アイリスオーヤマのマスク販売はこちら ≫

【アイリスオーヤマの防災セット】防災グッズで絶対必要なもの。

【アイリスオーヤマの防災セット】防災グッズで絶対必要なもの。 避難セット
この記事は約15分で読めます。

【アイリスオーヤマの防災セット】防災グッズで絶対必要なもの。

アイリスオーヤマの防災セット OHS-31S

防災グッズで絶対に必要なものは何?

何を基準に選べばいいのかわからない。

今回は、絶対必要な防災グッズをアイリスオーヤマの防災セットを参考に記事をまとめました。

大きな災害が起きると電気やガス、水道などのライフラインが止まってしまう事があります。災害が起きてから防災グッズを準備しようと思っても遅すぎます。

しかし防災グッズといっても何から準備したらいいのかわかりませんよね。防災グッズは、むやみやたらと準備する必要はありません。
防災グッズは、絶対に必要なものだけを準備しておけば、万一のときに助かります。

防災グッズの進歩

アイリスオーヤマの防災セット OHS-31S

防災グッズは、人々の意識の高まりによって日々進歩しています。

もしかしたら常備している防災グッズよりも、より便利で性能の良い防災グッズが発売されている可能性もあります。

普段は防災グッズの見直しなんて考えないと思いますが、災害時に役立つよう防災グッズの見直しは定期的に行いましょう。

【防災グッズで絶対必要なもの】まずは何から?

アイリスオーヤマの防災セット OHS-31S

まずは、防災グッズで絶対必要なものをを確認しておきましょう。防災グッズはカバンやリュックに詰め込むだけではいけません。持ち出す物と備蓄用に分けて準備します。

①非常時の持ち出し用
災害が発生して避難するとき用に使用します。
②家に備える備蓄用
災害が発生して支援物資が届くまでの間に準備しておくもの

非常時の持ち出し用

防災グッズは緊急時に使用するため、玄関や廊下などのすぐに持ち出せるところに置いておきましょう。非常用の持ち出し袋はいかにも『非常用』という見た目だと気になってしまうことが考えられるので、できれば市販されている普通のリュックかキャリーケースがおすすめです。

注意しないといけないのは、災害が起きたときに、どこに防災グッズをしまって置いたか分からない。ということにならないようにしないといけません。できれば夜間でも目立つ蛍光色や明るい色のバッグを選びましょう。

家に備える備蓄用

備蓄用はインスタント食品や非常食を常備しておきます。生活用水はポリタンク等に入れて準備しておきます。また飲み水も準備しておきましょう。

防災グッズを揃える優先順位
1.命を守り維持するためのもの
2.避難するときに必要なもの
3.避難生活で必要となるもの

防災グッズで必要なもの。災害時を考えて準備をする

  アイリスオーヤマの防災セット OHS-31S 大容量40Lアイリスオーヤマの防災セット OHS-31S リュック

防災グッズを準備するときは、実際の災害を想定して準備することが大切です。

・ライフラインが止まることを考えて準備
・72時間を乗り切ることを考えて準備
・長期化することを考えての準備

それでは順番に具体例を挙げてみます。

ライフラインが止まることを考えて準備

電気水道は止まると大変。

防災グッズは、電気、ガス、水道などのライフラインが止まることを考えて準備します。
ライフラインが止まった場合、特に不便に感じることは、水道が使用できなくなってしまったときです。飲み水や生活用水など普段使っている水道が使えなくなるというのは非常に不便に感じると思います。飲み水や生活用水(ポリタンク等に貯水)は準備しておきましょう。

その他、必要な防災グッズを例に挙げると、

・非常食
・懐中電灯
・預金通帳
・下着や衣類
・携帯トイレ
・使い捨てカイロ
・ヘルメット
・洗面用具
・手袋 など

これらは非常時に持ち出せるように非常用の持ち出しカバン(リュック)にまとめておくことが大切です。

72時間を乗り切ることを考えて準備

救助活動は『72時間』が勝負といわれています。防災グッズも72時間救助を待つことを考えて準備することが大切です。

・災害時はいつもと違う環境下で生活をしないといけないので体調管理が大切です。季節によっては毛布やカイロ、暑い時期ならタオルや汗拭きシートなどお風呂に入れないことを想定して準備しておくのをおすすめします。
・体調不良などを考えて常備薬や救急セットも準備しておきましょう。
・カセットコンロやカセットボンベも大切でお湯を沸かして温かいお茶やコーヒーなどで落ち着くこともできます。またお湯を沸かしてタオルを濡らしてカラダを拭くのもいいと思います。
・飲料水は一日3リットルを目安に非常食と合わせて準備しておきましょう。
・救助に来たときのホイッスルや合図になるように懐中電灯は用意しておきましょう。
・携帯ラジオや携帯電話も情報を得るためには忘れないようにしましょう。

長期化することを考えての準備

大規模な災害の場合、避難所生活を余儀なくされる場合が考えられます。
避難所生活は大人数で生活をするので慣れない環境でストレスが溜まってしまいます。
ですので長期化することを考えて防災グッズはマスクやアイマスク、耳栓など生活する上で不快な思いをしないように準備するのも大切です。
またキャンプ用品は避難生活でも役立つので活用するのも良いと思います。

使用期限や賞味期限は過ぎていないか

飲料水や非常食、乾電池などは期限が設けられています。こまめにチェックするのが一番ですが難しい場合は、防災グッズを入れているリュックやキャリーケースにタグを付けて期限を書いておきましょう。

【おすすめ防災グッズ】アイリスオーヤマの避難セットをご紹介

災害はいつ起きるか分かりません。一つずつ防災グッズを集めるのは大変です。
アイリスオーヤマの防災セットなら、いざというときに使用できるように、避難セットとして販売されています。自分は大丈夫と思わず一度考えてみてはいかがでしょうか。

【アイリスオーヤマの災害避難セット】
\アイリスオーヤマの公式サイト/

防災グッズは定期的に見直しましょう

アイリスオーヤマの防災セット OHS-31S

当然ですが、災害が起きてから防災グッズは準備できません。防災グッズを準備している方も改めて足りないものがないか、賞味期限は過ぎていないかを確認しましょう。
また避難所生活がストレスに感じてしまう人は、車で避難生活を送ることも考えられます。
防災グッズは自宅用だけではなくて、自家用車にもコンセントや充電式の電気ランタンなども準備しておくといいでしょう。

災害はいつ起こるか分からないので、防災グッズの準備がまだの方はこの機会に絶対に必要なものから順番に考えてみてください。

【アイリスオーヤマの災害避難セット】
\アイリスオーヤマの公式サイト/

コメント

タイトルとURLをコピーしました