テレビ4Kテレビ

ゲオのチューナーレス4Kテレビ【口コミや評判】どこの国のメーカーなのか?

ゲオのチューナーレス4Kテレビ【口コミや評判】どこの国のメーカーなのか?テレビ
WIS AX-MSK43
出典元:https://ec.geo-online.co.jp/

2022年7月21日レンタルDVDのゲオからチューナーレス4Kテレビが発売されました。

ドン・キホーテでもチューナーレステレビが発売され話題になりましたが、ゲオのチューナーレステレビは4K画質でYouTubeや Amazonプライムビデオなどの動画配信サービスが楽しめます。

そこで今回はゲオのチューナーレス4Kテレビの口コミや評判など気になるポイントをまとめています。

ゲオのチューナーレス4Kテレビが気になる方はぜひ参考にしてみてください。

メーカーWISWIS
サイズ43V型50V型
型番AX-MSK43AX-MSK50
発売日2022年07月21日2022年07月21日
参考価格32,780円(税込)38,280円(税込)

ゲオのチューナーレス4Kテレビはどこの国のメーカーなのか?

ゲオのチューナーレス4Kテレビはどこの国のメーカーなのか?

ゲオのチューナーレス4KテレビはWISというメーカーのASTEXというシリーズです。

WISは京都に本社を構える企業で主にAV機器関連商品の輸入販売を行なっています。

製造国は中国を中心に海外の工場で生産されています。

ゲオのチューナーレス4Kテレビとは?

ゲオのチューナーレス4Kテレビとは?

ゲオのチューナーレス4Kテレビとはその名の通りテレビチューナーが搭載されていないテレビのことです。

ですので当然地デジ放送は見られません。

しかし、このチューナーレステレビは大好評でドン・キホーテで発売されるや否や1ヶ月で完売になりました。

チューナーレステレビが人気の理由は以下の通りです。

人気の理由
  • 価格が安い
  • NHKの受信料がかからない
  • 動画配信サービスが利用できる

チューナーレステレビはチューナー搭載テレビと比べて価格が安いです。

チューナーレステレビ

WIS AX-MSK43
出典元:https://ec.geo-online.co.jp/
メーカーWISWIS
サイズ43V型50V型
型番AX-MSK43AX-MSK50
発売日2022年07月21日2022年07月21日
参考価格32,780円(税込)38,280円(税込)

チューナー搭載テレビ

ハイセンス 43E65G
出典元:https://ec.geo-online.co.jp/
メーカーハイセンスハイセンス
サイズ43V型50V型
型番43E65G50E65G
発売日2021年08月01日2021年06月01日
参考価格49,280円(税込)56,980円(税込)

ゲオのチューナーレス4Kテレビとハイセンスのテレビを比べてみるとこんなにも値段が違います。

もちろん、メーカーごとの価格設定もありますが、それでもゲオのチューナーレステレビは格安です。

こんなゲオのチューナーレステレビですが、本当にNHKの受信料を支払わなくて大丈夫なのか?気になりますよね。

その理由について見てみましょう。

NHKの受信料は払わなくて大丈夫?

まずはNHK受信料の規約について見てみます。

(放送受信料支払いの義務)
第5条 放送受信契約者は、受信機の設置の月の翌月から第9条第2項の規定により解約となった月の前月まで、1の放送受信契約につき、その種別および支払区分に従い、次の表に掲げる額の放送受信料(消費税および地方消費税を含む。)を支払わなければならない。

日本放送協会放送受信規約より抜粋

チューナーレステレビは「受信機の設置」に該当しません。

ですので、規約にある放送受信料の支払い義務に該当しないということになります。

パソコン用モニターとの違いは何?

パソコン用モニターとの違いは何?
出典元:https://www.amazon.co.jp/

テレビ番組が見られないならパソコン用モニターでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、パソコン用モニターにはAndroid TV機能が備わっていません。

チューナーレステレビはAndroid TV機能が内蔵されているので、自宅にインターネット環境があれば、設置したその日に動画配信サービスが観れるというわけです。

チューナーレスでも地デジ放送が観られる?

