アイリスオーヤマ人気の電気圧力鍋 その違いは?

Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの?

Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】壊れやすい?故障は大丈夫なの? 液晶テレビ

Hisense(ハイセンス)の最新テレビU7F・U8Fについて

Hisense(ハイセンス)の最新テレビU7F・U8Fについて

テレビの買い替えハイセンスが安いけどどうなんだろう?
綾野剛さんがCMしてるから安心なのかな?

今回はHisense(ハイセンス)の最新テレビU7F・U8Fの口コミや評判を記事にまとめてみました。
Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fは口コミの評判どおり、国内メーカーが太刀打ちできないくらい、低価格・高性能で「キレイな画像が良い!」「動画配信サービスが見たい!」「安いテレビが良い!」などユーザーの要望を全て詰め込んだハイスペックなテレビなんです。

Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fのおすすめポイント

ハイセンスのおすすめポイント
  • 4Kチューナー内蔵でキレイに見れる
  • 早い動きもブレずに見れる
  • 海外テレビ特有の画面が白っぽくならない
  • 動画配信サービスが見れる
  • クリアなサウンド
  • フチのないベゼルレスモデル
  • 3年のメーカー保証

など、Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fは欠点が見当たらないほど良くできた液晶テレビです。

Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fの率直な感想は、「ハイセンス最高!」国内の有名テレビメーカーは同等の機能だと価格が高くなってしまいます。

そんなHisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fですが実際に口コミや評判はどうなのか?
気になりますよね。

そこで今回はHisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fの口コミや評判、その性能について記事をまとめてみました。

ハイセンスの最新テレビをご検討中の方はぜひ参考にご覧になってみてください。

Hisense(ハイセンス)とは

Hisense(ハイセンス)とは

ハイセンスは1969年に設立された中国企業です。
生産拠点は中国に7箇所、メキシコ、南アフリカ、チェコなどに設置しています。
またハイセンスは高い品質を維持しており、中国で唯一二回「全国品質大賞」を受賞した優良企業です。

中国製品は壊れやすい、すぐ故障してしまう。

そんなのは昔の話、ハイセンスのテレビは日本の東芝・レグザ「REGZA」の技術が生かされているため、高品質なのもうなずけますね。

Hisense(ハイセンス)の最新テレビU7F・U8Fラインナップ

ハイセンス 50V型 液晶テレビ 50U7F 4Kチューナー内蔵 3年保証 2020年モデル

ハイセンス 65V型 液晶テレビ 65U7F 4Kチューナー内蔵 3年保証 2020年モデル


【口コミや評判】Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8F

  • 4Kチューナー内蔵で大きさ、画質、価格ともに満足です。
  • ハイセンスはすぐ故障すると口コミでありましたが保証が3年付いてるので安心です。
  • 見たい動画配信サービスのリモコンボタンがあり使いやすい。
  • フチが無くデザインがカッコいい。
  • 動きが滑らかでとても綺麗です。

ハイセンスのテレビは口コミでも評判で、パッと見た感じ国内の有名メーカーのテレビと変わりがなく、画質、価格、機能全てにおいてコストパフォーマンスに優れたテレビに仕上がっています。
また中国製品ならではの故障についてもしっかり3年保証がついているのでその点は安心ですよね。
最近のテレビは地上デジタル放送だけでは無く動画配信サービスも見ることが可能です。
ハイセンスも同様にYouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスが見れるので人気です。
4Kチューナー内蔵、見たい動画配信サービスを高画質で見れるのでハイセンスのテレビはおすすめです。

それでは口コミでも評判のHisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fの性能を見てみましょう。


Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fの性能

4Kチューナー内蔵でキレイに見れる

NEOエンジンplus2020

Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fは4Kチューナー内蔵ですので4K画質でテレビが見れます。
またハイセンスのテレビU8Fシリーズは、東芝映像ソリューションとの共同で開発された「NEOエンジンplus2020」が繊細な映像美を実現。
このNEOエンジンplus2020はAIテクノロジーを搭載でシーンごとの映像を自動で判別します。

それにより映像のノイズ(ざらつき)をきめ細やかな映像を表現します。
それからHDR映像ですので明るいシーンの白っぽい発色を抑え、暗いシーンもくっきり表現できます。

U8FシリーズとU7Fシリーズの違い

U8Fシリーズ
・AIシーン別超解像処理
・AIモーション別超解像処理

U7Fシリーズ
・エリア別高精細復元
・高精細ノイズ処理

どちらも高度な映像処理能力がありますが、バックライト方式がU8Fシリーズは直下型ローカルディミング、U7Fシリーズは直下型になります。

U8Fシリーズは直下型ローカルディミングに対応しているので、映像シーン合わせてバックライトを調整します。
この機能により映画やドラマの暗いシーンもよりくっきりと見やすくなります。

