テレビ家電製品全般

Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの?

ハイセンス4Kチューナー内蔵テレビ 43U7FGテレビ

Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの?

最新モデル U7FGシリーズ
最新モデル U7FGシリーズ

テレビ・オーディオ、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなど様々な電化製品を販売しているHisense(ハイセンス)。

ここ数年、家電量販店ではイメージモデルの綾野剛さんを目にする機会も多くなったのではないでしょうか。

ハイセンスは国内メーカーが太刀打ちできないくらい高性能・低価格で特にテレビに関してはコストパフォーマンスが高く口コミでも評判です。

また、ハイセンスに限らず海外のテレビメーカーはテレビ市場を独占する勢いです。

世界シェアを見てみると以下の順位です。

1位 サムスン7.9%
2位 LG 3.7%
3位 ソニー 2.1%
4位 ハイセンス 1.8%
5位 TCL 1.5%
6位 スカイワース1.2%

2020年 業界再編の動向より

※サムスン、 LG(韓国)
※ソニー(日本)
※ハイセンス、TCL、スカイワース(中国)

ハイセンスは世界第4位と健闘しています。
ただ、海外メーカーといえば「壊れやすい」「故障が心配」というイメージがありませんか?

そこで今回はハイセンスの「壊れやすいと思われている理由」「口コミや評判」をまとめてみました。

ハイセンスの最新テレビをご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

2021年モデル(U8FG/U7FG)2022年モデル(U9H/U7H)はこちらの記事でまとめています。

Hisense(ハイセンス)のテレビは故障が心配、壊れやすくないの?

最新モデル U8FGシリーズ
最新モデル U8FGシリーズ

Hisense(ハイセンス)のテレビが壊れやすいと思われている理由

海外メーカーはどうして壊れやすいと思ってしまうのだろう?

以下の理由を参考にご覧ください。

ハイセンスに限らず海外メーカーといえば「壊れやすい、すぐ故障する」というイメージが強いかもしれません。ただそれは30年くらい前のブラウン管テレビ時代の話です。

当時は14型の格安ブラウン管テレビが家電量販店、ホームセンターで目玉商品になっていました。記憶を辿ると「サムスン、アイワ、フナイ」この辺りがチラシに載っていたと思います。

ただ購入して半年ほどで不具合が発生しました。まずは隅っこが滲むようになり、少し見にくくなります。そして画面に線が入るようになりました。

未だに当時の記憶が残っているので、海外メーカーと聞くとどうしても「壊れやすい」というイメージが残っています。

ですので当時の「壊れやすい」というイメージが残っている人は、海外メーカーを敬遠する傾向があるのかもしれません。

Hisense(ハイセンス)のテレビは実際に壊れやすいのか?(故障、初期不良の割合)

ハイセンスは本当に壊れやすいの?

そんな事ありませんよ!人気モデルU7Fの口コミレビューから抜粋してみましょう。

商品名U7Fシリーズ
Amazon評価4.4
レビュー件数1,276件
引用元:Amazonより

星2つ以下の割合は4%、この中から「故障、初期不良」などの不具合は数件だけありました。

不具合に関するレビュー
  • 線が入るようになった
  • 画面の色が変になった
  • すぐに壊れました
  • 初期不良

レビュー全体の1%に満たない数字ですが、1番多かったのは初期不良の7件。レビューを見る限り初期不良以外の不具合はさらに少ないので、海外メーカーだから特別壊れやすいということは無いようです。

ちなみに筆者使用のシャープAQUOSは、購入後1年ちょっとでノイズと音量が最大(爆音)になる不具合が発生しました。すぐに修理を依頼してメイン基板を交換してもらいました。

シャープAQUOS ノイズが凄いです。
ノイズが凄かったです。シャープAQUOS

ですので、海外国内メーカー関係なく壊れるときは壊れる。ということですね。

壊れたときのアフターフォロー(保証に関して)

壊れたときのアフターフォロー

不具合が出たとしてもハイセンスのテレビは3年間のメーカー保証が付いています。
※リモコンは1年保証
「テレビが映らなくなった」「ノイズが入る」「勝手に電源のオンオフが切り替わる」「画面が暗くなる、色が変わる」など不具合・故障と思われる症状が発生した場合は、サポート窓口に問い合わせて対応してもらいましょう。

Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】人気の高評価モデルは?

最新モデル U8FGシリーズ
最新モデル U8FGシリーズ

【口コミや評判】1番人気!Hisense(ハイセンス)のテレビU7Fシリーズ

商品名U7F
発売日2020年5月下旬
Amazon評価4.4
レビュー件数1,276件
引用元:Amazonより

良い口コミ/悪い口コミ

星4つ以上の良い口コミレビュー
  • 高画質で感動
  • 映像がキレイ
  • 滑らか
  • 音が良い
  • 動画が見れて便利
  • 使いやすい
  • リモコンの反応が早い
  • コストパフォーマンスが高い
  • ゲームのエフェクトが凄い
  • 3年保証が安心
  • 欠点がない
  • 買って良かった
  • 大満足
  • 値段が安い
星2つ以下の悪い口コミレビュー
  • 画面に線が入った
  • 色彩が変になった
  • すぐ壊れました不良品が届いた
  • 初期不良だった

レビュー評価まとめ
2020年モデルのU7Fシリーズは上位モデルU8Fの姉妹機にあたり、高画質・高音質で動画コンテンツもリモコンのダイレクトボタンですぐに好きな動画が見られます。

他のシリーズと比べてもレビュー件数が多く高評価です。星2つ以下の悪い口コミレビュー7%を見ても不具合に関するレビューが殆どで、性能に関しては見当たりません。U7Fシリーズは満足度の高いテレビになっています。

現在、売り切れの通販サイトもありますが、値段を抑えて高画質テレビをお探しの方は検討してみてください。

【口コミや評判】ハイスペックモデル!Hisense(ハイセンス)のテレビU8Fシリーズ

商品名U8F
発売日2020年6月下旬
Amazon評価4.4
レビュー件数743件
引用元:Amazonより

良い口コミ/悪い口コミ

86% 星4つ以上の良い口コミレビュー
  • 画質音質ともに最高です
  • 全てにおいて最高
  • 映像が滑らか
  • 映像がキレイで驚いた
  • サラウンド効果で音質が良い
  • 視野角が広い
  • リモコンの反応が早い
  • 値段相当のスペックで満足
7% 星2つ以下の悪い口コミレビュー
  • 初期不良だった
  • 倍速パネルがイマイチ
  • 使いにくい
  • 他のメーカーとの録画は相性が悪い
  • パネルが傷ついていた

レビュー評価まとめ
U7Fと比較するとU8Fシリーズは辛口レビューが多いように感じます。一定数は発生すると思われる初期不良は仕方ないとして、1、2件は「倍速パネルの性能」「録画機能の相性」などマイナスな意見も見られました。
その他、画質や音質に関するマイナスな意見はごく僅かですので、概ね高評価と判断できると思います。

筆者の個人的な意見は、リモコンの反応がU7Fと比較すると少し遅いように感じました。姉妹機U7Fはサクサク操作できるのに対し、U8Fシリーズはやや反応が遅いと感じるかもしれません。

とはいえ、映像に関しては素晴らしく、筆者自身の所有しているシャープAQUOS(2019年モデル)と比べ「色彩の発色」「倍速パネルの性能」はハイセンスのほうが上だと思います。