チューナーレステレビでも地デジ放送を見る方法があります。

それは動画配信サービス「TVer」を経由してテレビ番組を見るという方法です。

リアルタイムでは観られませんが、ドラマやバラエティなど見逃したくない番組が見られるのは嬉しいですよね。

このようにチューナーレステレビは今までのテレビとは全く違う使い方ができます。

今までは時間通りに番組を観るか、録画をして観ていたものが、動画配信サービス(TVer)で観られます。

チューナーレステレビでも地デジ放送が観られるのです。

ゲオのチューナーレス4Kテレビ【口コミや評判】

ゲオのチューナーレス4Kテレビ【口コミや評判】

では続いてゲオのチューナーレス4Kテレビの口コミや評判を見てみましょう。

良い口コミレビュー

良い口コミ
  • フチが薄くて良い
  • 起動が早い
  • 画質がキレイ
  • リモコンの音声入力が便利
  • リモコンのダイレクトボタンが便利
  • 省エネ効果がある
  • 豊富な接続端子
  • 視野角が広い
  • とにかく安い
  • 思っていた以上に良い
  • コスパ最高

ゲオのチューナーレス4Kテレビは口コミでも評判で特に動画配信サービスを中心にテレビを利用したい方はおすすめの一台です。

ショートカットボタン搭載

操作性も抜群で音声入力やYouTube・Amazonプライム・ビデオなど直接アクセスできるショートカットボタンも付いています。

性能もよく価格も安いのでコストパフォーマンスは最高です。

では続いて悪い口コミを見てみましょう。

悪い口コミレビュー

悪い口コミ
  • Wi-Fiに接続されないことがある
  • 初期設定は眩しい
  • 色合いが不自然
  • 音質がイマイチ
  • 応答速度で左右されるゲームには向かない

Wi-Fiに接続されないことがある
他のテレビでも同じことがあるのでテレビを再起動、Wi-FiのON/OFFを試してみましょう。

初期設定は眩しい・色合いが不自然
少し眩しく感じる点や色合いが不自然なところは設定を調整してみてください。

変更できる設定は以下の通りです。

ピクチャーモード
好みに合わせた画像を自動で調整してくれるモードです。(まずはピクチャーモードで試してみます)
※ユーザー設定は全ての画像を個別で設定できます。

WCG(広色域)
標準・WCG・自動から選択できます。

バックライト
0〜100から調整可能
明るさを変更できます。

アクペスト比
16:9 4:3 自動 標準から選択可能
自動でOKです。

高度な設定
その他の設定が可能です。
色合いが不自然に感じる場合はダイナミックコントラストをOFFにすれば自然な色合いになります。

音質がイマイチ
音質に関してはそれなりなのでより臨場感あふれるサウンドを求める場合はサウンドバーを購入しましょう。
※サウンドモード・サラウンドモードでシーンに合わせた設定は可能です。

応答速度で左右されるゲームには向かない
応答速度は8msなのでFPSや格闘ゲームなど瞬時に対応しないといけないゲームには不向きです。

ゲーム用のモニターでは最低でも5ms以下、早いものだと1ms以下のモニターもあります。

メーカーWISWIS
サイズ43V型50V型
型番AX-MSK43AX-MSK50
発売日2022年07月21日2022年07月21日
参考価格32,780円(税込)38,280円(税込)

ゲオのチューナーレス4Kテレビ【口コミや評判】まとめ

今回はゲオのチューナーレス4Kテレビの口コミや評判についてまとめてみました。

最近はテレビ離れから地デジ放送を目的にテレビを購入する方は減ってきています。

反対にYouTubeやAmazonプライム・ビデオなど動画配信サービスを中心にテレビを活用している方が増えています。

ゲオのチューナーレス4Kテレビは今の時代に最適なテレビといえます。

この機会にぜひゲオのチューナーレス4Kテレビを検討の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

チューナーレステレビ

出典元:https://ec.geo-online.co.jp/
メーカーWISWIS
サイズ43V型50V型
型番AX-MSK43AX-MSK50
発売日2022年07月21日2022年07月21日
参考価格32,780円(税込)38,280円(税込)
タイトルとURLをコピーしました