4Kチューナー内蔵テレビOL40XD100A

ORION(オリオン)50V型4Kチューナー内蔵テレビOL50XD100A

ORION(オリオン)55V型4Kチューナー内蔵テレビOL55XD100A

ORION(オリオン)65V型4Kチューナー内蔵テレビOL65XD100A

さいごに ORION(オリオン)のテレビ口コミや評判は?

今回はORION(オリオン)テレビの口コミや評判など記事にまとめてみました。

総合的に判断すると格安テレビの中では中級クラスの液晶テレビです。

格安テレビの中でも上位クラスは、ハイセンス、TCL 、LGなどスマートTVといわれるテレビで、4Kチューナー内蔵、HDR対応、動画配信サービスは標準装備です。

【関連記事】
Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの?
【口コミや評判】TCLの液晶テレビは大丈夫なの?生産国やその性能は?
【口コミや評判】LG4Kチューナー内蔵テレビ。おすすめモデルはOLED48CXPJA

ORION(オリオン)の同等クラスだと、アイリスオーヤマ、山善、サンライズなどが別途専用キャストの購入が必要ですのでORION(オリオン)と比較する際は上記のメーカーと比較するのがいいと思います。

【関連記事】
アイリスオーヤマテレビLUCA【口コミや評判】はどうなの?
【口コミや評判】山善の4Kテレビが安い理由、故障は大丈夫なのか?
SUNRIZE(サンライズ)4Kテレビの【口コミや評判は?】

ORION(オリオン)のおすすめポイントは、コストパフォーマンスの高さです。

4Kチューナー内蔵、HDR対応なのにも関わらず他の格安テレビと比較しても、低価格でテレビを購入できます。

予算の関係で大画面テレビを安く購入したい方にはおすすめの液晶テレビです。

他にも格安テレビについて記事をまとめていますので、この機会にぜひ比べてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました