テレビ

ハイセンスとLGはどっちがいいのか?液晶テレビの違いを比較

ハイセンスとLGの液晶テレビ|どっちがいいのか?テレビ

出典元:https://www.amazon.co.jp/

この記事ではハイセンスとLGの有機EL・液晶テレビの違いを比べています。

海外メーカーで人気の高いハイセンスとLGはどっちが良いのか?迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

型番43A6H
サイズ43V型
発売日2022年7月下旬
参考価格62,859円(税込)

ハイセンスとLGの液晶テレビ|どっちがいいのか?

ハイセンスとLGの液晶テレビ|どっちがいいのか?

ハイセンスとLGを比べるとハイセンスは東芝REGZAの技術を活かした高性能エンジンを搭載しています。

そのため映像処理能力は非常に高いです。

一方でLGは自社でパネルの製造を行なっているので高画質なテレビが低価格で購入可能です。

どちらかを選ぶなら東芝REGZAの技術を活かしたハイセンスのほうが価格も安いのでコスパは高いです。

それからハイセンスは3年保証が付きます。

ただし、有機ELに関してはテレビの世界シェアトップクラスのLGのほうが高画質でおすすめです。

テレビメーカー・液晶テレビメーカーの市場シェアと売上高ランキング

LGは日本のメーカーにも有機ELパネルを供給しているので、その技術の高さには定評があります。

ですので、液晶テレビはハイセンス、有機ELテレビはLGというように分けて考えるのがいいでしょう。

ハイセンスとLGの液晶テレビを比較|違いは何?

ハイセンスとLGの液晶テレビを比較|違いは何?

ハイセンスとLGそれぞれの共通点は以下の通りです。

テレビの共通点
  • 4Kチューナー内蔵
  • HDR対応
  • AI機能
  • Wi-Fi機能(ネット動画接続)
  • Wチューナー

4Kチューナー内蔵
BS/CS放送やネット動画など4Kに対応しているコンテンツは別途4Kチューナーを取り付けなくても視聴可能です。

HDR対応
明るさの範囲を広げる機能で肉眼で見た状態に違い映像を映し出します。

AI機能
映像をシーンごとに分析して最適な映像を映し出します。

Wi-Fi機能(ネット動画接続)
ネット動画を別途取り付けなくても内蔵されているWi-Fi機能で動画コンテンツが楽しめる機能です。

Wチューナー
テレビを見ながら裏番組が録画できます。

では両メーカーのイチオシ商品を見てみましょう。

ハイセンス|有機ELテレビ 4Kチューナー内蔵 48X8F

出典元:https://www.amazon.co.jp/

ハイセンスの有機ELテレビはVGP2021、 VGP2022を連続して賞を受賞しています。

商品の特徴はAI機能搭載でシーンに合わせた映像処理を行いキレイな映像を映し出します。

また倍速パネル採用でスポーツやアクションなど速い動きもブレを軽減して滑らかに映し出します。

VGP2021ではコスパ大賞も受賞しているので高品質なテレビを低価格で購入できるのも人気の理由です。

型番48X8F
発売日2021年2月上旬
参考価格(税込)94,799円(税込)
スペック5.0

ハイセンス|液晶テレビ 4Kチューナー内蔵 43A6H

出典元:https://www.amazon.co.jp/

ハイセンスの2022年モデルA6Hシリーズは4Kチューナー内蔵に加え東芝REGZAの技術を活かした高性能エンジンを搭載しています。

AI機能搭載で映像のジャンルやシーンを判別して最適な映像を映し出します。

それから低解像度な映像も4Kレベルにまで再現します。

音質に関してもダイレクトサウンドを採用しているので音がズレて聞こえることなく一体感のあるサウンドが楽しめます。

型番43A6H
サイズ43V型
発売日2022年7月下旬
参考価格62,859円(税込)
スペック3.0

また2022年モデルのU7Hシリーズはさらにハイスペックなテレビです。

型番43U7H
サイズ43V型
発売日2022年7月下旬
参考価格87,800円(税込)
スペック4.0

LG|有機ELテレビ 4Kチューナー内蔵 OLED55G1PJA

LG 有機ELテレビ 4Kチューナー内蔵
出典元:https://www.amazon.co.jp/

LGの有機ELテレビOLED55G1PJAは国内最大級のオーディオビジュアル機器のグランプリ「VGP2022」で金賞を受賞しています。

AI機能搭載で画質の悪い映像も4K画質にアップスケーリングします。

また倍速機能が付いているので速い動きもブレを抑えて滑らかに映し出します。

音質に関してもAI機能でシーンごとに最適な音声を調整します。

Dolby Atmosに対応しているので立体的な音響効果も楽しめます。

ウーファーも搭載しているので立体音響にプラスして臨場感も加わります。

高性能なテレビを探している方はぜひお確かめいただきたい一台です。

型番OLED55G1PJA
サイズ55V型
発売日2021年5月31日
参考価格208,000円(税込)
スペック5.0

LG|液晶テレビ 4Kチューナー内蔵 43UQ9100PJD

出典元:https://www.amazon.co.jp/

43UQ9100PJDは4Kチューナー内蔵の液晶テレビでBS/CSはもちろんネット動画も4K画質でキレイな映像が楽しめます。

4Kアップスケーリング機能も備っているので通常の映像も4K画質で楽しめます。

型番43UQ9100PJD
サイズ43V型
発売日2022年5月下旬
参考価格76,958円(税込)
スペック3.0

また2021年モデルの43NANO75JPAは高性能ながらセールで割引されています。

在庫が残っていればお買い得です。

型番43NANO75JPA
サイズ43V型
発売日2021年5月31日
参考価格54,800円(税込)
スペック4.0

ハイセンスとLGはどっちがいいのか?まとめ

ハイセンス、LGそれぞれ特徴はありますが、総合的に判断するとハイセンスのほうがコスパ面では3年保証も付くので万一の故障にも安心です。

また東芝REGZAの技術が生かされているので発色は日本人好みに設定されています。

この機会にぜひお好みの一台を探してみてください。

格安テレビのメリット・デメリット【おすすめテレビ全10種類】
格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4Kテレビはどれ?【2022年 最新版】今回はAmazonや楽天市場などで販売されている格安テレビのメリット・デメリットを記事にまとめてみました。格安テレビはジェネリック家電...
YouTube対応おすすめテレビ 安いメーカーは?
YouTube対応おすすめテレビ 安いメーカーは?今回は各通販サイトで販売されている格安テレビで動画配信サービス対応のメーカー5種類をご紹介します。ご紹介するスマートテレビはこちらメーカー一覧TCLハ...
買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]
買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]最近は様々なメーカーからテレビが販売されています。SONYやPanasonicなどの有名メーカーからあまり聞いたことのないメーカーまで様々です。こ...
壊れにくいテレビメーカー!耐久性の高いおすすめモデルは?
壊れにくいテレビメーカー!耐久性の高いおすすめモデルは?壊れにくいテレビメーカーなんてあるの?今回はこの疑問にお答えしたいと思います。最近は国内外様々なメーカーからテレビが発売されています。...
タイトルとURLをコピーしました