【関連記事】
Hisense(ハイセンス)テレビ【U8F/U7Fの違いは?】


早い動きもブレずに見れる

速い動きのシーンだと映像がブレてしまうということはありませんか?
Hisense(ハイセンス)の新型テレビは「倍速パネル・フレーム補間」で速い動きのスポーツやレースも残像が残らないよう滑らかにくっきり表現できます。
最近のテレビは速い動きに対応できるように映像処理がされています。
Hisense(ハイセンス)の新型テレビも同様の映像処理できっと驚かれると思いますよ。


海外テレビ特有の画面が白っぽくならない

Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8FはHDR映像で白とびや黒つぶれを映像処理してリアルな映像を復元します。
より立体感のある奥行き感のある映像を映し出します。
Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fが特別な映像処理をしているわけではなく、PanasonicやSONYなどの有名メーカーも鮮やかに映し出す最先端の技術が備わっています。

最新テレビの注意点
最近のテレビはよりリアリティのある映像を映し出すため、高度な映像処理が行われています。

きめ細やかで滑らかに映し出す技術は素晴らしいのですが、その反面鮮やか過ぎて目が疲れてしまうということもあります。

特にアニメは発色が良く目に悪影響を与えてしまうことも考えられます。
お子さんがテレビを見るときは、時間を決めて視聴するか、発色や明るさを抑えるなどの工夫をして目の負担を軽減しましょう。


動画配信サービスが見れる

テレビがつまらない!
最近はテレビ離れが進み、普通の地上デジタル放送を見る方は減る一方です。
反対に動画配信サービスはいつでも好きなときに好きな番組が見れるということで大人気です。
Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fも各動画配信サービスに対応しているので、YouTube、Amazonプライム・ビデオ、U-NEXT、huluなど様々なサービスを展開しています。
動画配信サービスは、これからテレビを買う際は必ず押さえておきたい機能です。
ハイセンスのプラットフォームVIDAAは、好みに合わせてコンテンツの順番を変えられます。

普段スマートフォンやタブレットで動画配信サービス見ている方はぜひこの機会にハイセンスのテレビでお試しください。

おすすめ動画配信サービス(VODサービス)

Amazon Prime Video(アマゾン プライム ビデオ)テレビで動画配信サービス

Amazon Prime Video(アマゾン プライム ビデオ)テレビで動画配信サービス

Amazon Prime Videoの特徴

Amazonプライムに加入すると、さまざまな会員特典が受けられます。

Prime Video:映画、TV番組、アニメなど見放題。
Prime Music:200万曲以上聴き放題。
Amazon Photos:写真を容量無制限で保存。
Prime Reading:本、マンガ、雑誌読み放題。
お買い物:Amazonでお買い物をすると、配送オプションの追加料金なしで無料で使えます。

月額料金は、500円(税込)他の動画配信サービスと比べるとかなり安い!

これらのサービスを低価格でご利用いただけます。


Amazon Prime サービス詳細

Amazonプライム
無料体験期間:30日間
月額料金:500円(税込)※年間プランもあります。
ダウンロード:可能
画質:SD / HD / 4K
見放題作品本数:非公開

Prime Student
6ヶ月無料の学生版Amazonプライム
学生限定で無料期間が6ヶ月
それから有料会員は半額の月額250円(税込)とかなりお得です。
無料体験期間:6か月
月額料金:250円(税込)※年間プランもあります。

公式Amazonプライムで会員登録をするにはこちらをクリック。公式サイトに移動します。


hulu(フールー)テレビで動画配信サービス

hulu(フールー)テレビで動画配信サービス

huluの特徴

60,000本以上のさまざまなジャンルの動画が見放題。

ライブTVは、スポーツ中継、ニュース番組、音楽ライブ、最新のドラマなど最新のコンテンツが楽しめます。

人気テレビ番組の見逃し配信をありますので、いつでも好きなときに見ることができます。(日本テレビ、TBS、NHK、フジテレビ)


huluのサービス詳細

hulu(フールー)
無料体験期間:2週間無料トライアル
有料会員と全く同じ条件で全てのコンテンツを楽しむことができます。
※無料期間が終了する前に解約すれば、一切料金は発生しません。
月額料金:1,026円(税込)
ダウンロード:可能
画質:SD / HD / フルHD
見放題作品本数:60,000本以上

公式huluフールー)で会員登録をするにはこちらをクリック。公式サイトに移動します。


U-NEXT(ユーネクスト)テレビで動画配信サービス

U-NEXT(ユーネクスト)テレビで動画配信サービス

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、見放題作品数No.1の動画配信サービス※1で、人気のVODサービスです。
※1 GEM Partners株式会社調べ(2020年3月時点)

U-NEXTは、動画見放題14万本という充実したラインナップで、書籍・マンガ・ライトノベルは52万冊以上、雑誌70誌以上と豊富な取りそろえで、多くのユーザーに喜ばれています。


U-NEXTのサービス詳細

U-NEXT(ユーネクスト)
無料体験期間:31日間無料トライアル
月額料金:2189円(税込)
ダウンロード:可能
画質:フルHD / 4K
見放題作品本数:14万本以上

公式U-NEXT(ユーネクスト)で会員登録するにはこちらをクリック。公式サイトに移動します。


Abemaプレミアム(AbemaTV)テレビで動画配信サービス

Abemaプレミアム(AbemaTV)テレビで動画配信サービス

Abemaプレミアム(AbemaTV)の特徴

AbemaTVは、ドラマ、アニメをはじめ、スポーツ、ニュース番組、オリジナル番組などさまざまな番組が楽しめます。

AbemaTVの特徴は、すべての作品が見放題なのです。

広告なしで見たい番組がすぐに見られます。

また視聴した番組のコメントも楽しめるので、みんなで感想を共有できます。


Abemaプレミアム(AbemaTV)のサービス詳細

Abemaプレミアム(AbemaTV)
無料体験期間:1ヶ月無料体験
月額料金:960円(税込)
ダウンロード:〇
画質:フルHD / HD / SD
見放題作品本数:約20,000本
※第1話無料視聴可能(第2話より、Abemaプレミアム対象)

公式Abemaプレミアム(AbemaTV)で会員登録をするにはこちらをクリック。公式サイトに移動します。


クリアなサウンド

Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fは高音質でフロントスピーカー(前面にスピーカー)を採用しています。
ライブのようなサウンドが直接届くので臨場感あふれるサウンドを実現します。
従来のサウンドは音が床に当たってその反響音が耳に届いていましたが、その場合映像とサウンドのズレが生じてしまいます。

その点、Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fは前面からサウンドを体感できるので映像と一体感のあるサウンドが届きます。
ただし、テレビは映像を映し出す機能は長けていますが、サウンドに関してはそこまで期待できません。
各社さまざまな工夫はされていますが、よりダイナミックなサウンドを求める場合は別途ホームシアタースピーカーを購入しましょう。

そうすることで重低音なども加わり映画やライブ映像がさらに楽しめること間違いありません。
スピーカーは高額になればなるほど臨場感あふれるサウンドが体感できます。

安いスピーカーはダメなの?

そんなことはありません。
スピーカーを購入する際に表示されている。
2.1ch、5.1chなどの表示はスピーカーの数と重低音が表現できるウーファーの有無が確認できます。
例えば2.1chの場合は両サイドにスピーカーが2つと0.1chは重低音が効くウーファーのことです。
ですので2万円〜3万円ほどでも高音質+重低音のスピーカーはあるので予算に合わせて選びましょう。
おすすめはYAMAHAです。
YAMAHAは音にこだわったスピーカーを販売しているのでデザインの好みに合わせて購入しましょう。


フチのないベゼルレスモデル

Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fはフチのないベゼルレスデザインになっています。
フチが有るか無いかで迫力が変わってきます。
Hisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fはベゼルレスデザインですので、見た目のカッコよさだけではなく圧倒的な迫力が実現、今までフチありテレビを見ていた方はきっと満足されると思いますよ。


3年のメーカー保証

中国製品って壊れやすくないの?

いつの時代も中国製品に対しての偏見はありますよね。
しかし、ハイセンス製品は中国国内で唯一2回「全国品質大賞」を受賞した高品質なブランドです。
中国製品の安かろう悪かろうは昔の話。
今のハイセンスは日本国内の有名メーカーが真似できない高品質なのにも関わらず低価格を実現しています。
また万一のときも3年保証が付いているので安心です。

テレビを長持ちさせるコツ

テレビは精密機器ですのでホコリに弱いという特性があります。
普段掃除をするときはハンディモップでホコリを取り除くようにしましょう。
また1年に一度大掃除のときでも掃除機でホコリを吸い取るようにしましょう。
そうしないと、テレビの基板にホコリが付着してしまい基板が焼けてしまうこともあります。
最悪の場合基板から発火ということも考えられるのでこまめな掃除を心がけましょう。
液晶画面は耐久性に優れています。
普通に使用しても10年は持つと思うので、ホコリや外部からの衝撃など与えないように使用しましょう。


まとめ Hisense(ハイセンス)のテレビ【口コミや評判】

今回は口コミでも評判のHisense(ハイセンス)新型テレビU7F・U8Fについて記事をまとめてみました。
冒頭でもお伝えしたように口コミレビューでも評価が高く評判なのは、高性能、高品質、そして低価格、国内の有名メーカーでは太刀打ちできないほどコストパフォーマンスに優れたテレビです。
国内メーカーじゃないと嫌だ!そんな方も東芝の技術を使い開発されていますので、中国と日本の良いとこ取りのテレビです。

  • 高画質なテレビが良い!
  • 低価格なテレビが良い!
  • 高品質なテレビが良い!

そんな方はHisense(ハイセンス)の新型テレビU7F・U8Fがおすすめです。
この機会に口コミでも評判のハイセンスのテレビをぜひお確かめください。

【関連記事】
【U8FとU7Fの違い】Hisense(ハイセンス)4Kチューナー内蔵テレビ
国内最安値アイリスオーヤマの4Kチューナー内蔵テレビはどうなの?
テレビでYouTubeなどの動画配信サービスを見るには?
【テレビ離れ】データから見る今後の対策 2020年現在。

コメント

タイトルとURLをコピーしました