価格はU7Fより2万円~3万円ほど高くなります。

【口コミや評判】お手軽モデル!Hisense(ハイセンス)のテレビE6G/A6Gシリーズ

商品名E6GA6G
発売日2021年2月中旬
Amazon評価4.4
レビュー件数612件
引用元:Amazonより

良い口コミ/悪い口コミ

星4つ以上の良い口コミレビュー
  • 画質がいい残像感もなし
  • BS4Kがキレイ
  • 動画が見れてコスパが良い
  • 日本メーカーよりも多機能
  • フチが薄いのでかっこいい
星2つ以下の悪い口コミレビュー
  • 初期不良
  • 壊れた
  • 画面が割れていた

レビュー評価まとめ
2021年モデルのE6GA6Gは、2020年モデルのU7F/U8Fよりも映像エンジンの性能を抑えた仕様で低価格モデルになります。
レビュー評価は概ね高評価です。悪い口コミも初期不良や故障についてが殆どで、画質音質に関しては確認する限り見当たりませんでした。

ただ、2020年モデルと比較すると「映像に関する評価」はそこまで高くないように感じます。もしかしたら東京オリンピックに合わせて販売台数を伸ばすため、低価格で性能を抑えたのかもしれません。

Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビの最新ラインナップ

【U8FGシリーズ】Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビ

U8FGシリーズ

商品概要
最新モデル U8FGシリーズは、U8Fの後継機として新登場しました。
気になるスペックは最新の映像エンジンを搭載しキレイな画質でよりリアルな表現が楽しめます。またU8FGシリーズはウーファー搭載で立体的なサラウンド効果にプラスして、低音を利かせたダイナミックなサウンドを表現します。

U8FGシリーズのおすすめ機能を紹介したいと思います。

U8FGシリーズすすめ機能

  • AIモーション別超解像処理
AIモーション別超解像処理

AIが映像の動きの“速さ”を自動判別。動きの少ないシーン、動きの激しいシーンそれぞれに適切なフレームを参照して、ノイズリダクションを実施。動きによって適切な超解像処理をし、ノイズを抑えたクリアな映像を再現します。

ハイセンス公式サイトより

シーンに合わせた画像処理を行い、ノイズを抑えた映像を表現します。早いシーンにも対応しクリアで細かい映像を映し出します。

  • ローカルディミングplus
ローカルディミングplus
くっきりとした表現が可能

目に映る引き締まった黒とメリハリの効いた光とのコントラストによる鮮やかな描写。直下型LEDバックライトをエリアごとに分割して制御することで、高コントラストで発色豊かな映像を実現しています。

ハイセンス公式サイトより

バックライトをエリアごとに制御を行い、くっきりとした映像を表現します。

  • 倍速パネル&クリアモーション
倍速パネル&クリアモーション
早い動きもくっきり表現

120Hzの高性能倍速パネルを採用。フレーム補間のクリアモーションとも相まって、カーレースや動きの速いスポーツも残像感の少ないなめらかな映像として映し出します。長時間観ても目が疲れにくく、思う存分楽しめます。

ハイセンス公式サイトより

一般的なパネルは毎秒60コマを表現するのに対して、U8FGシリーズは120コマの細やかな表現が可能です。

早い動きのシーンもくっきりと表現できるようになります。

倍速モード
滑らかな表現が可能になります。シャープAQUOSの場合
  • ウーファー内蔵

左右のスピーカーに加えて、テレビ背面にウーファーを内蔵。従来の薄型テレビでは実現できなかった迫力の重低音を、外付けの音響機器を使用することなくいつでも楽しめます。

ハイセンス公式サイトより

20Wのウーファー搭載で迫力のあるダイナミックなサウンドが楽しめます。それにより高音から低音まで幅広い表現が可能です。

仕様表(U8FGシリーズ)

画質4K
シリーズU8FG
発売年2021年11月
型番75U8FG
65U8FG
55U8FG
50U8FG
サイズ
参考価格
75V型 227,977円
65V型 177,982円
55V型 148,000円
50V型 116,352円
パネルADS
※50V型はVAパネル
映像エンジンNEOエンジンplus 2021
バックライトローカルディミングplus
スピーカー2.1c
※ウーファー搭載
視野角178°
HDR対応
AI機能
ノイズ処理
倍速モード
動画対応
自動画質調整
消費電力359W
280W
220W
220W
1時間あたりの電気代約9.7円
約7.6円
約5.9円
約5.9円

