テレビ4Kテレビ

買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]

買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?テレビ

買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]

買ってはいけないテレビメーカーの特徴は?[2022年最新版]

最近は様々なメーカーからテレビが販売されています。

SONYやPanasonicなどの有名メーカーからあまり聞いたことのないメーカーまで様々です。

この記事では「買ってはいけないテレビ」のメーカーや特徴をまとめてみました。

もちろんテレビ選びに絶対はないので、参考程度に読み進めてみてください。

買ってはいけないテレビ|保証期間が短い

ヤマダ電機の長期保証
ヤマダ電機の長期保証

一般的に液晶テレビの寿命は使用方法にもよりますが約10年と言われています。

しかし、テレビといえども家電製品ですので不具合や故障が付きものです。

普通は新品でテレビを購入すると1年間の保証が付きます。

ハイセンスは3年保証
ハイセンスは3年保証

中には3年以上というメーカーもあります。

ただそんなテレビでも「保証が数ヶ月」「保証がない」というテレビもあります。

それはアウトレット品中古のテレビです。

中古液晶テレビ
中古液晶テレビ

アウトレット品や中古テレビは新品と比べて保証期間が短い傾向にあります。

またフリマサイトの場合、配送による故障以外は保証されないケースがほとんどです。

新品・未使用品だから大丈夫と思い購入したものの、すぐに故障してしまったということが無いように出品者の評価を確認したり、出品者に質問をしてから購入するのをおすすめします。

それから購入後に「中古品と新品の値段がそこまで変わらなかった。」

こんなことが無いように新品価格を調べてから中古テレビを購入するようにしましょう。

買ってはいけないテレビ|聞いたことがないメーカー

買ってはいけないテレビ|聞いたことがないメーカー

通販サイトを見ると聞いたことがないメーカーが販売されていることがあります。

聞いたことがないから粗悪品ということではありませんが、最新テレビだからと思い購入したものの、Wi-Fi機能が付いていない、サポート窓口が繋がらない、どこに連絡したらいいか分からない。

こんなことが無いように販売元やサポート窓口は確認しておくようにしましょう。

買ってはいけないテレビ|用途に合っていない

買ってはいけないテレビ|用途に合っていない

テレビは以下のような種類があります。

テレビの種類
  • ハイビジョン
  • フルハイビジョン
  • 4K対応
  • 4Kチューナー内蔵
  • 8K
  • 有機EL

どれを選べばいいの?

テレビの活用方法は人それぞれです。

2018年にBS/CSで8K放送が始まりましたが、地上デジタル放送では4K放送すら始まっていません。

現在4K放送に対応しているのは、BS/CS・インターネット動画配信サービス・ケーブルテレビと限られています。

だったら4Kテレビじゃなくても良いのかな?

いえそんなことはありません。

動画配信サービスは4K放送に対応しているので、4K画質で映画や動画を楽しみたい方は4Kチューナー内蔵テレビをおすすめします。

ちなみに地上デジタル放送は、今後も4Kの放送予定はありません。

そう考えると動画配信サービスを目的に4Kテレビを選んでも良いかもしれませんね。

買ってはいけないテレビ|使わない機能が多い

最近のテレビは機能が豊富です。
中には使いきれない機能が含まれているかもしれません。

テレビ選びで押さえておきたいポイントは以下の5つです。

テレビ選びのポイント
  • 4Kチューナー内蔵
  • HDR対応
  • LEDバックライト
  • Wi-Fi接続可能
  • 複数のHDMI端子
  • 裏番組録画機能

これらの機能を押さえておけばキレイな画質で動画配信サービスが楽しめます。

またHDMI端子は外付けHDD、Blu-rayプレーヤー、ゲーム用に最低3つあれば接続端子が足りないということもありません。

買ってはいけないテレビ|安過ぎるメーカー

最後は安過ぎるテレビです。

安いテレビの特徴はレビュー評価を確認するようにしましょう。

国内メーカーは高評価なレビューが多く、悪いレビュー評価は故障に関することが書かれているくらいで概ね高評価です。

反対に安過ぎるテレビは色合いや画質に関するマイナスなコメントが見られます。

安過ぎるテレビが一概に悪いというわけではありませんが、レビュー評価は購入者の意見になります。

個人差はありますが、ちょっとでも不安に感じた場合は躊躇せずに他のメーカーを選んだほうが無難かもしれません。

ちなみに格安テレビメーカーの中でも中国のハイセンス韓国のLGは品質が良くそこまで警戒しなくても良いと思います。

メーカー別おすすめテレビ

テレビ選びは部屋の間取り好みのサイズによって選び方が変わります。

今回紹介するテレビは以下のポイントを押さえて43V型4Kテレビで紹介したいと思います。

テレビ選びのポイント
  • 4Kチューナー内蔵
  • HDR対応
  • LEDバックライト
  • Wi-Fi接続可能
  • 3つ以上のHDMI端子
  • 裏番組録画機能

一般的にテレビの視聴距離は画面の高さ×約1.5倍と言われています。

テレビの視聴距離|43V型の場合

お部屋の広さに合わせて43V型よりサイズを大きくするのか小さくするのかを選んでみてください。

おすすめ国内メーカー
  • SONY BRAVIA(ソニー ブラビア)
  • Panasonic VIERA(パナソニック ビエラ)
  • TOSHIBA REGZA (東芝 レグザ)
おすすめ海外メーカー
  • LG(エルジー 韓国)
  • Hisense(ハイセンス 中国)

では上記のメーカーを参考に4Kテレビのおすすめモデルを紹介したいと思います。

壊れにくいテレビメーカーはこちらの記事でまとめています。

メーカー別おすすめテレビ|Panasonic VIERA TH-40JX750

Panasonic VIERA TH-40JX750
出典元:https://www.amazon.co.jp/

2021年モデル 送料無料
Panasonic VIERA TH-40JX750
参考価格 70,404円(税込)

画質の良さ
TH-40JX750は自動で画質を調整するAuto AI画質搭載でシーンに合わせた映像が楽しめます。
またヘキサクロマドライブは色彩を忠実に再現して、くっきりハッキリと映し出します。

音質の良さ
独立した音声回路を搭載し高音質な音を表現します。
もちろんシーンに合わせた音選びが可能なので、音楽、スポーツ、ニュースなど幅広いジャンルに対応しています。

パナソニックのTH-40JX750は豊富な動画サービスを展開しています。

型番TH-40JX750
発売日2021年6月18日
参考価格70,404円(税込)
型番TH-43LX800
発売日2022年7月8日
参考価格97,764円(税込)
ヤマダ電機 楽天市場店
¥129,800 (2022/09/24 01:08時点 | 楽天市場調べ)

また動画配信サービスを利用するには安定したインターネット回線が必要です。

NURO光なら現在キャッシュバックキャンペーンを行っています。

戻ってくるお金をテレビの購入費用にも当てられるのでぜひチェックしてみてください。
※NURO光は利用できる地域が限られています。利用前にお住いの地域が対象地域かご確認ください。

メーカー別おすすめテレビ|SONY BRAVIA KJ-43X80J

SONY BRAVIA KJ-43X80J
出典元:https://www.amazon.co.jp/

2021年モデル 送料無料
SONY BRAVIA KJ-43X80J
参考価格 124,012円(税込)

画質の良さ
KJ-43X80Jは高画質機能のHDR X1を搭載しています。
それにより細かな表現が可能になり素晴らしい映像を映し出します。
4Kチューナー内蔵で動画配信サービスも4K画質で楽しめます。

音質の良さ
ソニー独自のX-Balanced Speaker搭載でクリアな音を表現します。
またドルビーアトモスに対応しているので、包み込まれるような立体的な映像体験が可能になりました。
またお部屋の広さや形状に合わせたサウンドを補正します。

それにより聞き取りやすく最適な音響効果が期待できます。

KJ-43X80JはSONY BRAVIA2021年モデルの中では一番下のシリーズですが、それでも高画質・高音質なテレビになっています。

もちろんGoogle TV搭載で好きな動画配信サービスが楽しめます。

さすが世界のソニー!画質・音質・機能どこを取っても高品質です。

型番KJ-43X80J
発売日2021年5月22日
参考価格124,012円(税込)
型番KJ-43X80K
発売日2022年7月9日
参考価格115,000円(税込)

メーカー別おすすめテレビ|TOSHIBA REGZA 43Z570K

TOSHIBA REGZA 43Z570K
出典元:https://www.amazon.co.jp/

2021年モデル 送料無料
TOSHIBA REGZA 43Z570K
参考価格 97,800円(税込)

画質の良さ
東芝独自の高画質エンジンレグザエンジン ZRI搭載で高性能な画質処理、多彩な色彩を表現します。
また従来機(X9400シリーズ)と比べて肌色の質感をよりリアルに表現できるようになりました。

音質の良さ
一般的に10W+10Wの最大出力合計20Wのテレビが多い中、43Z570Kは最大出力合計40Wのスピーカーを搭載しています。
また低音を響かせる重低音バズーカーは迫力のある臨場感溢れるサウンドが楽しめます。

東芝テレビは国内メーカーの中でもコストパフォーマンスが高く、高画質・高音質を表現します。

型番43Z570K
発売日2021年10月22日
参考価格97,800円(税込)
型番43Z570L
発売日2022年7月1日
参考価格113,000円(税込)

メーカー別おすすめテレビ|LG(エルジー)43NANO75JPA

LG(エルジー)43NANO75JPA
出典元:https://www.amazon.co.jp/

2021年モデル 送料無料
LG(エルジー)43NANO75JPA
参考価格 54,800円(税込)

画質の良さ
LGのNano Cellモデル43NANO75JPAは、高性能な液晶パネルを採用して赤や緑の表現を鮮明に映し出すことができます。

音質の良さ
AI機能搭載でシーンに合わせて表現します。
また立体的なバーチャル5.1chで臨場感溢れるサウンドが楽しめます。

LGは世界第2位のトップクラスのシェアを獲得しています。

液晶パネルと有機ELディスプレイ会社の世界シェアと業界ランキング(2020年)

1位 サムスンディスプレイ 18.7%
2位 LGディスプレイ 15.5%
3位 BOEテクノロジー(京東方) 14.2%
4位 友達光電(AUO) 7.0%
5位 群創光電(イノラック) 7.0%
(省略)

ディールラボより抜粋

またLDは家電製品のパーツも日本国内に供給していて品質面も問題ありません。

型番43NANO75JPA
発売日2021年5月31日
参考価格54,800円(税込)
型番43UQ8000PJC
発売日2022年5月25日
参考価格64,800円(税込)

メーカー別おすすめテレビ|Hisense(ハイセンス)43U7FG

Hisense(ハイセンス)43U7FG
出典元:https://www.amazon.co.jp/

2021年モデル 送料無料
Hisense(ハイセンス)43U7FG
参考価格 54,800円(税込)

画質の良さ
東芝技術のNEOエンジン2021は肌の質感やノイズの抑制など、快適に映像が楽しめる工夫が施されています。
また画面のエリアごとに補正を行うので、細やかで滑らかな映像美が楽しめます。

音質の良さ
50U7FGは従来機と比べてスピーカーの高さを画面中央に近い位置に設置しています。
それによりダイレクトに音が耳に届くので、映像と音のズレを無くします。

オリジナルの動画コンテンツ「VIDAA」は好きな動画が楽しめます。

高画質・高音質・多機能・低価格、全てにおいてコストパフォマンスの高いテレビです。

型番43U7FG
発売日2021年11月上旬
参考価格54,800円(税込)
型番43A6H
発売日2022年7月29日
参考価格63,455円(税込)

買ってはいけないテレビ|まとめ

今回は買ってはいけないテレビのメーカーや特徴をまとめてみました。

もう一度買ってはいけないテレビをまとめると

買ってはいけないテレビ
  • 保証期間が短い
  • 聞いたことがないメーカー
  • 用途に合っていない
  • 使わない機能が多い
  • 安過ぎる

あくまで一例ですので、色々なテレビを見比べながら自分にピッタリな一台を選んでみてください。

海外メーカーの4Kテレビは壊れやすくないのか?ハイセンス・TCL・LGおすすめモデル一覧
海外メーカーの4Kテレビは壊れやすくないのか?ハイセンス・TCL・LGおすすめモデル一覧テレビ選びは国内メーカーにしたほうがいいのか?それとも海外メーカーでも大丈夫なのか?迷いますよね。最近は国内、海外関係なく高品...
格安テレビのメリット・デメリット【おすすめテレビ全10種類】
格安テレビのメリット・デメリットおすすめ4Kテレビはどれ?【2022年 最新版】今回はAmazonや楽天市場などで販売されている格安テレビのメリット・デメリットを記事にまとめてみました。格安テレビはジェネリック家電...
【格安テレビの選び方】コスパの高い4Kテレビは?今押さえておきたい売れ筋モデル!2022年最新版
【格安テレビの選び方】コスパの高い4Kテレビは?今押さえておきたい売れ筋モデル!2022年最新版近年減り続けるテレビの需要はYouTubeやNetflixなどの動画コンテンツにより回復しつつあります。また、テレビの性能も技...
YouTube対応おすすめテレビ 安いメーカーは?
YouTube対応おすすめテレビ 安いメーカーは?今回は各通販サイトで販売されている格安テレビで動画配信サービス対応のメーカー5種類をご紹介します。ご紹介するスマートテレビはこちらメーカー一覧TCLハ...
タイトルとURLをコピーしました