《2021年最新版》光脱毛器 口コミ評判ランキング

2021年最新モデル ハイセンスのテレビ【A6GとE6Gの違い】

ハイセンスのテレビ A6G/E6Gくらしのお役立ちアイテム

ハイセンス最新テレビ《A6GとE6Gの違い》

ハイセンスのテレビ A6G/E6G
A6Gシリーズ/E6Gシリーズ

ハイセンスから2021年最新モデルA6GとE6Gが発売されました。

2021年モデルは価格帯を抑えたエントリーモデルになっており、4Kチューナー内蔵や動画配信サービスなどのAndroid TV機能を搭載しています。

手軽に高性能テレビをお求めの方にはぴったりな仕様になっています。

2021年モデルは2シリーズ展開しています。

  • A6Gシリーズ
  • E6Gシリーズ

しかし、性能を見る限り同じようなスペックになります。

そこで今回はハイセンス2021年最新モデルA6GとE6Gの違いについて記事をまとめてみました。

《液晶サイズの違い》 A6GとE6Gの違い

A6Gシリーズ
43V型、50V型、55V型、65V型、75V型
※75V型は2021年夏発売予定です。

E6Gシリーズ
43V型、50V型、65V型

A6GとE6Gの違いは販売されている液晶サイズの違いがあります。

E6Gシリーズは55V型/75V型の取り扱いはありません。

55V型/75V型をお求めの方はA6Gシリーズを選びましょう。

《販売方法の違い》A6GとE6Gの違い

家電製品はインターネット通販用と家電量販店などの店舗販売用型番を分けていることが多く、A6GとE6Gに関しても型番が分かれています。

型番を変えることで売れ筋や販売傾向などデータが取れたりするので分別できるようにインターネット通販用店舗販売用に分かれています。

では次に性能の違いを見てみましょう。

A6GとE6Gの性能比較(43V型で比較)

ハイセンスE6Gシリーズ
比較商品43A6G43E6G
43A6G43E6G
画面サイズ43v型43v型
画素数3840×21603840×2160
パネル方式ADS / RGBADS / RGB
バックライト直下型直下型
HDR対応HDR10 & HLGHDR10 & HLG
倍速対応
エンジンNEOエンジンLiteNEOエンジンLite
消費電力120W120W
高画質機能4K復元、AIネット映像高画質処理、HDR再現処理、エリア別クリア復元、 クリアノイズ処理、テクスチャー復元4K復元、AIネット映像高画質処理、HDR再現処理、エリア別クリア復元、 クリアノイズ処理、テクスチャー復元
広色域
残像感軽減SMR120SMR120
応答速度
低遅延ゲームモード対応対応
スピーカー2.0ch2.0ch
音声最大出力7W+7W7W+7W
サラウンド対応対応
高音質機能Eliex Prism, ダイレクトサウンド, 自動音声モード, DOLBY AUDIOEliex Prism, ダイレクトサウンド, 自動音声モード, DOLBY AUDIO
Clear Sound(人の声を強調)対応対応
自動音量制御対応対応
スマートスピーカー連携works with Google Assistant/works with alexaworks with Google Assistant/works with alexa
搭載VOD数Netflix/Youtube/Amazon Prime Video/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/ DMM.com/スカパー! on demand/TSUTAYA TV/Rakuten TV/ParaviNetflix/Youtube/Amazon Prime Video/Abema TV/hulu/dTV/U-NEXT/ DMM.com/スカパー! on demand/TSUTAYA TV/Rakuten TV/Paravi
チューナーBS 4K/110度CS 4K1 / 地上デジタル2 / BS・110度CSデジタル2BS 4K/110度CS 4K1 / 地上デジタル2 / BS・110度CSデジタル2
壁掛け対応あり【VESA:200*300】あり【VESA:200*300】

結論「同じスペック」です。

A6GとE6Gの型番の違いは

「販売している液晶サイズの違い」「販売方法(型番)の違い」くらいで性能は同じです。

ではもう少し詳しくE6G/A6Gシリーズの性能を見てみましょう。

A6G/E6Gシリーズの性能

視野角の広いADSパネル

A6GとE6GはADSパネルを採用しています。

IPSパネルと同等のスペックで、歴史はIPSパネルのほうが古く、開発元は日本の日立です。
※ADSパネルの開発は中国です。

ADSパネルの特長は視野角が優れているので、斜めから見ても白っぽくなったり見えにくいということが軽減されます。

明るい映像が楽しめる直下型LEDバックライト

E6G/A6Gシリーズは直下型LEDバックライト方式を採用しており、液晶画面が均等に明るくなります。

液晶パネルはエッジ型直下型とあり直下型の方がコントラスト比が上がるためハッキリとしたキレイな映像が楽しめます。

※ハイセンスのU8Fシリーズは「ローカルディミング方式」を採用しており、さらに細かい輝度調節が可能です。

肉眼で見たままを再現するHDR

HDRとはハイダイナミックレンジイメージの略で最近の液晶テレビは殆どがHDR対応です。
※店頭や通販サイトでもHDR表示されています。

HDR対応のメリットは明るさの幅が広がります。

例えば明るいシーンや暗いシーンの白飛びや黒潰れを補正することができます。

実際に肉眼で見たときに近い映像を再現します。

映像のブレ・ノイズを抑えるNEOエンジンLite

イセンスのE6G/A6GシリーズはNEOエンジンLiteを搭載しています。

基本的な映像補正処理に加えて、ノイズを抑えた美しい映像美を実現します。

速い動きのシーンもSMR120ですので、映像のブレを抑えて滑らかな映像処理が可能になり残像を軽減します。

消費電力を抑えた省エネ設計

液晶テレビは画面の大きさや性能によって消費電力が高くなります。

E6G/A6Gシリーズは消費電力を抑えた省エネ設計になっています。

43V型の場合(消費電力130W)
1時間あたりの電気代はなんと3.51円

YouTube対応 動画も見れる多機能テレビ

最近はテレビの活用方法も変わり、YouTubeやAmazonプライム・ビデオなどの動画配信サービスを目的にテレビを購入している方も増えています。

ハイセンスのE6G/A6GシリーズはWi-Fi機能が内蔵されているためテレビを設置したその日からすぐに動画が楽しめます。
※VIDAAを使用するには、インターネット環境が必要です。

高画質な4Kチューナー内蔵

地上デジタル放送は4K放送に対応していないので、4K放送の素晴らしさはあまり分からないと思いますが、BS/CS放送やYouTubeなどの動画配信サービス4K配信を行なっています。

ですので今後テレビを購入するときは4Kチューナー内蔵モデルをおすすめします。

臨場感あふれるサウンドスピーカー

ハイセンスのテレビは画質だけではなく音質にもこだわっています。

一般的に液晶テレビは画質は年々向上されていますが、音質に関してはイマイチです。

特に格安テレビ(ジェネリック家電、OEM/ODM製品)といわれる液晶テレビの音質は期待できません。

その点、ハイセンスのE6G/A6Gは格安テレビなのにも関わらず高音質で臨場感あふれるダイナミックなサウンドが楽しめます。

ダイレクトサウンドは映像とサウンドのズレを補正し一体感のある高音質が体感できます。

「音」にもこだわったハイセンスのE6G/A6Gシリーズは必見です。

見たい番組を逃さない裏番組録画機能

ハイセンスのE6G/A6Gシリーズに限らず最近のテレビは裏番組が録画できるようになっています。

裏番組録画やWチューナー搭載などの表記があれば基本的に裏番組の録画は可能です。
※録画にはHDDの接続が必要です。

(おまけ)50V型と55V型を比較

50V型と55V型で迷うことはありませんか?

E6G/A6Gの場合、50V型と55V型の価格差は約1万円です。

サイズの違いは

50V型:横幅約110cm、高さ約62cm
55Ⅴ型:横幅約121cm、高さ約68cm

あまり大きなテレビだと圧迫感を感じるのでは?

こう思われる方も従来の液晶テレビに比べ、4Kテレビの最適な視聴距離は短いのです。

液晶テレビごとの最適な視聴距離

例えばハイビジョン、フルハイビジョンテレビと4Kテレビを比較してみると、4Kテレビは3分の1の距離でも液晶パネルが高精細ですので距離が短くても美しい映像美が損なわれることはありません。

まとめ 2021年最新モデル ハイセンスのテレビ【A6GとE6Gの違い】

ハイセンスのテレビ A6G/E6G

今回はA6GとE6Gの違いを記事にまとめてみました。

違いは「液晶サイズの違い」「販売方法の違い」この2点です。

E6G/A6Gシリーズは格安テレビの中ではトップクラスのスペックで以下のような利点があります。

おすすめポイント まとめ
  • 視野角の広いADSパネル
  • 明るい映像が楽しめる直下型LEDバックライト
  • 肉眼がんで見たままを再現するHDR
  • 映像のブレ・ノイズを抑えるNEOエンジンLite
  • 消費電力を抑えた省エネ設計
  • YouTube対応 動画も見れる多機能テレビ
  • 高画質な4Kチューナー内蔵
  • 臨場感あふれるサウンドスピーカー
  • 見たい番組を逃さない裏番組録画機能

格安テレビでこれだけのスペックが付いています。

あと一つ付け加えるなら

「リモコン操作がしやすい」

格安テレビはリモコンの反応が悪いメーカーもありますが、ハイセンスのテレビはリモコンも優れており操作性もこだわる方はおすすめの液晶テレビです。

またハイセンスの液晶テレビは標準で3年間のメーカー保証が備わっています。

万一の故障もしっかり対応してもらえますので安心して使用できます。

この機会にハイセンスの2021年最新モデルE6G/A6Gシリーズをぜひお確かめください。

【関連記事】
《2020年モデル》ハイセンスの高性能テレビ【U8FとU7Fの違い】
《2021年最新版》YouTube対応おすすめテレビ 格安メーカー5選

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました