アイリスオーヤマ人気の電気圧力鍋 その違いは?

【アフターコロナ時代の新しい生活様式】~厚生労働省から抜粋~

【新しい生活様式】アフターコロナ時代の生活 ~厚生労働省から抜粋~ くらしのお役立ち情報

【アフターコロナ時代の新しい生活様式】~厚生労働省から抜粋~

【新しい生活様式】アフターコロナ時代の生活 ~厚生労働省から抜粋~

2020年5月4日、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、厚生労働省から新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」が公表されました。

《クリックで画像が大きくなります》

大きく4つに分かれています。

(1)一人ひとりの基本的感染対策
(2)日常生活を営む上での基本的生活様式
(3)日常生活の各場面別の生活様式
(4)働き方の新しいスタイル

一人ひとりが日々の生活で気をつけることはもちろんですが、アフターコロナ時代は、今までとは違った世界が訪れます。

判断が付かないことは、厚生労働省の「新しい生活様式」を参考に創意工夫しながらウイルス対策にお役立てください。

それでは詳しく見てみたいと思います。


「新しい生活様式」の実践例

(1)一人ひとりの基本的感染対策

感染防止の3つの基本
1身体的距離の確保
2マスクの着用
3手洗い

□人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。
□遊びにいくなら屋内より屋外を選ぶ。
□会話をする際は、可能な限り真正面を避ける
□外出時、屋内にいるときや会話をするときは、症状がなくてもマスクを着用
□家に帰ったらまず手や顔を洗う。できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。
手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)
※ 高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする。

移動に関する感染対策
□感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える。
□帰省や旅行はひかえめに。出張はやむを得ない場合に。
□発症したときのため、誰とどこで会ったかをメモにする。
□地域の感染状況に注意する。

上記からアフターコロナ時代では、今まで以上に徹底したウイルス対策が必要になってきます。

マスク着用やアルコール消毒は当たり前、マスクを付けていない人がいると避けられてしまいます。

くしゃみや咳も注意が必要です

花粉症や風邪を引いているだけで避けられたり、電車内では嫌悪感を抱(いだ)かれたりするかもしれません。

それから、アフターコロナ時代も新型コロナウイルスは根絶したわけではないので、いつどこで自分が感染するか分かりません。

ですので、誰と会ったかをメモやスマートフォンアプリで保存する必要があります。


(2)日常生活を営む上での基本的生活様式

□まめに手洗い・手指消毒
□咳エチケットの徹底
□こまめに換気
□身体的距離の確保
「3密」の回避(密集、密接、密閉)
□ 毎朝で体温測定、健康チェック。発熱又は風邪の症状がある場合はムリせず自宅で療養

アフターコロナ時代は、3密を避けてソーシャルディスタンスが基本になります。

また、発熱や風邪の症状がある場合は出来るだけ学校や仕事は休み、周囲への配慮が必要です。


(3)日常生活の各場面別の生活様式

買い物
□通販も利用
□1人または少人数ですいた時間に
□電子決済の利用
□計画をたてて素早く済ます
□サンプルなど展示品への接触は控えめに
□レジに並ぶときは、前後にスペース

娯楽、スポーツ等
□公園はすいた時間、場所を選ぶ
□筋トレやヨガは自宅で動画を活用
□ジョギングは少人数で
□すれ違うときは距離をとるマナー
□予約制を利用してゆったりと
□狭い部屋での長居は無用
□歌や応援は、十分な距離かオンライン

お買い物については、新型コロナウイルス以前と比べると大きく様変わりします。

お買い物は、「モノを買う、サービスを買う」の2つに分かれます。

アフターコロナ時代のお買い物【モノを買う】

アフターコロナ時代は、現在使っているAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングなどの各通販サイトは、さらに利用者が増えることが予想されます。

また人との接触を避けるため、代金引換は極力控えるようになります。

支払い方法はクレジットカードを使い、外での買い物はスマートフォンなどの電子決済が通常の支払いになります。

お金を見る機会が、今まで以上に減るかもしれませんね。


アフターコロナ時代のお買い物【サービスを買う】

理美容室、マッサージ、脱毛、フィットネス、ダイエット、ジム、その他の接客を伴うサービス業などあらゆるサービスには人が介入します。

アフターコロナ時代では極力、人と接触せずにサービスを提供してもらう必要があります。

自分で出来ることは自分で行う傾向が強くなる時代ですので、髪の毛は家族に切ってもらったり、縮毛矯正や毛染め(カラー)は、市販のものや業務用を改良したものなど、新たな製品が開発されることも考えられます。

筋トレやダイエットはテレビやスマートフォンなどを使い動画で行なったり、脱毛はサロンに通わず自宅で行うことが当たり前になると思われます。

関連記事自宅で行う家庭用脱毛器の記事はこちら。クリックで別の記事に移動します。


公共交通機関の利用
□会話は控えめに
□混んでいる時間帯は避けて
□徒歩や自転車利用も併用する

アフターコロナ時代の働き方は、「大きく変わる企業」と「変わらない企業」と二極化すると思います。

そして変わらない企業は淘汰されます。

それは事業が傾くという意味ではなく、従業員の経営者に対する強い不信感から従業員が立ち上がり現在の経営者が淘汰されます。

アフターコロナ時代は、従業員一人ひとりが会社を愛し、会社の為に頑張ることで、適切な再生産費(生活費)を稼げる時代に移行していきます。

会社の利益だけを考え、従業員を蔑(ないがし)ろにするトップダウンのワンマン経営者は必要なくなります。


食事
□持ち帰りや出前、デリバリーも
□屋外空間で気持ちよく
□大皿は避けて、料理は個々に
□対面ではなく横並びで座ろう
□料理に集中、おしゃべりは控えめに
□お酌、グラスやお猪口の回し飲みは避けて

この点は、クラスターが発生する確率が高くなるので、お店も顧客も無意識に意識すると思います。

いつまでも仲の良い仲間と、美味しい食事やお酒を肩を並べるためには意識しますよね。


冠婚葬祭などの親族行事
□多人数での会食は避けて
□発熱や風邪の症状がある場合は参加しない


(4)働き方の新しいスタイル

□テレワークやローテーション勤務
□時差通勤でゆったりと
□オフィスはひろびろと
□会議はオンライン
□名刺交換はオンライン
□対面での打合せは換気とマスク

都心部では大きく変わると思いますが、地方では古くからの風習が色濃く残り、変わらないところもあるんじゃないでしょうか。

やはり都心部と違い、地方はそこまで新型コロナウイルスの影響がないので、危機感は薄れて行くような気がします。


さいごに 【アフターコロナ時代の新しい生活様式】~厚生労働省から抜粋~

今回は、アフターコロナ時代の新しい生活様式について記事をまとめてみました。

実際には、上記以外にも気をつけることは、沢山あると思いますが、基本的なことを守りつつ感染予防に努めましょう。

世界は新型コロナウイルスの真っ只中です。

ウィズコロナやアフターコロナと言われ出すのはまだまだ先の話です。

私たち日本人に出来ることは、ウィズコロナ、アフターコロナの「見本国」として、生活様式や働き方の変化を世界に発信する必要があるかもしれませんね。

それでは最後までお読みいただき有難うございました。

アフターコロナ時代の働き方について記事をまとめていますので、あわせてご覧になってみてください。

関連記事アフターコロナ時代の働き方【伸びる業界、伸びない業界などこれからどう考えるのか?】


コメント

タイトルとURLをコピーしました