テレビ家電製品全般

アイリスオーヤマとハイセンス液晶テレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?[2022年最新版]

テレビ

アイリスオーヤマとハイセンス液晶テレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?[2022年最新版]

テレビの買い替え、できれば安く買いたいですよね。

最近ではパナソニックやソニーなどの有名メーカーだけではなく、格安テレビといわれるアイリスオーヤマ、ハイセンス、TCLなど、これらのテレビも高品質で大変人気があります。

比較してもテレビの違いがわからない。

そこで今回は、格安テレビのアイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビを比較してみたいと思います。

アイリスオーヤマ・ハイセンスのテレビでお悩みの方は、違いを比較してみてください。

まずはアイリスオーヤマ・ハイセンスについて見てみましょう。

アイリスオーヤマの液晶テレビについて

アイリスオーヤマは、宮城県 仙台市に本社を構える生活用品や電化製品のメーカーです。

テレビCMでもお馴染みの液晶テレビは、4Kチューナー内蔵、HDR対応、直下型バックパネルなど高性能なテレビを数多く取り揃えています。

最近ではAI搭載で、シーンに合わせて自動で映像を調節してくれるモデルも販売されています。

ハイセンスの液晶テレビについて

ハイセンスは、1969年に設立された中国の企業で、高品質な液晶テレビを製造販売しています。
ハイセンスの映像エンジンは、日本の東芝・レグザ「REGZA」の技術が採用されています。

パナソニックやソニーなどの日本メーカーが太刀打ちできないほどコストパフォーマンスに優れています。

安くて良いテレビを購入したい方にはおすすめです。

【違いを徹底比較】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

それでは、アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビの違いを見てみましょう。

【4Kチューナー内蔵テレビの違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

アイリスオーヤマ、ハイセンスともに4Kチューナー内蔵で、キレイな映像を楽しみたい方はおすすめの機能です。

地上デジタル放送は4K放送には対応していませんが、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどは4K配信のものもありますので、動画配信サービスを楽しみたい方はおすすめです。
※地上デジタル放送は、今後も4K放送の予定はありません。

アイリスオーヤマ、ハイセンスともに4Kチューナー内蔵ですが、テレビのモデルによっては内蔵していないモデルもありますので、モデルごとの違いを確認して購入しましょう。

【HDR対応の違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

アイリスオーヤマとハイセンスともにHDR対応ですので違いはありません。

HDRとは、明るいシーンや暗いシーンなど白潰れ黒潰れになってしまうことを制御してくれます。

これにより「白くちらついて見えにくい」「画面が暗くて見えにくい」こんな悩みを解決してくれます。

テレビを比較する際、HDR対応の有無は非常に重要です。

最近のテレビは、ほとんどがHDR対応ですのでテレビを購入するときは必ず確認するようにしましょう。

【動画配信サービスの違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

格安テレビはメーカーによって専用のキャストを取り付ける必要があります。
※例えばGoogle製のChromecastやAmazon製のFire TV Stick

アイリスオーヤマとハイセンスの違いは、アイリスオーヤマは専用キャストの購入が必要です。

ハイセンスに関しては専用キャストを別途購入しなくても動画配信サービスを利用できます。

YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスを利用する方は、ハイセンスの液晶テレビがおすすめです。

Amazon Fire TV Stick

Chromecast with Google TV
※Amazonは取扱なし

【保証の違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

アイリスオーヤマは公式サイトで会員登録をしてテレビを購入すると、通常1年間のメーカー保証が無料で4年に延長されます。

ハイセンスは3年間保証ですのでテレビの耐久性が気になる方は、アイリスオーヤマがおすすめです。
※Amazon、楽天市場の有料の延長保証を購入すると5年間の保証が付けられます。

【Wチューナーの違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

テレビを見ながら裏番組を録画したい方にはWチューナーはとても便利です。

アイリスオーヤマ、ハイセンスともにWチューナー搭載ですので見たい番組が重なっても心配ありません。

【サウンドの違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

サウンドの基本性能はどちらも変わりませんが、アイリスオーヤマのフロントスピーカーモデルは、前面にスピーカーを搭載していますので、臨場感あふれるサウンドを体感したい方はフロントスピーカーモデルはおすすめです。

しかし、テレビに内蔵されているスピーカーは10W+10Wのものが多いので、より迫力のあるサウンドを楽しみたい方は、別途スピーカーの購入をおすすめします。

【操作性の違い】アイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビ

操作性に関してはハイセンスが頭一つ抜けてるような気がします。

特にリモコンボタンが押しやすく、軽い力でボタンを押すだけでチャンネルが変わります。

リモコンボタンを押しても反応が遅いということもありません。

番組表もパッと表示されるので、操作性はハイセンスをおすすめします。

さいごに

今回はアイリスオーヤマとハイセンスの液晶テレビの違いについて記事をまとめてみました。

アイリスオーヤマ、ハイセンスどちらのメーカーも様々なモデルが販売されています。

特にアイリスオーヤマに関しては、上記に挙げた機能以外にもAI搭載モデル、音声操作モデル、大画面の75インチモデルなど様々なモデルを販売しています。

この機会にアイリスオーヤマ、ハイセンスの液晶テレビをぜひ比べてみてください。

Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの?
Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの?最新モデル U7FGシリーズテレビ・オーディオ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど様々な電化製品を販売しているHisense(ハイセンス)。...
【LUCAとFionaの違い】アイリスオーヤマおすすめ液晶テレビ「どっちがいいのか?」
【LUCAとFionaの違い】アイリスオーヤマおすすめ液晶テレビ「どっちがいいのか?」格安電化製品で人気のアイリスオーヤマ。液晶テレビも人気があり、様々な商品が販売されています。ただ「どれが良いのか分からない」それだけたく...
格安テレビのメリット・デメリット【おすすめテレビ全10種類】
【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4K対応テレビはどれ?今回はAmazonや楽天市場などで販売されている格安テレビのメリット・デメリットを記事にまとめてみました。格安テレビはジェネリック家電...
【格安テレビの選び方】コスパの高い4Kテレビは?今押さえておきたい売れ筋モデル!2022年最新版
【格安テレビの選び方】コスパの高い4Kテレビは?今押さえておきたい売れ筋モデル!2022年最新版近年減り続けるテレビの需要はYouTubeやNetflixなどの動画コンテンツにより回復しつつあります。また、テレビの性能も技...
タイトルとURLをコピーしました