【秋の大感謝祭】アイリスオーヤマPayPay利用開始 ≫

9月4日(金)AM10:00スタート!秋の大感謝祭が開催されます。
大特価ですので是非チェックしてみてくださいね。


よくわかる【消費税の軽減税率制度とは】何が対象になるのか?

くらしのお役立ち情報

よくわかる【消費税の軽減税率制度とは】何が対象になるのか?

2019年10月から消費税の税率が10%に引き上げになりましたが、テイクアウトや飲食料品などは、消費税の税率は8%とする軽減税率制度が同時に始まりました。

現在、新型コロナウイルスの影響で外食を避けて、テイクアウト(お持ち帰り)にしてると思います。

テイクアウトにしてます!

しかし、何が10%で何が8%なのか?

未だにわからない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、改めて軽減税率についてテイクアウトや飲食料品だけではなく何が10%で何が8%なのかを見てみたいと思います。


軽減税率の対象は?

【消費税の税率】軽減税率の対象

軽減税率の対象
○「酒類・外食を除く飲食料品
○「定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞
の2分野を対象に「軽減税率8%」が実施されます。

次に飲食料品の範囲を見てみましょう。


消費税の軽減税率8%【飲食料品の範囲】

引用元:政府広報オンラインホームページ

飲食料品とは
食品表示法に規定する食品、人の飲用または食用に供されるもの。
具体的には、お酒,外食,テイクアウト,宅配・出前,ケータリング,有料老人ホームの飲食料品の提供などです。

内、消費税の軽減税率8%の対象となるのは、テイクアウト,宅配・出前,有料老人ホームの飲食料品の提供など

「コンビニのイートインコーナーはどうなの?」
ノンアルコールはどうなの?」
外食の定義って何?」


消費税の税率10% 外食の定義はなにか?

テーブル、椅子、カウンター等の飲食に用いられる設備のある場所で行う
飲食料品を飲食させるサービス

お店で食べたら外食、すなわち消費税10%です。

引用元:政府広報オンラインホームページ

事例1
吉野家やマクドナルドでは店内と持ち帰り(テイクアウト)の場合。
・店内で食べたら消費税の税率は10%
・持ち帰りなら消費税の税率は8%

事例2
・コンビニ店内で食べたら消費税の税率は10%
・コンビニの弁当など持ち帰りは消費税の税率は8%

引用元:政府広報オンラインホームページ

事例3
・フードコートの場合、テイクアウトでフードコート内で食べたときは、「飲食料品を販売するもの」と定義されるため原則は消費税の税率は8%

事例4
・ケータリング・出張料理等は消費税の税率は10%

事例5
・そば屋の場合その場で食べたら消費税の税率は10%、出前・持ち帰りなら消費税の税率は8%
・ピザ屋は、宅配もテイクアウトも消費税の税率は8%

消費税10% 軽減税率は、どの時点で判断されるのか?

消費税の税率が10%か8%かは、取引時点で判定されます。

店員さんから「店内ですか?テイクアウトですか?」と問われた時にしっかりと答えてトラブルを回避しましょう。


消費税の税率は、レシートに記載されるのか?

現在消費税は、レシートに消費税の税率が8%(軽減税率)か10%か表記されるので確認しましょう。
※事業者によっては例外もあります。


軽減税率対象品目の一覧(消費税8% or 10%)

みりんは消費税率10%
みりん風調味料は消費税率8%
・新幹線のワゴン販売消費税率8%
・ノンアルコール消費税率8%
・トクホのお茶消費税率8%
・屋台の焼きそば消費税率8%

(分かりにくい…)
(慣れるしかないのかな…)


消費増税はマイナスだけじゃない。ポイント還元制度がスタート

消費増税はマイナス面だけではありません。

キャッシュレス決済の場合は、ポイント還元キャッシュバックなどもあるので、もしかしたら消費増税前と比べるとトクしてるかもしれません。

ポイント還元やキャッシュバックの目的

消費増税で、消費の落ち込みを防ぐため、クレジットや電子マネーなどキャッシュレス決済を行っています。

《エポスカードなら年会費はずーっと無料。今ならインターネットからのご入会で2,000円分のポイントプレゼント!》


《プロ野球ファンは、こちらのクレジットカードがおすすめ!》


さいごに よくわかる【消費税の軽減税率制度とは】何が対象になるのか?

今回は、2019年10月から始まった消費増税、軽減税率制度について記事をまとめてみました。

現在、新型コロナウイルスの影響でテイクアウト(お持ち帰り)をする機会も増えたと思います。

スーパーやホームセンターなどもレシートを見ると、10%、8%と記載があると思いますので、この機会に軽減税率について確かめてみてください。

それでは最後までお読みいただき有難うございました。


また当サイトでは、他にもさまざまな記事をまとめています。

気になる記事がございましたら、あわせてご覧になってみてください。

関連記事アフターコロナ時代の新しい生活様式について、厚生労働省の公表ページより抜粋しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました