テレビ ・オーディオ電化製品全般

ハイセンスとTCLのテレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?

ハイセンスとTCLのテレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?テレビ ・オーディオ

ハイセンスとTCLのテレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?

ハイセンスとTCLのテレビ【違いを徹底比較】おすすめはどっち?
Hisense -ハイセンス-

格安テレビはアイリスオーヤマ、ハイセンス、LG、フナイなど様々なメーカーから販売されています。

中でもハイセンスとTCLは性能機能ともに優れていてキレイな映像を楽しみたい方にはぴったりな液晶テレビになっています。

どちらも動画配信サービスに対応しており、YouTubeやAmazonプライムビデオなどお好きな動画コンテンツをすぐに視聴できます。
※動画コンテンツを視聴するにはインターネット環境が必要です。

しかし
「ハイセンスとTCLの違いがわからない」
「どちらが良いのだろう?」

このような方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はハイセンスとTCLの違いをまとめてみました。

どちらがいいのかお悩みの方はぜひ「ハイセンスとTCLの違い」を比べてみてください。

ハイセンスとTCLについて

Hisense -ハイセンス-
Hisense -ハイセンス-

Hisense -ハイセンス-
ハイセンスは1969年に設立された中国の企業で、電化製品を中心に液晶テレビの製造販売を行っています。

ハイセンスの映像エンジンには日本の東芝レグザ「REGZA」の技術が採用されています。

ハイセンスは日本メーカーが太刀打ちできないほどコストパフォーマンスに優れているので、安くて良いテレビを購入したい方はハイセンスがおすすめです。

TCL -ティーシーエル-
TCL -ティーシーエル-

TCL -ティーシーエル-
TCLをご存じない方も多いかもしれませんが、TCLは世界のテレビ出荷台数ランキング第2位の企業で、世界160ヵ国以上で販売されています。

液晶テレビの性能はハイセンス同様に高性能で映像・サウンド・動画配信サービスなど基本性能もしっかりしています。

では、ハイセンスとTCLの違いを順番に見て見たいと思います。

【違いを徹底比較】ハイセンスとTCLのテレビ

【違いを徹底比較】ハイセンスとTCLのテレビ

ハイセンスとTCLを比較すると幾つか違いがあります。

「性能の違い」「機能の違い」「価格の違い」これらの違いをハイセンス・TCLで比較してみたいと思います。

ハイセンス E6Gシリーズ 2021年モデル【違いを徹底比較】

ハイセンス E6Gシリーズ 2021年モデル【違いを徹底比較】
E6Gシリーズ

ハイセンスの2021年モデルは2020年モデルと比べると、価格を抑えた分多少スペックが落ちました。
※U8Fシリーズと比較した場合
基本的な性能は変わらず「4Kチューナー搭載」「キレイな映像処理」「動画配信サービス」などの機能は備わっています。

メーカーHisense
シリーズE6G
サイズ65v型
50v型
43v型
型番65E6G
50E6G
43E6G
性能(画質/音質)
機能
耐久性
総合評価4.3
※Amazonレビューより抜粋
主な特徴・4Kチューナー搭載
・NEOエンジンLite搭載
・AIネット映像高画質処理
・エリア別高精細復元
・低遅延ゲームモード対応
・ノンベゼル
・VIDAA

ハイセンスE6Gシリーズの主な特徴 詳細ピックアップ
ハイセンスのE6Gシリーズは、東芝レグザの「NEOエンジンLite」は映像表現の幅を広げ、美しい映像を映し出します。

東芝レグザの「NEOエンジンLite」
東芝レグザの「NEOエンジンLite」

4K復元
映像のノイズを抑えて地上デジタル放送も4K映像のようにきれいに映し出します。

AIネット映像高画質処理
AI技術で最適な映像処理を行い、高品質な映像を映し出します。

エリア別クリア復元
映し出される映像に合わせてなめらかな表現ができるように映像処理を行います。

VIDAA
VIDAA

VIDAA
VIDAAはハイセンス独自のOS(オペレーションシステム)で様々な動画配信サービスが楽しめる仕様になっています。

このVIDAAは2020年以降のモデルでは「VIDAA3.0」が搭載され、新たな動画コンテンツが追加されました。
※Netflix、YouTube、Amazon Prime Video、ABEMA、Hulu、dTV、U-NEXT、DMM.com、スカパーオンデマンド、TSUTAYA TV、ひかりTV4K、アクトビラ

またリモコンにも動画コンテンツのボタンが備わっていますのでダイレクトに動画配信サービスに移動できます。

ULEDテレビ U8Fシリーズ
ULEDテレビ U8Fシリーズ

その他のモデル
ハイセンスのテレビは種類が豊富で2021年モデルのE6Gシリーズ以外にも

上記2シリーズはハイセンスの中でもハイスペックモデルでよりキレイな映像を楽しみたい方はおすすめのシリーズです。

TCL P615シリーズ 2021年モデル【違いを徹底比較】

TCL P615シリーズ 2021年モデル【違いを徹底比較】

TCLのP615シリーズは一番スタンダードなシリーズで「4Kチューナー搭載」「きれいな映像処理」「動画配信サービス」など基本性能はしっかり備わっています。

メーカーTCL
シリーズP615
サイズ50v型
43v型
型番50P615
43P615
性能(画質/音質)
機能
耐久性
総合評価4.2
※Amazonレビューより抜粋
主な特徴・4Kチューナー搭載
・マイクロディミング機能搭載
・HDR10/HLG/Dolby Vision
・「Dolby Atmos」に対応
・Androidシステム搭載

TCL P615シリーズの主な特徴 詳細ピックアップ

マイクロディミング機能搭載
マイクロディミング機能搭載

マイクロディミング機能搭載
マイクロディミング機能とは映像を1,296のゾーンに分割して映像の明暗をくっきりと表現します。
それにより奥行きのある表現が可能で、目で見たままの映像が楽しめます。

「Dolby Atmos」に対応
Dolby Atmosは音質に関する機能で左右から聞こえるスピーカーの音に加えて高さを表現します。
高さを加えることで包み込まれるような立体的なサウンド体験ができ臨場感あふれるサウンドが楽しめます。

Androidシステム搭載
Androidシステム搭載

Androidシステム搭載
映画やドラマなどの動画コンテンツだけではなく、音楽やゲームなどAndroidでいろいろなコンテンツが楽しめます。
※スマートフォンの映像をテレビに映し出す「クロームキャスト機能内蔵」、声で検索できる「Google Assistant対応」です。

QLED Mini-LED採用 C825シリーズ
QLED Mini-LED採用 C825シリーズ

その他モデル
TCLのテレビもハイセンス同様に種類が豊富です。

2021年モデルはこれらのシリーズが新登場しています。
中でも「QLED Mini-LED採用 C825シリーズ」「QLED C728シリーズ」はQLEDという量子ドット技術が採用されていますので、今まで見たことのないようなキレイな液晶映像が楽しめるようになっています。

また120Hzの倍速モード搭載でスポーツや動きの早い映像もくっきりなめらかに映し出します。
※通常は60Hz

まとめ【違いを徹底比較】ハイセンスとTCLのテレビ

まとめ【違いを徹底比較】ハイセンスとTCLのテレビ

ここまで、ハイセンスとTCLのテレビを紹介しましたがメーカーごとに機能の違いはありますが、まとめると以下の通りです。

  • 性能面では「ハイセンス」が少しリード
  • 機能面では「TCL」が少しリード
  • 金額面はどちらもほとんど変わらず
    ※ハイセンス E6Gシリーズ / TCL P615シリーズ で比較した場合

性能の違い

NEOエンジンLite Hisense -ハイセンス-
NEOエンジンLite Hisense -ハイセンス-

ハイセンスは東芝レグザの「NEOエンジンLite」が搭載されていますので、過去に東芝のテレビを使用していた方は同じような映像体験ができると思います。

一方、TCLは搭載エンジンの記載がなく「QLED」「マイクロディミング」「HDR」から判断しないといけないので性能の良さは実機を見てみないと判断しづらいというところがあります。

TCLの初期設定は明るさが少し暗い印象を受けます。ですので視聴する際は好みに合わせた明るさを調整するのをおすすめします。

その他は特に気になるところはありませんが、格安テレビの中ではキレイな部類に入ると思います。
※個人的な感想を含みます。

機能の違い

低反射パネル TCL -ティーシーエル-
低反射パネル TCL -ティーシーエル-

機能面ではTCLのほうが

  • 低反射パネル
  • Android
  • クロームキャスト
  • Google Assistant
  • Dolby Atmos

など多くの機能が備わっているのでおすすめです。

もちろんハイセンスも機能面では優れていますがTCLのほうが僅かですが豊富な機能を搭載しています。

ちなみにリモコンの反応はハイセンス TCLともに反応が早くストレスなく操作できます。
※個人的な感想を含みます。

価格の違い

価格の違いは以下の通りです

メーカーHisenseTCL
発売年2021年2021年
シリーズE6GP615
価格65E6G 90,000円
50E6G 62,371円
43E6G 52,273円
50P615 61,818円
43P615 54,364円
主な特徴・4Kチューナー搭載
・NEOエンジンLite搭載
・AIネット映像高画質処理
・エリア別高精細復元
・低遅延ゲームモード対応
・ノンベゼル
・VIDAA
・4Kチューナー搭載
・マイクロディミング機能搭載
・HDR10/HLG/Dolby Visionに対応
・「Dolby Atmos」に対応
・Androidシステム搭載
※Amazonから抜粋 セール価格含む

さいごに ハイセンスとTCLの違い どっちが良いのか?

さいごに ハイセンスとTCLの違い どっちが良いのか?

今回はハイセンスとTCLの違いを比較してみました。
ハイセンス、TCLどちらも細かな違いはありますが、同価格帯で判断するとハイセンスのほうが一歩リードしているように思います。

メーカー保証はハイセンスは3年間 / TCLは1年間
故障のことを考えると保証期間の長いハイセンスのほうが安心です。
※Amazon、楽天市場では有償で延長保証が付けられます。

ぜひこの機会にハイセンス、TCLのテレビを比べてみてください。

・本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
・商品・サービスの詳細は各通販サイト、公式サイトでご確認ください。
・本記事は作成日
または更新日現在のものになります。
・作成日または更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。

くらしのベストチョイス
タイトルとURLをコピーしました