【U7FGシリーズ】Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビ

U7FGシリーズ

商品概要
U8FGシリーズと同じ最新モデル「U7FG」。搭載エンジン・バックライト・スピーカー機能などの機能をを抑えたミドルスペックモデルです。
2020年モデルU7Fシリーズの後継機として新登場しました。高画質・高音質に加えて動画コンテンツや操作性など機能面も充実しています。

電気代が安いのもおすすめポイントです。

仕様表(U7FGシリーズ)

画質4K
シリーズU7FG
発売年2021年11月
型番65U7FG
58U7FG
50U7FG
43U7FG
サイズ
参考価格
65V型 140,800円
58V型 110,889円
50V型 93,280円
43V型 68,000円
パネルADS
※58V型、50V型はVAパネル
映像エンジンNEOエンジン 2021
バックライト直下型LED
スピーカー2.0ch
視野角178°
HDR対応
AI機能
ノイズ処理
倍速モード
動画対応
自動画質調整
消費電力202W
200W
140W
130W
1時間あたりの電気代約5.5円
約5.4円
約3.8円
約3.5円

【E6Gシリーズ】Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビ

E6Gシリーズ

商品概要
E6Gシリーズは、低価格なのにも関わらず、鮮やかな映像を映し出すHDR対応・AI機能・ノイズ処理機能など豊富な機能を搭載し、手軽に大画面テレビを手に入れたい方には、ぜひお試しいただきたいおすすめテレビです。

仕様表(E6Gシリーズ)

画質4K
シリーズE6G
発売年2021年
型番65E6G
50E6G
43E6G
サイズ
参考価格
65V型 100,808円
50V型 65,200円
43V型 58,300円
パネルADS
※50V型はVAパネル
映像エンジンNEOエンジンLite
バックライト直下型LED
スピーカー2.0ch
視野角178°
HDR対応
AI機能
ノイズ処理
倍速モード
動画対応
自動画質調整
消費電力190W
130W
120W
1時間あたりの電気代約5.1円
約3.5円
約3.2円

【A6Gシリーズ】Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビ

A6Gシリーズ

商品概要
A6GシリーズはE6Gと同スペックで取扱いサイズ以外の違いはありません。
型番を分ける理由は、家電量販店と通販サイトを区別するためだと思います。

値段は多少違うので比べてみてください。

仕様表(A6Gシリーズ)

画質4K
シリーズA6G
発売年2021年
型番75A6G
65A6G
55A6G
50A6G
43A6G
サイズ
参考価格
75V型 149,670円
65V型 88,913円
55V型 72,545円
50V型 68,000円
43V型 58,773円
パネルADS
※50V型はVAパネル
映像エンジンNEOエンジンLite
バックライト直下型LED
スピーカー2.0ch
視野角178°
HDR対応
AI機能
ノイズ処理
倍速モード
動画対応
自動画質調整
消費電力236W
190W
140W
130W
120W
1時間あたりの電気代約6.4円
約5.1円
約3.8円
約3.5円
約3.2円

【U8Fシリーズ】Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビ

U8Fシリーズ

商品概要
2020年モデルU8Fシリーズは、NEOエンジンplus 2020、ローカルディミングplus搭載で高度な映像処理を行いキレイな映像を表現します。
品切れで在庫数は減ってきていますが、高性能テレビをお求めの方は2021年モデルと比較してみてください。

仕様表(U8Fシリーズ)

画質4K
シリーズU8F
発売年2020年
型番75U8F
65U8F
55U8F
50U8F
サイズ
参考価格
75V型 記載なし
65V型 128,000円
55V型 98,980円
50V型 91,400円
パネルVA
映像エンジンNEOエンジンplus 2020
バックライトローカルディミングplus
スピーカー2.0ch
視野角178°
HDR対応
AI機能
ノイズ処理
倍速モード
動画対応
自動画質調整
消費電力410W
330W
265W
200W
1時間あたりの電気代約11.0円
約8.9円
約7.2円
約5.4円

【U7Fシリーズ】Hisense(ハイセンス)のおすすめテレビ

U7Fシリーズ

商品概要
人気No1のU7Fシリーズ。口コミでも評判で高画質・高音質のテレビをお求めの方はおすすめモデルです。
2021年モデルのE6G/A6Gシリーズと比較しても応答速度の速さや映像のブレを抑えたモデルになります。色彩の幅も広く在庫があればおすすめシリーズです。

仕様表(U7Fシリーズ)

画質4K
シリーズU7F
発売年2020年
型番65U7F
55U7F
50U7F
43U7F
サイズ
参考価格
65V型 99,800円
55V型 79,800円
50V型 67,800円
43V型 58,212円
パネルVA
映像エンジンNEOエンジン 2020
バックライト直下型LED
スピーカー2.0ch
視野角178°
HDR対応
AI機能
ノイズ処理
倍速モード
動画対応
自動画質調整
消費電力190W
160W
130W
120W
1時間あたりの電気代約5.1円
約4.3円
約3.5円
約3.2円

まとめ Hisense(ハイセンス)の液晶テレビ「おすすめモデルは?」

ハイセンスの動画プラットフォーム VIDAA
ハイセンスの動画プラットフォーム VIDAA

今回はHisense(ハイセンス)の液晶テレビについて記事をまとめてみました。
口コミの評判を見る限り海外メーカーだから「壊れやすい」「画質が悪い」ということはないようです。
またハイセンスのテレビは3年間のメーカー保証付きです。何かあればすぐに対応してもらえるので安心です。

ここまでの性能を比較すると

  • ハイスペックモデル U8FG、U8Fシリーズ
  • スタンダードモデル U7FG、U7Fシリーズ
  • エントリーモデル E6G/A6Gシリーズ

こんな感じでしょうか。

個人的に選ぶとしたら、2020年モデルのU8F/U7Fあたりがセールで安くなっているので、コスパ的には良いのではないかと思います。

ぜひこの機会にHisense(ハイセンス)の高性能テレビをお確かめください。

TCLテレビ【口コミや評判】どこの国のメーカーなのか?壊れやすくないのか?
TCLテレビ【口コミや評判】どこの国のメーカーなのか?壊れやすくないのか?この記事は以下の内容をまとめています。記事内容一覧TCLについて(生産国、故障について)口コミや評判製品ラインナップよくある質問...
ハイセンスとTCLのテレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?
ハイセンスとTCLのテレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?Hisense -ハイセンス-格安テレビはアイリスオーヤマ、ハイセンス、LG、フナイなど様々なメーカーから販売されています。中でもハイセンスとTCLは性...
【格安テレビの選び方】コスパの高い4Kテレビは?今押さえておきたい売れ筋モデル!2022年最新版
【格安テレビの選び方】コスパの高い4Kテレビは?今押さえておきたい売れ筋モデル!2022年最新版近年減り続けるテレビの需要はYouTubeやNetflixなどの動画コンテンツにより回復しつつあります。また、テレビの性能も技...
格安テレビのメリット・デメリット【おすすめテレビ全10種類】
【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4K対応テレビはどれ?今回はAmazonや楽天市場などで販売されている格安テレビのメリット・デメリットを記事にまとめてみました。格安テレビはジェネリック家電...

テレビの売れ筋ランキングをチェック!

Amazon・楽天市場では、テレビの売れ筋ランキングがチェックできます。

タイトルとURLをコピーしました