生活家電高圧洗浄機

SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較 アイリスオーヤマのタンク式高圧洗浄機

生活家電

こびり付いた汚れが落とせる高圧洗浄機。

外壁やベランダ、玄関やお風呂の排水溝掃除など色々な場所で使えます。

もちろん洗車にも使えます。

今回紹介するアイリスオーヤマの高圧洗浄機(SBT-512N/SBT-412N)はタンク式なので水道蛇口が近くに無くても高圧洗浄可能です。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機はいくつか種類があり、SBT-512NとSBT-412Nも何点か違いがあります。

それでは順番にSBT-512NとSBT-412Nの違いを比較してみましょう。

SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較
左:SBT-512N/右:SBT-412N
型番SBT-512NSBT-412N
参考価格15,728円(税込)12,807円(税込)
常用吐出圧力約6.5MPa約5.5MPa
最大許容圧力約8.5MPa約7.0MPa
常用吐出水量約220L/h約240L/h
最大吐出水量約280L/h約290L/h
消費電力1000W1000W
連続使用時間約1時間
※タンク1杯あたり約7分
約1時間
※タンク1杯あたり約5分
サイズ横幅40.5cm
奥行31cm
高さ52.5cm
横幅40.5cm
奥行31cm
高さ50.5cm
重さ7.0kg6.7kg
電源コード長さ3m3m
※価格はAmazonから抜粋しています。

SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較

SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較
左:SBT-512N/右:SBT-412N

SBT-512NとSBT-412Nは2018年の発売以降定番商品として定着しています。

大きな違いは4つ

SBT-512NとSBT-412Nの違い
  • 静音性の違い
  • サイズ・重さの違い
  • 吐出圧力の違い
  • 吐出水量の違い

静音性の違いを比較

SBT-512NはSBT-412Nと比べ静音性が高まり、従来機と比べて運転音が40%ダウン(71.5dB)しました。
高圧洗浄機は音がうるさいので、中にはご近所の目が気になるという方もいらっしゃいます。

SBT-512Nは静音設計でより使いやすくなりました。

サイズ・重さの違いを比較

型番SBT-512NSBT-412N
参考価格15,728円(税込)12,807円(税込)
サイズ横幅40.5cm
奥行31cm
高さ52.5cm
横幅40.5cm
奥行31cm
高さ50.5cm
重さ7.0kg6.7kg
※価格はAmazonから抜粋しています。

サイズ・重さは少し違います。

吐出圧力の違いを比較

型番SBT-512NSBT-412N
参考価格15,728円(税込)12,807円(税込)
常用吐出圧力約6.5MPa約5.5MPa
最大許容圧力約8.5MPa約7.0MPa
※価格はAmazonから抜粋しています。

SBT-512NはSBT-412Nと比べて水圧がアップしました。

より強力な洗浄力を求める方はSBT-512Nがおすすめです。

吐出水量の違いを比較

型番SBT-512NSBT-412N
参考価格15,728円(税込)12,807円(税込)
常用吐出水量約220L/h約240L/h
最大吐出水量約280L/h約290L/h
※価格はAmazonから抜粋しています。

吐出水量はSBT-512Nのほうが節水効果があります。

SBT-512NとSBT-412Nはどっちがおすすめ?

SBT-512NとSBT-412Nだとどっちがおすすめなの?

比較すると吐出圧力が強く、節水効果のあるSBT-512Nがおすすめです。
※ SBT-412Nは現在販売終了している通販サイトがほとんどです。

SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較|まとめ

SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較
左:SBT-512N/右:SBT-412N

今回はアイリスオーヤマの高圧洗浄機SBT-512NとSBT-412Nの違いを比較してみました。
アイリスオーヤマの高圧洗浄機はタンク式、水道直結式があります。

今回紹介したSBT-512NとSBT-412Nはタンク式で近くに水道蛇口がなくても使用できます。
屋外はもちろんベランダやお風呂の排水口など気になる汚れも高圧洗浄でキレイにしてくれます。

アイリスオーヤマは公式サイトで会員登録すると通常1年のメーカー保証が2年に延長されます。
公式サイトでは今回紹介したタンク式以外にも様々な高圧洗浄機が販売されています。

この機会にアイリスオーヤマの高圧洗浄機をお確かめください。

※ただしアイリスオーヤマは2022年6月1日以降、対象6,000品目の商品が10%値上げしました。

公式サイトでお買い物をするより各通販サイトで購入したほうが金額は安いので金額面でも比較してみてください。

型番SBT-512NSBT-412N
参考価格15,728円(税込)12,807円(税込)
常用吐出圧力約6.5MPa約5.5MPa
最大許容圧力約8.5MPa約7.0MPa
常用吐出水量約220L/h約240L/h
最大吐出水量約280L/h約290L/h
消費電力1000W1000W
連続使用時間約1時間
※タンク1杯あたり約7分
約1時間
※タンク1杯あたり約5分
サイズ横幅40.5cm
奥行31cm
高さ52.5cm
横幅40.5cm
奥行31cm
高さ50.5cm
重さ7.0kg6.7kg
電源コード長さ3m3m
※価格はAmazonから抜粋しています。

アイリスオーヤマの高圧洗浄機|商品ラインナップ

アイリスオーヤマの高圧洗浄機は使用する場所やニーズに合わせて豊富なラインナップを取り揃えています。

出典元:https://www.irisplaza.co.jp/
こんな方におすすめ!
  • 水道蛇口がないところで使いたい
  • 運転音を気にせず使いたい
  • ベランダや自動車をも洗いたい

アイリスオーヤマの高圧洗浄機は大きく分けて2種類です。

  • タンク式高圧洗浄機
  • 水道直結式高圧洗浄機

タンク式高圧洗浄機のメリット・デメリット

タンク式高圧洗浄機のメリット・デメリット
  • 近くに水道蛇口がなくても使用可能
  • 水道直結式と比較するとパワーが劣る

タンク式は近くに水道蛇口がなくてもタンクに水を溜めて使用できます。
温水や中性洗剤が使用できるタイプも販売されています。
落としたい汚れに合わせて選べるので人気の高圧洗浄機です。

その反面水道直結型と比べてパワーが劣ります。

より強力な洗浄力を求める方は水道直結式をおすすめします。

水道直結式高圧洗浄機のメリット・デメリット

水道直結式高圧洗浄機のメリット・デメリット
  • 近くに水道蛇口がなくても使用可能
  • 近くに水道蛇口がないと使えない
    ※延長高圧ホースで伸ばすことは可能

水道直結式はタンク式と比べてハイパワーのモデルが多く、こびりついた汚れを落とすには最適です。

その反面、近くに水道蛇口がないと使用できないので、水道蛇口より遠くを洗浄する場合は延長高圧ホースを購入するようにしましょう。

また、地域によって選び方があるのでその点も注意しましょう。
※50Hz 東日本専用・60Hz 西日本専用になります。

他にもアイリスオーヤマの高圧洗浄機は軽量コンパクトタイプや充電式の高圧洗浄機も販売されています。

ぜひ使用場所やニーズに合わせて選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました