アイリスオーヤマのマスク販売はこちら ≫

アイリスオーヤマ|ふとんクリーナーの品質や口コミ【IC-FAC3】

アイリスオーヤマ 強力ふとんクリーナーIC-FAC3 生活家電
この記事は約9分で読めます。

アイリスオーヤマ|ふとんクリーナーの品質や口コミ【IC-FAC3】

アイリスオーヤマ|ふとんクリーナーの品質や口コミ【IC-FAC3】

レイコップで一躍人気になった布団クリーナー。布団を叩いて掃除機で吸い込むという新たな発想で、今では一家に一台布団クリーナーというくらいメジャーな家電製品になってきたと思います。

そこで今回は、ジャパネットたかたで紹介されたアイリスオーヤマのふとんクリーナー【IC-FAC3】の口コミや品質を記事にまとめました。

アイリスオーヤマのふとんクリーナーの詳細、ご購入【公式サイト】はこちらへどうぞ。

アイリスオーヤマ|ふとんクリーナーIC-FAC3の口コミや評判

布団を干せない為購入です。家族皆で使ってます。ランプの色が変わるのが面白いみたいです。使い捨てフィルターなので毎回掃除しなくて済むのもいいですね。

買って良かった!届いてすぐに、試しに軽く布団にかけてみただけで「小麦粉落ちてたのかな?」と思うくらい白いホコリがとれました。笑布団だけでなくカーペットにも気軽に使えて、買って本当に良かったです。親にもプレゼントしようと思います。

口コミを見ても多くの方が「買って良かった」「ホコリがよく取れた」と満足されています。

アイリスオーヤマのふとんクリーナーが口コミでも評判なのは、価格が安くて、使いやすいところにあります。

ふとんクリーナーといえば、有名なレイコップやダイソンが挙げられます。

しかしレイコップやダイソンは、

・ダイソンはコードレスで使いやすいのですが、値段が高い。
・レイコップはおしゃれですが重くて小回りがきかないので使いにくい。 など
デメリットもあります。

その点アイリスオーヤマのふとんクリーナーは、安くて使いやすいのでコストパフォーマンス最高です。

でも布団クリーナーって必要なの?

なぜアイリスオーヤマのふとんクリーナーが必要なのか?

なぜふとんクリーナーが必要なのか?

今まで布団は、外に干して布団たたきを使うのが一般的だったと思いますが、重労働でついつい布団を干さないということも…

その点。ふとんクリーナーなら、叩いてホコリを吸い取ってくれるので、布団を外に干す手間が省けます。ですのでいつも清潔な布団で眠ることができます。

なぜアイリスオーヤマのふとんクリーナーなのか?品質は?

値段の安さ

新たに発売したアイリスオーヤマ 強力布団クリーナー IC-FAC3(コード付き)は9000円ほどで購入できます。

なぜアイリスオーヤマのふとんクリーナーなのか?おすすめ理由

IC-FAC3は軽い

レイコップだと約2kg~3kgなのに対して、アイリスオーヤマの強力布団クリーナーは1.6kgと軽く小回りがききます。

使いやすさ

軽くて小回りがきくので布団だけではなくソファにも使用できます。車のシートにも使えます。レイコップの場合小回りがききにくくソファには使いづらい形になってます。

掃除機同様に布団クリーナーもこまめに使いたいので、手軽にカーペットやソファ、クッションなどパッと使えるのがアイリスオーヤマの布団クリーナーのいいところです。

さらに使い捨てフィルターが新たに登場したので面倒なフィルター掃除がなくなったのは嬉しいことです。

アイリスオーヤマ布団乾燥機カラリエと組み合わせて効果倍増

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 カラリエと組み合わせて効果倍増

冬場に向けてアイリスオーヤマの強力布団クリーナーの活躍は期待できます。アイリスオーヤマ一番人気ともいえる布団乾燥機カラリエと組み合わせれば更に効果倍増。

アレル物質が約2倍取れます。
普段目に見えないからこそ布団はキレイを保ちたいものです。

余談ですが冬場のダニについてお話しておきます。

冬でもダニは生きてるの?

夏場に大繁殖したダニはたくさん卵を産みます。冬場は暖房をつけるので、布団やソファ、カーペット等で冬でもダニはしっかりと生きてるのです。ダニは毎日フンをします。
約3ヶ月の寿命を終えたダニはハウスダストとなります。

今までは布団たたきで叩いてましたが、これからの時代は布団クリーナーで退治する時代です。布団クリーナーの購入を迷われてる方は、この機会にぜひお試しください。

以上、アイリスオーヤマのふとんクリーナーについて記事にまとめてみました。

もしアイリスオーヤマのふとんクリーナーに興味のある方は、公式サイトでもっと詳しくふとんクリーナーの魅力を知ることができますので、チェックしてみて下さい。

アイリスオーヤマのふとんクリーナーの詳細、ご購入【公式サイト】はこちらへどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました