【2021最新版】格安テレビのメリット・デメリット

【脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い】どちらがいいの?人気家庭用脱毛器を比較

【脱毛ラボとケノンの違い】どっちがいいの?人気家庭用脱毛器を比較家庭用脱毛器

【脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い】人気家庭用脱毛器を紹介

脱毛ラボ ホームエディション/ケノン(KE-NON)

今回は、脱毛ラボホームエディションとケノン(KE-NON)の違いを記事にまとめてみました。

新型コロナウイルスの影響で今まで脱毛サロンに通っていた方も

感染したら怖いな。
通うの辞めようかな?

と、脱毛ケアに対する意識が少しずつ変わってきています。

しかし、初めて家庭用脱毛器を使う方は、

どのメーカーが良いのか?
本当に効果はあるのだろうか?

分からないことだらけです。

そこで今回は、家庭用脱毛器の人気メーカー「脱毛ラボ ホームエディション」「ケノン(KE-NON)」この2種類に厳選して比較してみたいと思います。

どちらも人気の家庭用脱毛器ですので、それぞれの違いを比べてみてください。

脱毛ラボ テレビCM 「脱毛ラボ ホームエディション 映画番宣編」30秒ver.
脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)

保証期間1年 12,480円相当プレゼント
脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)
キャンペーン価格:66,478円(税込)
※キャッシュレス決済の場合


脱毛器ケノン(KE-NON)

保証期間1年(有料延長保証あり) まゆ毛用ピンセット付き
脱毛器ケノン(KE-NON)
販売価格:69,800円(税込)

脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い

脱毛ラボとケノンの違い

脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)は、それぞれデザインや価格などの違いはありますが機能面も違いがあります

脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い
  • 照射パワー
  • 照射スピード
  • 冷却機能
  • 照射回数

【照射パワー】脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い

【照射パワー】脱毛ラボとケノンの違い

脱毛ラボ ホームエディションの照射パワーは、脱毛サロンと同じ12ジュールと業務用パワー。

また顔やVIOラインでも使えるので、全身をしっかり脱毛ケアしたい方にはおすすめです。

その反面、ケノン(KE-NON)は「業務用」と記載はありますが、詳細は書かれていないので不明です。

照射パワーは、詳細が書かれている脱毛ラボホームエディションの方が良いかもしれませんね。

【照射スピード】脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い

照射スピードは、脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)どちらも記載方法が違うので比較しづらいのですが、

脱毛ラボの照射スピード

連射モードで全身15分で完了※個人差があります。
1秒毎に連射できる。※照射レベル1の場合

ケノン(KE-NON)の照射スピード

最短で0.4秒※照射レベル1/連発モードの場合

照射スピードの違いを見てもよく分からない。どちらが早いの?

どちらも照射スピードをアピールしていますが、早さに関しては断然脱毛ラボの方が早いです。

それぞれの違いを見ると、ケノン(KE-NON)はレベル10で使うと照射の間隔が3秒〜5秒ほどかかります。

それに比べて脱毛ラボ ホームエディションは、照射間隔が短いので「ピッピ」とストレスなく脱毛ケアできます。

【冷却機能】脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い

脱毛ラボ ホームエディションは冷却機能(クーリング機能)がついています。

冷却機能があると脱毛ケアをしながら脱毛箇所を冷やしてくれるのでとても便利です。

効率よくケアしたい方は、脱毛ラボ ホームエディションがおすすめです。

【照射回数】脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い

照射回数
  • 脱毛ラボ ホームエディションは30万回(約10年分)
  • ケノン(KE-NON)はレベル1で300万回、レベル10で50万回(約30年分)
ケノンはレベル1で300万回、レベル10で50万回
ケノンはレベル1で300万回、レベル10で50万回

照射回数で比べるとケノン(KE-NON)のほうが上です。

長く使いたい方はケノン(KE-NON)をおすすめします。

でもケノン(KE-NON)は、照射スピードが遅いんでしょ?

はい、照射スピードは脱毛ラボの方が上です。

家庭用脱毛器を比較する際、照射スピードと照射回数は気になりますよね。

選び方は人それぞれですが、家庭用脱毛器は脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)、どちらも電化製品です。

いつかは壊れます。

そう考えると照射スピードの速さ/冷却機能の付いている脱毛ラボ ホームエディションの方がストレスなく脱毛ケアができるのでおすすめです。

【関連記事】
脱毛ラボ ホームエディション【口コミや効果は?】1年以上使った感想レビュー
ケノンの脱毛器は口コミ通り評判なのか?VIO効果は?【感想レビュー】

脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)

保証期間1年 12,480円相当プレゼント
脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)
キャンペーン価格:66,478円(税込)
※キャッシュレス決済の場合


脱毛器ケノン(KE-NON)

保証期間1年(有料延長保証あり) まゆ毛用ピンセット付き
脱毛器ケノン(KE-NON)
販売価格:69,800円(税込)

脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)「どちらがVIOで使えるの?」

VIOラインは使っても大丈夫なの?

脱毛ラボホームエディションは、公式サイトでもVIOラインの使用は可能ですので、VIOラインで脱毛器を使いたい方は脱毛ラボ ホームエディションがおすすめです。

でも脱毛ラボ ホームエディション/ケノン(KE-NON)どちらも光脱毛ですので、ケノン(KE-NON)もVIOラインでの使用は可能です。

ただし、公式サイトではVラインについては推奨されていますが、I・Oラインについての使用は推奨されていません。

VIOラインで使用したい方は、脱毛ラボ ホームエディションのほうが良いかもしれませんね。※脱毛ケアするときは注意して使用しましょう。

脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)はどちらがいいの?

性能自体はどちらも変わりありませんが、価格の安さ、冷却機能、キャンペーンなどトータルで考えると脱毛ラボホームエディションをおすすめします。

実際に脱毛ラボ ホームエディションを使ってみた感想ですが、自動照射でストレスなく使えますし、保冷剤で冷やさなくて良いので、脱毛ラボ ホームエディションの方が楽に使えます。

また、脱毛ラボ ホームエディションは、ドクターシーラボグループの商品ですので、安心してお使いいただけます。

【関連記事】
脱毛ラボ ホームエディション【口コミや効果は?】1年以上使った感想レビュー

脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)

保証期間1年 12,480円相当プレゼント
脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)
キャンペーン価格:66,478円(税込)
※キャッシュレス決済の場合

まとめ【脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違い】どちらがいいの?人気家庭用脱毛器を比較

今回は人気脱毛器、脱毛ラボ ホームエディションとケノン(KE-NON)の違いについて、記事をまとめてみました。

脱毛ラボ ホームエディション/ケノン(KE-NON)それぞれの特長をまとめてみました。

脱毛ラボ ホームエディション
冷却機能が付いているので冷やす手間が不要
照射スピードが早い
本体が軽くて使いやすい

ケノン(KE-NON)
トータルの照射回数が多い
カートリッジの交換が可能
口コミでも評判で人気があり信頼できる

どちらも人気商品ということもあり多少の違いはあっても、どちらがいいのかは判断しづらいかもしれません。

トータルで見ると脱毛ラボ ホームエディションのほうが良いような気がしますが、ケノン(KE-NON)も人気です。

あとは、イメージ/デザイン/価格/キャンペーン内容などを比べてみて、好みに合わせて選んでみてください。

【関連記事】
【最新脱毛器】 BiiTo2(ビート2)の口コミや効果は?VIOも使えるの?
【最新光脱毛器】スムーズスキンピュア/ベアプラスの口コミや評判・その効果は?旧製品ミューズよりパワーアップして新登場

脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)

保証期間1年 12,480円相当プレゼント
脱毛ラボ ホームエディション(Datsumo Labo Home Edition)
キャンペーン価格:66,478円(税込)
※キャッシュレス決済の場合

脱毛器ケノン(KE-NON)

保証期間1年(有料延長保証あり) まゆ毛用ピンセット付き
脱毛器ケノン(KE-NON)
販売価格:69,800円(税込)

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました