MENU
【エアコン以外の暖房機器】電気代を抑えた組み合わせ詳しくはこちら

買ってはいけないエアコンメーカー できれば避けたい特徴は?

【買ってはいけないエアコン】できれば避けたいメーカーや特徴は?
好きなとこだけ読む

買ってはいけないエアコンメーカー できれば避けたい特徴は?

【買ってはいけないエアコン】できれば避けたいメーカーや特徴は?

冷暖房を完備しているルームエアコン。

引っ越しや故障などで買い替えを検討する方もいらっしゃると思います。

しかし、どんなメーカーが良いのか?どんなポイントを押さえたらいいのか?など色々気になることがあると思います。

そこで今回は以下の疑問にお答えしたいと思います。

記事の内容
  • 買ってはいけないエアコンメーカーはあるのか?
  • 故障しやすいメーカーはあるのか?
  • できれば避けたほうがいいエアコンの特徴は?

特に通信販売でエアコンの購入を考えている場合、各メーカー説明では良いことばかり書かれていて悪いところが書かれていません。

安いから購入したものの「なかなか冷えない」「すぐに故障した」「サポート窓口が繋がらない」なんてことも。

こんなことがないようにプロの目線で買ってはいけないエアコンメーカーや特徴を解説したいと思います。

ぜひエアコン選びの参考にしてみてください。

買ってはいけないエアコン|シェアの低いブランド

ビックカメラ TAG Label
ビックカメラ TAG Label

家電量販店独自のプライベートブランドは避けたほうが良いかもしれません。

プライベートブランド例
  • ノジマ ELSONIC
  • ビックカメラ TAG Label
  • ヤマダ電機 HERB Relax など

これらのブランドは値段は安いのですが最低限の機能しか備わっていないことが多く、自動洗浄が付いていないこともあります。

自動洗浄は最近のエアコンでは主流になりつつあり、エアコン内部を洗浄・乾燥してくれます。

それによりカビやニオイを抑制する効果があります。

自動洗浄が付いていないエアコンの場合、内部にカビやニオイが発生してしまうことも考えられます。

そうなると定期的にエアコンクリーニングを依頼しないといけません。

長い目で見ると自動洗浄はとても重要な機能です。

プライベートブランドを選ぶときはこの点を注意して考えましょう。

ちなみにハイセンスやアイリスオーヤマなどの格安ブランドは最近、品質が向上しています。

自動洗浄付き、耐久性など従来品と比べて良くなってきています。

値段を抑えたい方はハイセンスアイリスオーヤマを選んでもいいと思います。

買ってはいけないエアコン|中古・リサイクル品

買ってはいけないエアコン|中古・リサイクル品

中古やリサイクル品はできれば避けたいところです。

リサイクルショップで販売されているエアコンは内部クリーニングされているので品質自体は問題ありませんが、新品と比べて保証期間が短いことが考えられます。

またメルカリなど個人間でやり取りする場合、内部のクリーニングがされていない、保証期間がないなどが挙げられます。

買ってはいけないエアコンというわけではありませんが、上記の点を理解した上で購入を考えましょう。

買ってはいけないエアコン|適用畳数に合っていない

こちらは1番重要なポイントです。

エアコンには適用畳数というのがあります。

値段が安いからといって10畳の部屋に6畳エアコンを設置してしまうと適温になるまで時間がかかったり、電気代が大きくなってしまうことが考えられます。

エアコンは設定温度になるまで運転調整をします。

そのため適用畳数に合っていないエアコンを設置してしまうとマイナスが生じます。

お部屋の広さに合ったエアコンを選ぶようにしましょう。

買ってはいけないエアコン|購入時の注意点

あとは買ってはいけないエアコンというわけではありませんが注意点をまとめてみました。

本体のみ購入
通販サイトを見ると本体のみ販売している場合と工事費込みの場合と分かれています。
工事費込みの価格は意外と高かったりするので、取付業者を比較してみて安いところで頼んだほうが良いかもしれません。

ぜひ最安値の業者を探してみてください。

エアコンの購入時期
エアコンは購入する時期によって取付工事の予約状況が変わります。

以下のシーズンはできれば避けたほうがいいかもしれません。

避けたほうがいい時期
  • エアコン工事が集中する7月〜8月
  • 引っ越しシーズンの3月

7月〜8月はエアコン工事が集中するため予約が取りづらくなることが予想されます。
また引っ越しシーズンの3月も同様に予約しづらいので前もって予約しておくのをおすすめします。

最新エアコン
最新エアコンは機能が優れていますが割引率が高くない傾向にあります。
機能面でそこまで変わらないようでしたら前年モデルを選んだ方が割引率は高くなります。

このようにエアコン選びは注意点がいくつかあります。

コスパの高いおすすめエアコン【2023年最新版】

コスパの高いおすすめエアコン【2023年最新版】

世界シェアトップのダイキンエアコン

世界シェアトップのダイキンエアコン
出典元:amazon.co.jp
メーカー名ダイキン
型番2022年モデル
S22ZTES-W
S22ZTES-W
適用定数6畳
発売日2022年2月
参考価格49,990円(税込)
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力717kWh
期間合計電気代22,227円
室内機サイズ高さ28.5cm
横幅77.0cm
奥行23.3cm
重さ8kg
おすすめ度 5.0
※電気単価31円で計算。

>ダイキンエアコンの口コミや評判を見る

白くまくんシリーズの日立エアコン

白くまくんシリーズの日立エアコン
メーカー名日立
型番2022年モデル
RAS-AJ22M
RAS-AJ22M
適用定数6畳
発売日2022年3月
参考価格47,900円(税込)
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力717kWh
期間合計電気代22,227円
室内機サイズ高さ28.0cm
横幅78.0cm
奥行21.5cm
重さ7.5kg
おすすめ度 5.0
※電気単価31円で計算。

人気シリーズ霧ヶ峰 三菱電機エアコン

MSZ-GE2222-W
出典元:amazon.co.jp
メーカー名三菱電機
型番2022年モデル
MSZ-GE2222-W
MSZ-GE2222-W1
適用定数6畳
発売日2022年2月18日
参考価格69,010円(税込)
※工事費込み
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力717kWh
期間合計電気代22,227円
室内機サイズ高さ29.5cm
横幅79.9cm
奥行22.5cm
重さ8kg
おすすめ度 5.0
※電気単価31円で計算。

>三菱エアコン霧ヶ峰シリーズの口コミや評判を見る

安定感抜群のエオリアシリーズ パナソニックエアコン

CS-222DFL-W
出典元:amazon.co.jp
メーカー名パナソニック
型番2022年モデル
CS-222DFL-W
CS-222DFL-W
適用定数6畳
発売日2022年1月21日
参考価格43,510円(税込)
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力717kWh
期間合計電気代22,227円
室内機サイズ横幅79.5cm
奥行25.0cm
高さ28.0cm
重さ7.5kg
おすすめ度 5.0

>ナノイーX搭載 パナソニックエアコンの口コミや評判を見る

熱交換器加熱除菌ができる富士通ゼネラルエアコン

熱交換器加熱除菌ができる富士通ゼネラルエアコン
メーカー名富士通ゼネラル
型番2022年モデル
AS-C222M
AS-C222M
適用定数6畳
発売日2022年03月19日
参考価格44,129円(税込)
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力717kWh
期間合計電気代22,227円
室内機サイズ横幅72.8cm
奥行28.5cm
高さ25.0cm
重さ9.0kg
おすすめ度 5.0

プラズマクラスター搭載空気清浄エアコンのシャープ

プラズマクラスター搭載空気清浄エアコンのシャープ
メーカー名シャープ
型番2022年モデル
AY-P22DH-W
適用定数6畳
発売日2022年4月
参考価格40,700円(税込)
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力717kWh
期間合計電気代22,227円
室内機サイズ横幅77.0cm
奥行29.0cm
高さ23.0cm
重さ8kg
おすすめ度 5.0

>SHARPのプラズマクラスターエアコン 口コミや評判は?

コスパ最強!低価格エアコンのアイリスオーヤマ

IHF-2206G
メーカー名アイリスオーヤマ
型番2022年モデル
IHF-2206G
IHF-2206G
適用定数6畳
発売日2022年4月26日
参考価格45,800円(税込)
内部クリーン
省エネ効果
期間合計電力716kWh
期間合計電気代22,196円
室内機サイズ横幅77.0cm
奥行29.0cm
高さ23.0cm
重さ9kg
おすすめ度 5.0
※IAF-2206GVは音声操作モデル

>アイリスオーヤマエアコンの口コミや評判を見る

買ってはいけないエアコンメーカー|まとめ

【買ってはいけないエアコン】できれば避けたいメーカーや特徴は?

エアコン選びは気を付けなければいけない点がいくつかあります。

エアコンは高額な家電なので、できれば長期間使いたいものです。
また、エアコンは家電の中でも特に電気代がかかります。

安いからという理由で購入してしまい、後々後悔したということにもなりかねません。

ぜひ省エネ効果や耐久性などを考慮した上で快適に過ごせるエアコンをお選びください。

コスパの高いエアコンメーカーは以下の記事でまとめています。

  • 本サイトで紹介しております商品・サービスは企業を代表する意見ではございません。
  • 商品・サービスの詳細は各通販サイト等でご確認ください。
  • 本記事は作成日、または更新日現在のものになります。
  • 更新日以後に、商品・サービスの内容が変更される場合がございます。
  • 商品・サービスの価格は更新時点での金額を入力しています。
良かったらシェアお願いします
  • URLをコピーしました!
好きなとこだけ読む