テレビ4Kテレビ

ゲオテレビの評判「画質が悪いという口コミは本当なのか?」

ゲオテレビの評判 画質が悪いという口コミは本当なのか?テレビ

ゲオテレビの評判「画質が悪いという口コミは本当なのか?」

ゲオテレビの評判「画質が悪いという口コミは本当なのか?」

レンタルDVDやゲームなどで有名なGEO(ゲオ)

そのゲオでテレビが販売されているのはご存じでしょうか?

初めて聞きました!どんなテレビなの?

ゲオのテレビは口コミでも評判で、低価格&高画質でコストパフォーマンスの高いテレビになっています。

ハイセンスのスマートテレビ

また、機種によってはYouTubeが見れるのでスマートTVをお探しの方にはぴったりなのです。

しかし、口コミの中には「ゲオのテレビは画質が悪い」「画質が荒い」という口コミも見られます。

そこで今回はゲオテレビの評判や性能についてまとめてみました。

ゲオテレビの画質が気になる方は参考にしてみてください。

ハイセンス 43型 4Kチューナー内蔵テレビ 43E65Gの場合

ゲオ公式サイト47,080円(税込)
Amazon49,800円(税込)
楽天市場51,480(税込)
ヤフーショッピング49,723円(税込)
※2022年8月27日時点

他の通販サイトよりも値段が安いのでお見逃しなく!

ゲオのチューナーレステレビはこちらの記事でまとめています。

ゲオのテレビとは?どこのメーカーなの?

ハイセンスとグリーンハウス
左:ハイセンス 右:グリーンハウス

ゲオテレビは主にハイセンスグリーンハウス、WISというメーカーを扱っています。

ハイセンスは聞いたことあるけどグリーンハウスは初めて聞いた。どんなテレビなの?

グリーンハウスは日本に本社を構えるメーカーでOEM商品の販売を行なっています。

OEMって何?

グリーンハウスのOEMとは?

OEMとは、メーカーが他社のブランド品として販売される製品を製造すること、または製造業者そのものを意図する用語である。(省略)

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室

OEMとはメーカー独自で商品を製造するのではなく、他の工場で作られた商品を自社ブランドとして販売する方法です。

ファストファッションで有名なH&MもOEMメーカーになります。

OEMのメリット・デメリット

OEMのメリット

OEMのメリットは自社工場を持たずに商品が製造できるので生産コストが抑えられます。
主に中国や台湾などの工場で製造されることが多く、人件費や設備費用を抑えて低価格な商品の販売が可能なのです。

OEMのデメリット

OEM製造は低価格商品を製造できますが、メーカーの独自性は損なわれます。
テレビを例に挙げると、各社似たような商品が多くSONY、Panasonicなどの国内メーカーと比べるて機能は劣ります。

OEM製品はメリット・デメリットありますが、無駄な機能を省いて低価格で購入したい方にはおすすめです。

グリーンハウスのテレビも無駄な機能は付けずに、シンプル&低価格なテレビになっています。

ゲオのチューナーレステレビはこちらの記事でまとめています。

ゲオテレビの画質はいいのか?

実際に画質は良いの?

ではゲオテレビの画質を見てみましょう。

ゲオテレビの画質|ハイセンス50V型

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんがハイセンスは家電メーカー東芝(TOSHIBA)の技術が使われています。

高性能エンジン「NEOエンジンLite」
高性能エンジン「NEOエンジンLite」

ハイセンスのテレビは2017年に東芝を買収しています。以降東芝の技術を駆使して高性能なテレビを製造しています。

ですので画質に関しては問題ありません。

ゲオテレビ|ハイセンスの性能

ゲオテレビ|ハイセンスの性能
  • 4Kチューナー内蔵
  • 4K復元
  • NEOエンジンLite搭載
  • HDR10・HLG対応
  • 直下型LEDバックライト
  • クリアノイズ処理
  • ベゼルレス
  • ゲームモード搭載
  • 動画配信サービス
  • 裏番組録画
  • 豊富な接続端子
  • 視野角の広さ
  • 省エネ設計
  • 3年保証

ハイセンスのテレビはこれだけの機能が備わっています。

4K復元

4K復元
4K画質に引き上げます 左:処理前 右:処理後

クリアノイズ処理

クリアノイズ処理
ノイズを軽減 左:処理前 右:処理後

特に4K復元クリアノイズ処理は、高性能エンジン(NEOエンジンLite)が搭載されているのでキレイで滑らかな映像が楽しめます。

また動画配信サービスも内蔵されているのでYouTubeやAmazonプライム・ビデオなども視聴可能です。

一台でさまざまな機能を網羅しています。

ゲオテレビ|グリーンハウス50V型

ゲオテレビ|グリーンハウス50V型

グリーンハウスはハイセンスよりもさらにお求めやすくなっています。

ハイセンスと比べるて機能は劣りますが、2022年モデルの50V型テレビでも4万円台で購入できるのには驚きです。

ゲオテレビ|グリーンハウスの性能

ゲオテレビ|ハイセンスの性能
  • 4K対応
  • HDR10対応
  • ベゼルレス
  • 直下型LEDバックライト裏番組録画可能
  • 豊富な接続端子
  • 3年保証
HDR10対応
HDR10対応
HDR10対応

ハイセンスのテレビと比べるとちょっと物足りないように感じますが、それでもHDR10対応、直下型LEDバックライト搭載なので鮮やかな映像が楽しめます。

ゲオテレビの選び方|ハイセンスとグリーンハウスはどっちがおすすめ?

ゲオテレビ|ハイセンスとグリーンハウスはどっちがおすすめ?

ハイセンスとグリーンハウスはどっちがおすすめなの?

それぞれのおすすめポイントをまとめてみました。

ゲオテレビおすすめポイント|ハイセンス

ゲオテレビおすすめポイント|ハイセンス

ハイセンスのテレビはこんな方におすすめです。

  • 高画質を求めたい
  • 地デジだけじゃなくBS/CS放送も見る
  • 動画サービスを楽しみたい

ハイセンスのテレビは、画質・機能どちらも充実しています。

ちなみにゲオで販売されているハイセンスの50E65Gスタンダードモデルに位置します。

もっと高性能なハイセンステレビをお求めの方はこちらでまとめています。

ゲオテレビおすすめポイント|グリーンハウス

グリーンハウスのテレビはこんな方におすすめです。

  • テレビを安く購入したい
  • 地デジしか見ない

グリーンハウスのテレビは、安くテレビを購入したい方にはピッタリです。

ただし、グリーンハウスのテレビはFire TV Stickなどの専用キャストを取り付けないと動画サービスは利用できません。

グリーンハウスのテレビを選ぶ際は、専用キャストも一緒に検討しましょう。

Fire TV Stick 4K Max

商品名Fire TV Stick 4K Max
参考価格6,980円
レビュー件数31,205件
レビュー評価4.5
¥6,980 (2022/09/03 01:39時点 | Amazon調べ)

安定したネット動画を視聴するにはインターネット回線も大切です。

NURO光なら速度・安定感は申し分ありません。

キャッシュバックキャンペーンでテレビの購入費用にも当てられます。

ぜひNURO光をお確かめください。

※NURO光は対象地域が限られています。ご注意ください。

ゲオテレビの評判「画質が悪いという口コミは本当なのか?」

次にゲオテレビの口コミや評判を見てみましょう。

ゲオテレビの口コミや評判|ハイセンス50E65G

メーカー名ハイセンス
型番50E65G
レビュー評価4.8
楽天市場より抜粋

5.0
50代 男性2022-02-06
コスパいいテレビです
4K映像もゲームもほんとに素晴らしい
もう既に今年のベストバイになりそうです(笑)

楽天市場より抜粋

5.0
30代 女性 2021-11-30
リビングのテレビが壊れてしまい、急な出費なのでお手頃価格なこちらを購入。
とても満足です。
以前はChromecastを使っていましたが、こちらのテレビはネットに直接繋げられるのでYouTube、Netflix、Hulu、Abema、とても観やすくなりました(^^)
(省略)

楽天市場より抜粋

5.0
30代 男性 2021-09-21
画質ものすごくきれいです。この値段でこの品質はとても満足。メーカー品買わなくても、これで大満足です。使用して1か月、とても満足して使用しております。

楽天市場より抜粋

4.0
50代 男性 2021-09-21
綺麗に映っています。横側から見ると少し白っぽく映るのがちょっと難点ですが基本的に問題なしです。
とても本体が軽いので、後は耐久性がどうか?

楽天市場より抜粋

ハイセンスの口コミの多くは「画質がキレイ」「動画が見れるので便利」「コスパが良い」と概ね高評価です。

ハイセンス3年間の保証

また2021年に発売されたばかりということで耐久性を気にする口コミも見られますが、ハイセンスのテレビは3年間の保証が付いています。

万一、不具合や故障しても問い合わせ窓口で対応してもらえるので安心ですね。

グリーンハウスの口コミにはまだ発売されたばかりということもありレビューはありません。
※随時更新します。

ゲオテレビの評判 画質が悪いという口コミは本当なのか?|まとめ

ゲオテレビの評判 画質が悪いという口コミは本当なのか?|まとめ

今回はゲオテレビの口コミや評判をまとめてみました。

ゲオテレビの特徴
  • ゲオで製造しているわけではなく他社製品
  • 低価格で高画質なテレビを販売している
  • 安心の3年保証
ハイセンスとグリーンハウス
メーカー名Hisenseグリーンハウス
型番50E65GGH-TV50DGE-BK
発売日2021/06/012022/04/14
参考価格54,780円(税込)43,780円(税込)
サイズ50V型50V型
性能(画質/音質)
機能
耐久性

ゲオテレビはAmazonなどの各通販サイトでも販売されています。

セール状況にもよりますが、ゲオ公式通販サイトのほうが価格帯は安く設定されています。

ぜひ口コミでも評判のゲオテレビをお確かめください。

格安テレビのメリット・デメリット【おすすめテレビ全10種類】
格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4Kテレビはどれ?【2022年 最新版】今回はAmazonや楽天市場などで販売されている格安テレビのメリット・デメリットを記事にまとめてみました。格安テレビはジェネリック家電...
買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]
買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]最近は様々なメーカーからテレビが販売されています。SONYやPanasonicなどの有名メーカーからあまり聞いたことのないメーカーまで様々です。こ...
壊れやすいテレビ|できれば避けたい故障が多いのはどのメーカーか?
壊れやすいテレビ|できれば避けたい故障が多いのはどのメーカーか?家電製品に故障はつきものです。テレビも例外ではなく、運悪く初期不良や故障してしまうことも考えられます。そこで今回は壊れやすいと思われているテレ...
壊れにくいテレビメーカー!耐久性の高いおすすめモデルは?
壊れにくいテレビメーカー!耐久性の高いおすすめモデルは?壊れにくいテレビメーカーなんてあるの?今回はこの疑問にお答えしたいと思います。最近は国内外様々なメーカーからテレビが発売されています。...
タイトルとURLをコピーしました